基本情報

写真a

桒原 晶子

Kuwabara Akiko

クワバラ アキコ


所属組織

総合リハビリテーション系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

羽曳野キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 地域保健学域

  • 総合リハビリテーション学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 食生活学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 応用栄養学

  • 臨床栄養学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(家政学),京都女子大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本病態栄養学会

  • 日本骨粗鬆症学会

  • 日本ビタミン学会

  • 日本栄養改善学会

  • 日本栄養・食糧学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本骨粗鬆症学会 平成21年度研究奨励賞,2009年06月,日本骨粗鬆症学会

  • 第61回日本ビタミン学会 学生優秀発表賞,2009年06月,日本ビタミン学会

  • 日本骨粗鬆症学会 平成21年度学術奨励賞,2009年10月,日本骨粗鬆症学会

  • 第18回日本病態栄養学会年次学術集会 会長賞,2015年01月,日本病態栄養学会

  • 平成29年度 日本栄養·食糧学会 奨励賞,2017年02月,日本栄養・食糧学会

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 子どもの皮膚のみかた(第1章 B 子どものスキンケア 7紫外線対策2 ビタミンD 合成への影響は?,診断と治療社,2019年03月,未設定,桒原晶子,田中清

  • アンチエイジング医学の基礎と臨床 第3版 (Ⅲ.アンチエイジング(抗加齢)医学の基礎I.見た目とアンチエイジング(抗加齢)医学 4. ビタミンDと健康と紫外線),メジカルビュー社,2015年09月,単著,桒原晶子

  • 「EBM 皮膚疾患の治療 up-to-date」(XV.治療全般 3.ステロイドによる骨粗鬆症の予防治療はどこまで有効か?),中外医学社,2015年02月,未設定,田中清,太田淳子,桑原晶子

  • 「実践!ケースに学ぶ 栄養管理・食事療法ガイド」(Ⅱ.各論 疾患別13 骨粗鬆症),南山堂,2015年01月,共著,田中清,桑原晶子,太田淳子,楊鴻生

  • ビタミンKと疾患 基礎の理解と臨床への応用(Ⅲ. ビタミンKの栄養  2 ビタミンKの食事摂取基準と活用、3 高齢者や重症心身障害者におけるビタミンK栄養),医薬ジャーナル社,2014年11月,共著,田中清,桒原晶子

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparison of vitamin D and 25-hydroxyvitamin D concentrations in human breast milk between 1989 and 2016–2017,Nutrients,2021年02月,TsugawaN, Nishino M, Kuwabara A, Ogasawara H, Kamao M, Kobayashi S, Yamamura, J, Higurashi S.

  • Vitamin K intake and health, consideration from the epidemiological studies,J Clin Biochem Nutr ,2021年02月,Kuwabara A, Uenishi K, Tanaka K

  • Vitamin D deficiency as the risk of respiratory tract infections in the institutionalized elderly: A prospective 1-year cohort study.,Clinical Nutrition ESPEN,2020年11月,Kuwabara A, Tsugawa N, Ao M, Ohta J, Tanaka K.

  • Insufficiency of B vitamins with its possible clinical implications.,J Clin Biochem Nutr ,2020年06月,Tanaka K, Ao M, Kuwabara A

  • Nutritional therapy with vitamin K1 is effective in the improvement of vitamin K status and bone turnover markers in patients with severe motor and intellectual disabilities.,J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo),2020年06月,Kuwabara A, Nagae A, Kitagawa M, Tozawa K, Kumode M, Tanaka K.

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 慢性疾患予防に必要な脂溶性ビタミン栄養状態,日本ビ タミン学 会第 72 回 大会 若手シンポジウム,2020年09月,桒原

  • 「日本人の食事摂取基準(2020年版)」 脂溶性ビタミンについて,第27回植物油栄養懇話会,2019年11月,桒原晶子

  • ビタミンDと健康-ビタミンD栄養状態を高めるには?-,ビタミンバイオファクター協会2019年度 市民公開講演会,2019年11月,桒原

  • 疾患予防のための脂溶性ビタミン栄養状態を考える,第10回「栄養学を志す若手のためのフォーラム」,2019年11月,桒原晶子

  • Development of VDDQ-J (Vitamin D Deficiency Questionnaire for Japanese): A Novel Screening Tool for Vitamin D Deficiency for Japanese,American Society for Bone and Mineral Research 2019 Annual Meeting,2019年09月,Kuwabara A, Tsugawa N, Mizuno K, Ogasawara H, Watanabe Y, Tanaka K.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 人間栄養学特別講義

  • 人間栄養学特論B

  • 応用栄養学I

  • 応用栄養学実習

  • 栄養療法学臨地実習A

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,ビタミンバイオファクター協会2019年度 市民公開講演会,ビタミンDと健康-ビタミンD栄養状態を高めるには?-

メディア活動情報 【 表示 / 非表示

  • 毎日新聞,2020年05月