基本情報

写真a

生島 一樹

Ikushima Kazuki

イクシマ カズキ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 船舶海洋工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大規模非線形構造解析システムの開発

  • 構造物の効率的モデル化

  • 非線形力学現象のモデル化

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本船舶海洋工学会

  • 溶接学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 秋季講演会ポスターセッション支部長賞(奨励)最優秀,2008年11月,日本船舶海洋工学会関西支部

  • 奨学褒賞,2009年03月,日本船舶海洋工学会

  • ポスターセッション優秀賞,2009年05月,日本船舶海洋工学会

  • 関西支部KFR、KSSG学生研究講演会構造部門最優秀賞,2009年06月,日本船舶海洋工学会

  • TECHNOVATION奨励賞,2011年02月,足立一馬基金

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 大規模非線形有限要素解析

  • 構造物の非線形力学現象の解析

論文 【 表示 / 非表示

  • 大規模複雑構造物の溶接変形解析に向けた理想化陽解法FEMの拡張と実大構造物への適用,溶接学会論文集,2019年10月,生島 一樹, 前田 新太郎, 家下 輝也, 河原 充, 阿部 雄太, 木内 大貴, 柴原 正和

  • Effects of half breadth to draught ratio of hull under water surface on bilge-keel roll damping component,Ocean Engineering,2019年09月,T. Katayama, M. Matsuoka, T. Adachi, K. Ikushima

  • Numerical Investigation on Persistence of Modified Residual Stresses Due to Shot Peening,E-Journal of Advanced Maintenology,2019年09月,K. Ikushima, Y. Yamada, M. Shibahara, K. Akita, S. Nishikawa

  • Numerical simulation of stress behavior during shot peening,Mathematical Modeling of Weld Phenomena,2019年06月,K. Ikushima, Y. Yamada, M. Shibahara, S. Nishikawa, K. Akita

  • Numerical investigation on persistence of modified residual stresses due to shot peening,4th International Conference on Maintenance Science and Technology, Sendai, ,2018年10月,K. Ikushima, Y. Yamada, M. Shibahara, K. Akita, S. Nishikawa

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • プログラミング入門

  • プログラミング入門

  • 構造力学I

  • 機械工作実習

  • 海洋システム工学プロジェクト演習I

全件表示 >>