基本情報

写真a

古山 敬祐

KOYAMA Keisuke

コヤマ ケイスケ


所属組織

獣医系

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://researchmap.jp/inazo0211

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 動物生産科学

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 個別培養技術を活用したウシ卵子体外培養系の最適化

  • ルーメンバイパスアミノ酸給餌による乳牛の繁殖性への影響

  • 種雄牛の遺伝的能力を活用した乳牛の繁殖管理

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)高泌乳牛の飼養・繁殖管理技術の高度化事業

    (キーワード) ルーメンバイパスアミノ酸,リジン,メチオニン,牛群検定,搾乳ロボット

  • (概要)核成熟速度に対応したウシ卵子体外培養系の構築

    (キーワード) 個別培養,成熟培養,体外受精

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),北海道大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医師会

  • 日本獣医学会

  • 日本繁殖生物学会

  • 日本畜産学会

  • 日本胚移植研究会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 北海道家畜人工授精師協会,2013年10月,スライド賞

  • 北海道家畜人工授精師協会,2014年10月,統計処理賞

  • 北海道獣医師会長賞,2018年09月,北海道獣医師会

  • 優良賞,2018年10月,北海道家畜人工授精師協会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 乳牛の繁殖管理

  • 牛卵子の体外培養

  • 牛受精卵の体外培養

論文 【 表示 / 非表示

  • Relationship between sire predicted transmitting ability for daughter pregnancy rate and daughter's reproductive performance and milk production in Japanese dairy herds.,The Journal of reproduction and development ,2020年10月,Koyama K, Takahashi T.

  • Technical note: Calving prediction in dairy cattle based on continuous measurements of ventral tail base skin temperature using supervised machine learning. ,Journal of Dairy Science,2020年09月,Higaki S, Koyama K, Sasaki Y, Abe K, Honkawa K, Horii Y, et al.

  • Expression of C-C motif chemokines and their receptors in bovine placentomes at spontaneous and induced parturition. ,The Journal of reproduction and development ,2020年02月,Hirayama H, Sakumoto R, Koyama K, Yasuhara T, Hasegawa T, Inaba R, et al.

  • Enhanced glucocorticoid exposure facilitates the expression of genes involved in prostaglandin and estrogen syntheses in bovine placentomes at induced parturition.,Theriogenology ,2019年07月,Yasuhara T, Koyama K, Sakumoto R, Fujii T, Naito A, Moriyasu S, Kageyama S, Hirayama H

  • Optimization of diagnostic methods and criteria of endometritis for various postpartum days to evaluate infertility in dairy cows.,Theriogenology,2018年10月,Koyama T, Omori R, Koyama K, Matsui Y, Sugimoto M

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端病態解析学特別講義C

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

  • 大動物臨床A

全件表示 >>