基本情報

写真a

小玉 晋太朗

KODAMA Shintaro

コダマ シンタロウ


所属組織

物質化学系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www2.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka8/index.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

  • 無機化学

  • グリーン・環境化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 可視光感光性金属錯体の開発

  • 有機配位子を活用する遷移金属酸化物クラスター合成とその応用

  • 金属との錯形成を鍵とする有機分子骨格変換

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)金属との錯形成を活用した可視光照射下での酸発生法の開発

    (キーワード) 金属錯体,超強酸,光吸収

  • (概要)有機配位子で修飾したバナジウム酸化物クラスターの合成

    (キーワード) 遷移金属酸化物クラスター,有機配位子,脱水縮合,酸化還元反応

  • (概要)オキシムエステル化合物の高効率分子変換

    (キーワード) 遷移金属,錯形成,配向基,高効率合成

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会 正会員

  • 近畿化学協会 正会員

  • 触媒学会 正会員

  • 錯体化学会 正会員

  • 有機合成化学協会 普通会員

 

著書 【 表示 / 非表示

  • UV硬化樹脂の配合設計、物性評価と新しい応用「第3節 有機―金属複合型光酸発生剤の構造と物性」,株式会社 技術情報協会,2017年11月,共著,小玉 晋太朗,石井 洋一

  • 金属との錯形成により感光波長を変更できる配位子型光酸発生剤の開発,株式会社 化学工業社,2014年12月,共著,小玉 晋太朗,木曽川 悠太,石井 洋一

論文 【 表示 / 非表示

  • 2,4,6-Trihydroxybenzoic Acid-Catalyzed Oxidative Ugi Reactions with Molecular Oxygen via Homo- and Cross-Coupling of Amines,The Journal of Organic Chemistry,2019年09月,Chun-Ping Dong, Akinori Uematsu, Shun Kumazawa, Yuki Yamamoto, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Michio Ueshima, Akiya Ogawa

  • Palladium-Catalyzed Diarylation of Isocyanides with Tetraarylleads for the Selective Synthesis of Imines and α-Diimines,The Journal of Organic Chemistry,2019年09月,Cong Chi Tran, Shin-ichi Kawaguchi, Yohsuke Kobiki, Hitomi Matsubara, Dat Phuc Tran, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa

  • 4,6-Dihydroxysalicylic Acid-Catalyzed Oxidative Condensation of Benzylic Amines and Aromatic Ketones for the Preparation of 2,4,6-Trisubstituted Pyridines and Its Application to Metal-Free Synthesis of G-Quadruplex Binding Ligands,ACS Omega,2019年05月,Chun Ping Dong, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Michio Ueshima, Akiya Ogawa

  • Molybdenum-Mediated Vinylidene Rearrangement of Internal Acylalkynes and Sulfonylalkynes,Organometallics,2019年03月,Takuya Kuwabara, Kousuke Sakajiri, Yousuke Oyama, Shintaro Kodama, Youichi Ishii

  • Reaction of arylhydrazines with diaryl ditellurides in the air: Insight into bimolecular homolytic substitution on tellurium via Aryl-Te bond cleavage,Heteroatom Chemistry,2019年01月,Yuki Yamamoto, Fumiya Sato, Shintaro Kodama, Akihiro Nomoto, Akiya Ogawa

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学外国語演習

  • 応用化学実験II

  • 応用化学実験III

  • 応用化学実験IV

  • 応用化学実験V

全件表示 >>

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 小玉 晋太朗、 木曽川 悠太、 石井 洋一,2013年07月31日,金属錯体、その製造方法、それに用いるオキシムスルホネート系化合物、およびそれを用いた光酸発生剤

  • 小川 昭弥、 小玉 晋太朗、 野元 昭宏、 植嶌 陸男,2010年02月01日,異種金属4核錯体及び酸化物の製造方法