基本情報

写真a

河野 直子

KAWANO Naoko

カワノ ナオコ


所属組織

現代システム科学系

職名

准教授

上記以外の職名等

臨床心理士, 公認心理師

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床老年心理学

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 老い

  • 心理査定

  • 認知症

  • 実行機能

  • 高齢運転者

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 老いや精神疾患に伴う認知機能変化に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),名古屋大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理臨床学会

  • 日本心理学会

  • 日本老年精神医学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • シリーズ 心理学と仕事3 認知心理学「脳神経科学に基づく⼼理士の臨床実践:認知症臨床を例に」,北大路書房,2021年06月,共著,原田悦子・和田有史・須藤智・松室美紀・梅田聡・岩木穰・日比野治雄・澤井大樹・新井田統・守下美奈子・河野直子(部分執筆:コラム)

  • 高齢社会における人と自動車,コロナ社,2021年01月,共著,(編著)青木宏文・赤松幹之・岩本邦弘・尾崎紀夫・上出寛子・河野直子・他

  • 高齢者のモビリティ―運転可否判断から移動支援まで,京都大学学術出版会,2020年11月,共著,デイビット・W・エビー リサ・J・モルナー ポーラ・S・カートジ, (訳)堀川悦夫・峯とも子・飯盛裕子・河野直子・岩本邦弘・他

  • 虚偽検出—嘘を見抜く心理学の最前線 (Detecting Deception: Current Challenges and Cognitive Approaches),北大路書房,2017年04月,共著,Anders Granhag (原著), Aldert Vrij (原著), Bruno Verschuere (原著)/荒川歩 (翻訳, 監訳), 石崎千景 (翻訳, 監訳), 菅原郁夫 (翻訳, 監訳), 常岡充子 (翻訳), 小川時洋 (翻訳), 太幡直也 (翻訳), 河野直子 (翻訳)の7名

  • 認知症ケアのための家族支援:臨床心理士の役割と多職種連携,クリエイツかもがわ,2017年04月,共著,小海宏之, 若松直樹, 加藤佑佳, 加藤真弓, 川西智也, 河野直子を含め28名

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Relationship between fasting blood glucose levels in middle age and cognitive function in later life: The Aichi Workers’ Cohort Study.,Journal of Epidemiology,2021年05月,Masako Shimoda, Kayo Kaneko, Takeshi Nakagawa, Naoko Kawano, Rei Otsuka, Atsuhiko Ota, Hisao Naito, Masaaki Matsunaga, Naohiro Ichino, Hiroya Yamada, Chifa Chiang, Yoshihisa Hirakawa, Koji Tamakoshi, Atsuko Aoyama, and Hiroshi Yatsuya.

  • 高齢ドライバの運転評価に向けた特性データベース: Data Repository for Human Life-Driving Anatomy (Dahlia),人間工学,2020年,山岸未沙子,稲上誠,田中貴紘,米川隆,河野直子,佐藤稔久,赤松幹之,青木宏文

  • Quantitative facial expression analysis revealed the efficacy and time course of oxytocin in autism.,Brain : A Journal of Neurology,2019年07月,Owada K, Okada T, Munesue T, Kuroda M, Fujioka T, Uno Y, Matsumoto K, Kuwabara H, Mori D, Okamoto Y, Yoshimura Y, Kawakubo Y, Arioka Y, Kojima M, Yuhi T, Yassin W, Kushima I, Benner S, Ogawa N, Kawano N, Eriguchi Y, Uemura Y, Yamamoto M, Kano Y, Kasai K, Higashida H, Ozaki N, Kosaka H, Yamasue H.

  • Effects of hypnotics on prefrontal cortex activity during a verbal fluency task in healthy male subjects: A near-infrared spectroscopy study.,Human psychopharmacology ,2018年10月,Tsuruta Y, Iwamoto K, Banno M, Kawano N, Kohmura K, Miyata S, Fujishiro H, Noda Y, Noda A, Iritani S, Ozaki N.

  • Evaluation method regarding the effect of psychotropic drugs on driving performance: A literature review.,Psychiatry and clinical neurosciences,2018年10月,Iwata M, Iwamoto K, Kawano N, Kawaue T, Ozaki N.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 心理支援に関する理論と実践

  • 心理的アセスメントに関する理論と実践

  • 心理実践実習I

  • 心理実践実習II

  • 人間環境科学演習II

全件表示 >>

作成した授業用教科書情報 【 表示 / 非表示

  • 高齢社会における人と自動車,2021年01月,コロナ社,青木宏文, 赤松幹之, 岩本邦弘, 尾崎紀夫, 上出寛子, 河野直子他

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2021年度,公益社団法人日本心理学会・公認心理士の会 ,医療部門運営委員

  • 2020年度,公益社団法人日本心理学会・公認心理士の会 ,医療部門運営委員