基本情報

写真a

村田 秀信

MURATA Hidenobu

ムラタ ヒデノブ


所属組織

物質化学系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://mtr1.osakafu-u.ac.jp/biomat/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機材料・物性

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • X線吸収微細構造(XAFS)を利用した微量元素の状態分析

  • 機械学習による物質探索

  • 生体関連セラミックスにおける微量元素の解析

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 日本高圧力学会

  • ニューダイヤモンドフォーラム

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 微量元素の局所環境分析

  • 機械学習による実験条件探索

論文 【 表示 / 非表示

  • Composition-Dependent Properties of Wurtzite-Type Mg1+xSn1–xN2 Epitaxially Grown on GaN(001) Templates,ACS Applied Electronic Materials,2021年03月,N. Yamada, K. Matsuura, M. Imura, H. Murata, F. Kawamura

  • Synthesis of High-Specific-Surface-Area Li-Al Mixed Metal Oxide: through Nanoseed-Assisted Growth of Layered Double Hydroxide,Applied Clay Science,2021年02月,Masanori Takemoto, YasuakiTokudome, Hidenobu Murata, Kenji Okada, Masahide Takahashi, Atsushi Nakahira

  • Synthesis of CaSnN2 via a High-Pressure Metathesis Reaction and the Properties of II-Sn-N2 (II = Ca, Mg, Zn) Semiconductors,Inorganic Chemistry,2021年01月,Fumio Kawamura, Hidenobu Murata, Masataka Imura, Naoomi Yamada, Takashi Taniguchi

  • Wide-Range-Tunable p-Type Conductivity of Transparent CuI1−xBrx Alloy,Adv. Funct. Mater.,2020年08月,Naoomi Yamada, Yuta Tanida, Hidenobu Murata, Takahiro Kondo, Shougo Yoshida

  • Synthesis of Crystalline and Transparent Aerogel composed of Ni-Al Layered Double Hydroxide Nanoparticles through Crystallization from Amorphous Hydrogel,Langmuir,2020年07月,Masanori Takemoto, Yasuaki Tokudome, Daisuke Noguchi, Ryota Ueoka, Kazuyoshi Kanamori, Kenji Okada, Hidenobu Murata, Atsushi Nakahira, Masahide Takahashi

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • 新規機能性材料の高圧合成に向けた第一原理計算の活用方法,高圧力の科学と技術,2021年01月,村田 秀信

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアル工学実験I

  • マテリアル工学演習I

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 村田 秀信、谷口 尚,2014年07月22日,2016年02月08日,αーPbO2型結晶TiO2微粒子の製造方法