基本情報

写真a

道上 健一

MICHIGAMI Kenichi

ミチガミ ケンイチ


所属組織

分子系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~ohashi/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 理学系研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 合成化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ホウ素の特性を活用した有機酸類の革新的触媒変換法の開発

  • 新規レドックス活性NHCの創製と有機分子触媒としての展開

  • 新規低原子価遷移金属錯体の創製と触媒的分子変換への応用

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ホウ酸やボロン酸は、カルボン酸と容易に縮合し混合酸無水物を与え、カルボン酸を活性化する。この性質を利用した触媒的なアミド縮合などが盛んに研究されているが、その変換法は未だ限定的である。そこで本研究では、ホウ素化合物特有の性質を他の有機酸にも応用し、新たな触媒的変換法の開発を目指す。また、遷移金属触媒との協働作用による全く新しい分子変換法の開拓にも取り組む。

    (キーワード) ホウ素化合物,混合酸無水物,遷移金属錯体,C-O結合切断,触媒的分子変換

  • (概要)含窒素複素環カルベン(NHC)は電子供与性配位子や有機分子触媒として幅広く利用されている。一方、

    (キーワード) 含窒素複素環カルベン(NHC),レドックス活性,フッ素化合物,有機分子触媒,配位子

  • (キーワード) 低原子価遷移金属錯体,電子求引性配位子,過剰還元,安定結合切断,触媒的分子変換

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬科学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 最優秀講演賞,2016年10月,第6回ジュニア国際アジア最先端有機化学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • コバルト触媒でアリル位C(sp3)–H結合を切断し二酸化炭素を組み込む,Chem-Station (ケムステ) | 化学ポータルサイト,2017年05月,共著,道上 健一, 美多 剛

論文 【 表示 / 非表示

  • Catalytic asymmetric aza-Michael addition of fumaric monoacids with multifunctional thiourea/boronic acids,Organic Biomolecular Chemistry,2019年01月,Kenichi Michigami, Hiroki Murakami, Takeru Nakamura, Noboru Hayama and Yoshiji Takemoto*

  • Cobalt-catalyzed nucleophilic addition of the allylic C(sp3)–H bond of simple alkenes to ketones,Beilstein Journal of Organic Chemistry,2018年08月,Tsuyoshi Mita*, Masashi Uchiyama, Kenichi Michigami and Yoshihiro Sato*

  • Co-Catalyzed Direct Addition of Allylic C(sp3)-H Bonds to Ketones,Organic Letters,2017年10月,Tsuyoshi Mita*, Satoshi Hanagata, Kenichi Michigami and Yoshihiro Sato*

  • Cobalt-Catalyzed Allylic C(sp3)-H Carboxylation with CO2,Journal of American Chemical Society,2017年04月,Kenichi Michigami, Tsuyoshi Mita* and Yoshihiro Sato*

  • Hydroxyl-Assisted trans-Reduction of 1,3-Enynes: Application to the Formal Synthesis of (+)-Aspicilin,Synthesis,2016年06月,Sebastian Schaubach, Kenichi Michigami, Alois Fürstner*

全件表示 >>