基本情報

写真a

片畑 真由美

Katahata Mayumi

カタハタ マユミ


所属組織

現代システム科学系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 心理臨床面接におけるイメージ体験とその表現プロセス

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 心理臨床面接,イメージ,身体感覚

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会

  • 日本箱庭療法学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 大学院附属心理相談室における遊戯療法―セラピストを鍛える「勝負」―,『遊戯療法―様々な領域の事例から学ぶ―』 ミネルヴァ書房,2017年12月,共著,伊藤良子編

  • 「ヘンゼルとグレーテル」における子どもの成長,「三枚のお札」に見られる「出会い」と「逃走」,『昔話から学ぶ人間の成長と発達―グリム童話からディズニー作品まで―』 ナカニシヤ出版,2015年03月,共著,大野木裕明・赤澤淳・中澤潤・千野美和子編

  • 心理臨床学のイメージにおける内的体験についての考察―その位置づけと研究をめぐって―,京大心理臨床シリーズ『心理臨床における臨床イメージ体験』 創元社,2008年03月,共著,藤原勝紀・皆藤章・田中康裕編

  • 箱庭制作における制作者の「体験」についての考察―調査の枠内で見られた一事例から―,京大心理臨床シリーズ『箱庭療法の事例と展開』 創元社,2007年03月,共著,岡田康伸・皆籐章・田中康裕編

論文 【 表示 / 非表示

  • 心理臨床における「異形」イメージに関する多角的研究―「妖怪」イメージ発生の要因からの考察―,仁愛大学附属心理臨床センター紀要,2011年03月,片畑真由美

  • 臨床イメージにおける内的体験についての研究―箱庭制作体験における「身体感覚」の観点からー,京都大学大学院教育学研究科紀要,2006年03月,片畑真由美

  • 身体感覚がイメージ体験に及ぼす影響―箱庭制作における触覚の観点からー,心理臨床学研究,2003年12月,片畑真由美

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 心理検査法(心理的アセスメント)

  • 投影法特論

  • 環境システム学演習IV

  • 臨床心理基礎実習

  • 臨床心理学への招待