基本情報

写真a

酒居 幸生

Sakai Kosei

サカイ コウセイ


所属組織

獣医系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 犬猫の腫瘍に対する病態解析と新しい診断法・治療法の開発

  • 犬猫の慢性消化器疾患に対する病態解析と新しい診断法・治療法の開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),東京大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本獣医臨床病理学会

  • 日本獣医がん学会

  • 日本獣医腎泌尿器学会

  • 日本ペット栄養学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 北島賞,2012年04月,北里大学

  • 北島賞,2013年04月,北里大学

  • 北里賞,2015年03月,北里大学

  • Young Investigator Award,2015年09月,8th International Conference on Annexins,

  • インターズー学術奨励賞,2019年02月,日本獣医内科学アカデミー

全件表示 >>

研究職歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会 特別研究員 (DC2),2017年04月01日 ~ 2019年03月31日

  • 大阪府立大学,2019年04月01日 ~

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 犬悪性黒色腫の病態解析と治療開発

  • 犬と猫の消化器疾患に対する病態解析と新しい診断法・治療法の開発

科研費 【 表示 / 非表示

  • 犬固形腫瘍に有効なCAR-T細胞のシグナル分子の解明,2021年度,国際共同研究加速基金(国際共同研究強化B)

  • 犬固形腫瘍に有効なCAR-T細胞のシグナル分子の解明,2020年度,国際共同研究加速基金(国際共同研究強化B)

  • 制御性T細胞が犬の腫瘍局所に浸潤する機序解明とその制御,2017年度,日本学術振興会 特別研究員奨励費

論文 【 表示 / 非表示

  • Lapatinib as first-line treatment for muscle-invasive urothelial carcinoma in dogs,Scientific Reports,2022年01月,Shingo Maeda, Kosei Sakai, Kenjiro Kaji, Aki Iio, Maho Nakazawa, Tomoki Motegi, Tomohiro Yonezawa, Yasuyuki Momoi

  • Retrospective evaluation of nimustine use in the treatment of feline lymphoma,Veterinary Medicine and Science,2021年10月,Kosei Sakai, Shingo Hatoya, Masaru Furuya, Tomoyo Nabetani, Ryoji Kanegi, Shunsuke Shimamura, Hiroyuki Tani, Terumasa Shimada

  • Human epidermal growth factor receptor 2 is overexpressed in canine prostate carcinoma,Translational and Regulatory Sciences,2021年04月,Kosei Sakai, Yuri Shinohara, Kenjiro Kaji, Tomohiro Yonezawa, Yasuyuki Momoi, Shingo Maeda

  • Influence of hypomagnesemia on disease severity and prognosis in dogs with lymphocytic-plasmacytic enteritis,Journal of Pet Animal Nutrition,2021年04月,Kosei Sakai, Shingo Hatoya, Masaru Furuya, Shunsuke Shimamura, Tomoyo Nabetani, Hiroyuki Tani, Terumasa Shimada

  • ErbB2 copy number gain is associated with adverse outcome in canine mammary carcinoma ,The Journal of Veterinary Medical Science,2021年,Kosei SAKAI, James Ken CHAMBERS, Kazuyuki UCHIDA, Takayuki NAKAGAWA, Ryohei NISHIMURA, Tomohiro YONEZAWA, Shingo MAEDA

全件表示 >>

フィールドワーク(その他の発行物)情報 【 表示 / 非表示

  • ずっと下痢をしています ~この症例、内視鏡検査が必要ですか?~ ,CAP:Companion Animal Practice,2021年06月,酒居幸生

  • 免疫抑制薬反応性腸症,CLINIC NOTE,2020年12月,酒居幸生

  • 犬の移行上皮癌に対するラパチニブの臨床試験 ,SA Medicine,2019年06月,酒居幸生、前田真吾、米澤智洋

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • DMD遺伝子におけるフレームシフト変異が同定されたトイ・プードルの筋ジストロフィーの1例,令和3年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会,2022年01月,酒居幸生, 茂木朋貴, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 西田英高, 島村俊介, 谷 浩行, 嶋田照雅, 古家 優

  • DMD遺伝子におけるフレームシフト変異が同定されたトイ・プードルの筋ジストロフィーの1例,令和3年度獣医学術近畿地区学会,2021年10月,酒居幸生, 茂木朋貴, チェンバーズ ジェームズ, 内田和幸, 西田英高, 島村俊介, 谷 浩行, 嶋田照雅, 古家 優

  • 犬の慢性腸症と消化器型リンパ腫を判別する血中アミノ酸濃度を用いたスコアリングシステムの構築,日本ペット栄養学会第22回定例大会,2021年10月,酒居幸生, 古家優, 鳩谷晋吾, 島村俊介, 鍋谷知代, 金城綾二, 谷浩行, 嶋田照雅

  • 犬の慢性腸症における血中マグネシウム濃度と病態との関連,日本ペット栄養学会第22回定例大会,2021年10月,酒居幸生, 鳩谷晋吾, 古家 優, 島村俊介, 鍋谷知代, 谷浩行, 嶋田照雅

 
 

特許 【 表示 / 非表示

  • 前田真吾、酒居幸生,2018年01月24日,食肉目動物の癌検出方法