基本情報

写真a

松村 成暢

Matsumura Shigenobu

マツムラ シゲノブ


所属組織

総合リハビリテーション系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室所在地(キャンパス名)

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 地域保健学域

  • 総合リハビリテーション学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

  • 内分泌学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 油脂のおいしさに関する研究

  • 転写因子CREBとエネルギー代謝に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)CREBはホルモンや成長因子などに応答して増加した細胞内cAMP,Ca2+依存的に遺伝子発現を制御します。このためCREB活 性の低下は急激な環境変化に適応するための遺伝子発現の低下を招き、様々な疾病の引き金となってしまいます。そこで、CREBを活性化する食品因子の探索、CREB欠損により引き起こされる肥満、糖尿病、脂肪肝に着目してCREB発見者であるSalk InstituteのMarc Montminy教授と共同で研究を行っています。

    (キーワード) 肥満,糖尿病,脂肪肝

  • (概要)霜降り肉やドーナツなど油脂を多く含む食品は我々をやみつきにさせるような魅力的なおいしさ(嗜好性)を持ちます。油脂は食品のおいしさを高めますが、一方で過食を招き生活習慣病のリスクファクターである肥満が引き起こされることが大きな問題となっています。そこで油脂のおいしさがどのようにして過食を引き起こすのか、逆にどうすれば油脂を食べても太らないようにできるかを行動学、神経科学、分子生物学的手法により研究をしています。

    (キーワード) 肥満,おいしさ,油脂

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学修士,京都大学

  • 農学博士,京都大学

  • 農学学士,大阪府立大学

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本栄養食糧学会 奨励賞,2018年05月,日本栄養食糧学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Activation of the adipocyte CREB/CRTC pathway in obesity. ,Communications Biology,2021年10月,Yoon YS, Liu W, Van de Velde S, Matsumura S, Wiater E, Huang L, Montminy M.

  • Loss of CREB coactivator CRTC1 in SF1 cells leads to hyperphagia and obesity by high-fat diet but not normal chow diet. ,Endocrinology,2021年04月,Matsumura S, Ishikawa F, Sasaki T, Terkelsen MK, Ravnskjaer K, Jinno T, Tanaka J, Goto T, Inoue K.

  • microRNA-33 maintains adaptive thermogenesis via enhanced sympathetic nerve activity. ,Nat Commun.,2021年02月,Horie T, Nakao T, Miyasaka Y, Nishino T, Matsumura S, Nakazeki F, Ide Y, Kimura M, Tsuji S, Rodriguez RR, Watanabe T, Yamasaki T, Xu S, Otani C, Miyagawa S, Matsushita K, Sowa N, Omori A, Tanaka J, Nishimura C, Nishiga M, Kuwabara Y, Baba O, Watanabe S, Nishi H, Nakashima Y, Picciotto MR, Inoue H, Watanabe D, Nakamura K, Sasaki T, Kimura T, Ono K.

  • CREB Coactivator CRTC2 Plays a Crucial Role in Endothelial Function., J Neurosci. ,2020年12月,Kanki H, Sasaki T, Matsumura S, Kawano T, Todo K, Okazaki S, Nishiyama K, Takemori H, Mochizuki H.

  • Chronic high corticosterone with voluntary corn oil ingestion induces significant body weight gain in mice.,Physiol Behav. ,2019年03月,Matsumura S, Odanaka M, Ishikawa F, Sasaki T, Manio MCC, Fushiki T, Inoue K.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分子栄養学特別講義

  • 分子栄養学特論

  • 基礎分子生物学

  • 栄養科学英語

  • 生化学・分子生物学実験