基本情報

写真a

松本 拓也

Matsumoto Takuya

マツモト タクヤ


所属組織

物質化学系

職名

助教

ホームページ

http://www2.chemeng.osakafu-u.ac.jp/group4/indexj/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 反応工学・プロセスシステム

  • 生物機能・バイオプロセス

  • 応用微生物学

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 反応工学

  • 微生物

  • 酵素

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子組換え微生物を用いた有用物質生産に関する研究

  • 酵素を用いた物質変換技術に関する研究

技術相談・技術指導可能項目情報 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子組換え微生物を用いた有用物質生産に関する研究

  • 酵素を用いた物質変換技術に関する研究

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),神戸大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 日本生物工学会

  • 酵素工学研究会

  • 日本蛋白質科学会

  • 極限環境生物学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 17th Young Asian Biochemical Engineers Community ポスター賞,2011年10月,Asian Federation of Biotechnology

  • 21th Young Asian Biochemical Engineers Community ポスター賞,2015年10月,Asian Federation of Biotechnology

  • 第7回新化学技術研究奨励賞,2018年07月,新化学技術推進協会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 遺伝子組換え微生物を用いた有用物質生産に関する研究

  • 酵素を用いた物質変換技術に関する研究

著書 【 表示 / 非表示

  • Sortase A-Assisted Metabolic Enzyme Ligation in Escherichia coli for Enhancing Metabolic Flux.,Synthetic Biology, Methods in Molecular Biology, Humana Press, New York,2018年05月,共著,Takuya MATSUMOTO, Tsutomu TANAKA, Akihiko KONDO

  • Sortase Aを用いたタンパク質配向固定化技術の開発,シーエムシー出版 ,2018年04月,共著,松本 拓也、田中 勉

論文 【 表示 / 非表示

  • Improvement of 2,3-butanediol tolerance in Saccharomyces cerevisiae by using a novel mutagenesis strategy,Journal of Bioscience and Bioengineering,2021年03月,A. Mizobata, R. Mitsui, R. Yamada, T. Matsumoto, S. Yoshihara, H. Tokumoto, H. Ogino

  • The synthesis of L-glycyl-L-tyrosine derivatives using organic-solvent stable PST-01 protease from Pseudomonas aeruginosa PST-01,Process Biochemistry,2021年03月,T. Matsumoto, R. Kitayama, R. Yamada, H. Ogino

  • Improvement of lactic acid tolerance by cocktail δ-integration strategy and identification of the transcription factor PDR3 responsible for lactic acid tolerance in yeast Saccharomyces cerevisiae,Journal of Microbiology and Biotechnology,2021年01月,R. Yamada, Y. Kumata, R. Mitsui, T. Matsumoto, H. Ogino

  • Identification of genes responsible for reducing palladium ion in Escherichia coli,Journal of Biotechnology,2020年12月,T Matsumoto, M Kamino, R Yamada, Y Konishi, H Ogino

  • Construction of lactic acid-tolerant Saccharomyces cerevisiae by using CRISPR-Cas-mediated genome evolution for efficient D-lactic acid production,Applied Microbiology and Biotechnology,2020年11月,R Mitsui, R Yamada, T Matsumoto, S Yoshihara, H Tokumoto, H Ogino

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • ポリエチレンテレフタレート(PET)は生分解性?,バイオミディア,2020年02月,松本拓也

  • Chemical treatments for modification and immobilization to improve the solvent-stability of lipase,World Journal of Microbiology and Biotechnology,2019年12月,T Matsumoto, R Yamada, H Ogino

  • Engineering metabolic pathways in Escherichia coli for constructing a “microbial chassis” for biochemical production,Bioresource technology,2017年12月,T Matsumoto, T Tanaka, A Kondo

  • Enzyme‐mediated methodologies for protein modification and bioconjugate synthesis,Biotechnology journal,2012年09月,T Matsumoto, T Tanaka, A Kondo

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 大腸菌によるレアメタルイオンの還元および吸着に関する遺伝子の探索,化学工学会第86年会,2021年03月,鬼頭和也,松本拓也,山田亮祐,荻野博康

  • 酵母を用いた酵素のミトコンドリア局在化による有用物質生産,化学工学会第86年会,2021年03月,大谷孝,松本拓也,山田亮祐,荻野博康

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • ケミカルエンジニアリングプラクティス

  • ケミカルエンジニアリングプラクティス

  • 化学工学実験I

  • 化学工学実験I

作成した授業用教科書情報 【 表示 / 非表示

  • ケミカルエンジニアリングプラクティス指針書 ,2021年04月,-

  • 化学工学実験I指針書,2021年04月,-

  • ケミカルエンジニアリングプラクティス指針書 ,2020年04月,-

  • 化学工学実験I指針書,2020年04月,-

  • ケミカルエンジニアリングプラクティス指針書 ,2019年04月,-

全件表示 >>