基本情報

写真a

畑中 律敏

Hatanaka Noritoshi

ハタナカ ノリトシ


所属組織

獣医系

職名

助教

研究室所在地(キャンパス名)

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

  • 獣医学

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Campylobacter

  • 人獣共通感染症

  • 食中毒

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

  • 獣医学学士,麻布大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • トキシンシンポジウム

  • 日本カンピロバクター研究会

  • 日本細菌学会

  • 日本食品微生物学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第66回トキシンシンポジウム 奨励賞,2019年09月,トキシンシンポジウム

研究職歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学大学院 生命環境科学研究科 特認助教,2017年04月01日 ~ 2021年03月31日

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Prevalence, O-genotype and Shiga toxin (Stx) 2 subtype of Stx-producing Escherichia coli strains isolated from Argentinean beef cattle.,J. Vet. Med. Sci.,2021年04月,Okuno K, Awasthi SP, Kopprio GA, Iguchi A, Hatanaka N, Hinenoya A, Lara RJ, Yamasaki S

  • Prevalence, serovar and antimicrobial resistance of non-typhoidal Salmonella in vegetable, fruit and water samples in Ho Chi Minh City, Vietnam.,Foodborne. Pathog. Dis.,2021年04月, Nguyen DTA, Awasthi SP, Hoang PH, Nguyen PD, Hassan J, Hatanaka N, Hinenoya A, Dang CV, Faruque SM, Yamasaki S

  • Quantification of cholix exotoxin, an ADP-ribosylating factor in Vibrio cholerae strains by developed sandwich bead-ELISA.,J. Med. Microbiol.,2021年04月,Awasthi SP, Chowdhury N, Hatanaka N, Hinenoya A, Ramamurthy T, Asakura M, Yamasaki S

  • Prevalence of mobile colistin resistance (mcr) genes in extended-spectrum β-lactamase-producing Escherichia coli isolated from retail raw foods in Nha Trang, Vietnam.,Int. J. Food. Microbiol.,2021年03月,Le PQ, Awasthi SP, Hatanaka N, Hinenoya A, Hassan J, Ombarak RA, Iguchi A, Tran NTT, Dao KVT, Vien MQ, Le HX, Do HT, Yamamoto Y, Yamasaki S

  • Chlorine dioxide is a more potent antiviral agent against SARS-CoV-2 than sodium hypochlorite.,J Hosp Infect. ,2021年,Hatanaka N, Xu B, Yasugi M, Morino H, Tagishi H, Miura T, Shibata T, Yamasaki S*

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Chlorous acid is more bactericidal than sodium hypochlorite against Campylobacter jejuni and Campylobacter coli,US-Japan Cooperative Medical Science Program 54th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections,2019年12月,N. Hatanaka, S.P. Awasthi, H. Goda, H. Kawata, Y. Uchino, T. Kubo, S. Aoki, A. Hinenoya, S. Yamasaki.

  • 食鳥処理場における鶏と体のカンピロバクターによる汚染状況,第40回日本食品微生物学会学術総会,2019年11月,畑中 律敏、日根野谷 淳、山﨑 伸二

  • 細胞膨化致死毒素遺伝子陽性Providencia rustigianiiの病原性の解析,第66回トキシンシンポジウム,2019年09月,畑中 律敏、J. Hassan、S.P. Awasthi、名木田 章、元岡 大佑、中村 昇太、日根野谷 淳、山﨑 伸二

  • Cell distention caused by cytolethal distending toxin of Campylobacter hyointestinalis is independent of DNA damage and cell cycle arrest.,ETOX 19,2019年06月,N. Hatanaka, S.P. Awasthi, S. Somroop, K. Kamei, A. Hinenoya, S. Yamasaki.

  • Campylobacetr hyointestinalisが産生する新規細胞膨化致死毒素(CDT)の毒性解析,第64回トキシンシンポジウム,2017年06月,畑中 律敏、亀井 数正、S. Somroop、S.P. Awasthi、日根野谷 淳、山﨑 伸二

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 獣医微生物・免疫学実習

  • 獣医感染制御学実習

  • 生命環境科学概論

  • 臨床基礎実習

  • 食品衛生検査学実習