基本情報

写真a

酒居 幸生

Sakai Kosei

サカイ コウセイ


所属組織

獣医系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 犬猫に発生する腫瘍の病態解析

  • 犬猫の腫瘍に対する新しい診断法・治療法の開発

  • 犬猫に発生する消化器疾患の病態解析と治療開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本獣医臨床病理学会

  • 日本獣医がん学会

  • 日本獣医腎泌尿器学会

  • 日本ペット栄養学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 北島賞,2012年04月,北里大学

  • 北島賞,2013年04月,北里大学

  • 北里賞,2015年03月,北里大学

  • インターズー学術奨励賞,2019年02月,日本獣医内科学アカデミー

  • 研究発表部門 優秀賞,2019年08月,日本獣医腎泌尿器学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 犬悪性黒色腫の病態解析と治療開発

  • 犬慢性腸症の病態解析と新規診断法の開発

著書 【 表示 / 非表示

  • 犬の移行上皮癌に対するラパチニブの臨床試験,インターズー,2019年06月,共著,酒居幸生, 前田真吾, 米澤智洋

論文 【 表示 / 非表示

  • Assessment of HER2 Expression in Canine Urothelial Carcinoma of the Urinary Bladder,Veterinary pathology,2019年01月,Tsuboi M♰, Sakai K♰, Maeda S, Chambers JK, Yonezawa T, Matsuki N, Uchida K, Nakayama H (♰: Double first)

  • ErbB2 Copy Number Aberration in Canine Urothelial Carcinoma Detected by a Digital Polymerase Chain Reaction Assay,Veterinary Pathology,2019年,Sakai K, Maeda S , Saeki K, Yoshitake R, Goto-Koshino Y, Nakagawa T, Nishimura R, Yonezawa T, Matsuki N

  • Anti-tumour effect of lapatinib in canine transitional cell carcinoma cell lines,Veterinary and comparative oncology,2018年12月,Sakai K, Maeda S, Saeki K, Nakagawa T, Murakami M, Endo Y, Yonezawa T, Kadosawa T, Mori T, Nishimura R, Matsuki N

  • Association of tumour-infiltrating regulatory T cells with adverse outcomes in dogs with malignant tumours,Veterinary and comparative oncology,2018年09月,Sakai K, Maeda S, Yamada Y, Chambers JK, Uchida K, Nakayama H, Yonezawa T, Matsuki N

  • Decreased plasma amino acid concentrations in cats with chronic gastrointestinal diseases and their possible contribution in the inflammatory response,Veterinary immunology and immunopathology,2018年01月,Sakai K, Maeda S, Yonezawa T, Matsuki N

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 参加型臨床実習

  • 臨床基礎実習

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 前田真吾、酒居幸生,2018年01月24日,食肉目動物の癌検出方法