基本情報

写真a

松本 拓也

Matsumoto Takuya

マツモト タクヤ


所属組織

物質化学系

職名

助教

ホームページ

http://www2.chemeng.osakafu-u.ac.jp/group4/indexj/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 反応工学・プロセスシステム

  • 生物機能・バイオプロセス

  • 応用微生物学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子組換え微生物を用いた有用物質生産に関する研究

  • 酵素を用いた物質変換技術に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),神戸大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 日本生物工学会

  • 酵素工学研究会

  • 日本蛋白質科学会

  • 極限環境生物学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 17th Young Asian Biochemical Engineers Community ポスター賞,2011年10月,Asian Federation of Biotechnology

  • 21th Young Asian Biochemical Engineers Community ポスター賞,2015年10月,Asian Federation of Biotechnology

  • 第7回新化学技術研究奨励賞,2018年07月,新化学技術推進協会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Sortase A-Assisted Metabolic Enzyme Ligation in Escherichia coli for Enhancing Metabolic Flux.,Synthetic Biology, Methods in Molecular Biology, Humana Press, New York,2018年05月,共著,Takuya MATSUMOTO, Tsutomu TANAKA, Akihiko KONDO

  • Sortase Aを用いたタンパク質配向固定化技術の開発,シーエムシー出版 ,2018年04月,共著,松本 拓也、田中 勉

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of genes responsible for reducing palladium ion in Escherichia coli,Journal of Biotechnology,2020年12月,T Matsumoto, M Kamino, R Yamada, Y Konishi, H Ogino

  • Construction of lactic acid-tolerant Saccharomyces cerevisiae by using CRISPR-Cas-mediated genome evolution for efficient D-lactic acid production,Applied Microbiology and Biotechnology,2020年11月,R Mitsui, R Yamada, T Matsumoto, S Yoshihara, H Tokumoto, H Ogino

  • Construction of yeast producing patchoulol by global metabolic engineering strategy,Biotechnology and Bioengineerin,2020年05月,R Mitsui, R Nishikawa, R Yamada, T Matsumoto, H Ogino

  • Metabolic engineering of E. coli for improving mevalonate production to promote NADPH regeneration and enhance acetyl‐CoA supply,Biotechnology and Bioengineering,2020年04月,Daichi Satowa, Ryosuke Fujiwara, Shogo Uchio, Mariko Nakano, Chisako Otomo, Yuuki Hirata, Takuya Matsumoto, Shuhei Noda, Tsutomu Tanaka, Akihiko Kondo

  • N-linked glycosylation of thermostable lipase from Bacillus thermocatenulatus to improve organic solvent stability,Enzyme and microbial technology,2020年01月,S Kajiwara, R Yamada, T Matsumoto, H Ogino

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • ケミカルエンジニアリングプラクティス