基本情報

写真a

辻井 利昭

Tsujii Toshiaki

ツジイ トシアキ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • GPS,GNSS,航法,測位

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)GNSSを用いたセンチメートル・レベルの測位や精密姿勢推定、また慣性航法装置(INS)との複合による有人・無人航空機の航法装置の研究を行っています。最近は、電離圏異常や電波干渉下でも航法を継続させるため、INSで補強したロバスト化GNSS受信機の研究に取り組んでいます。

    (キーワード) GPS,衛星航法(GNSS),慣性航法,ソフトウエア受信機,電離圏シンチレーション

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 米国航法学会

  • 日本航空宇宙学会

  • 電子情報通信学会

  • 測位航法学会

  • 測位技術振興会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会技術賞,2016年04月,日本航空宇宙学会

  • 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(開発部門),2016年04月,文部科学省

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 衛星航法(GNSS)応用技術

著書 【 表示 / 非表示

  • Digital Satellite Navigation and Geophysics: A Practical Guide with GNSS Signal Simulator and Receiver Laboratory,Cambridge university press,2012年,共著,Ivan Petrovski, Toshiaki Tsujii

  • GPSハンドブック,朝倉書店,2010年,共著,杉本末雄,久保幸弘,他

論文 【 表示 / 非表示

  • A Decade of Global Navigation Satellite System/Acoustic Measurements of Back-Arc Spreading in the Southwestern Okinawa Trough,Front. Earth Sci. 9:601138. doi: 10.3389/feart.2021.601138,2021年02月,H-Y. Chen, R. Ikuta, Y-J. Hsu, T. Tsujii, M. Ando, Y. Tu , Kohmi T, K. Takemoto, K. Mizuno, H. Tung, C-S. Ku and C-H. Lin

  • Evaluation of multipath mitigation performance using signal-to-noise ratio (SNR) based signal selection methods,Journal of Applied Geodesy 15(1):75-85.,2020年12月,V. Uaratanawong, C. Satirapod, T. Tsujii

  • Effects Of Equatorial Ionospheric Scintillation For GNSS Based Positioning In Aviation,2020 European Navigation Conference (ENC),2020年11月,J. Berdermann, H. Sato, M. Kriegel, T. Fujiwara, T. Tsujii

  • OPTIMISATION TECHNIQUE FOR PSEUDORANGE MULTIPATH MITIGATION USING DIFFERENT SIGNAL SELECTION METHODS,ARTIFICIAL SATELLITES,2020年06月,Valanon Uaratanawong, Chalermchon Satirapod and Toshiaki Tsujii

  • Back-Arc Opening in the Western End of the Okinawa Trough Revealed From GNSS/Acoustic Measurements,Geophysical Research Letters,2018年01月,Horng-Yue Chen, Ryoya Ikuta, Cheng-Horng Lin, Ya-Ju Hsu, Takeru Kohmi, Chau-Chang Wang, Shui-Beih Yu , Yoko Tu , Toshiaki Tsujii, and Masataka Ando

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 機械学習を利用したGNSS反射波検知モデルの構築と測位への利用,電子情報通信学会 2021年総合大会,2021年03月,田中晋平・辻井利昭・成岡優

  • CRPA技術による衛星航法の脆弱性緩和,日本航空宇宙学会 第58回飛行機シンポジウム,2020年11月,大澤壮志,藤原健,辻井利昭

  • GNSS測位における不要波へのNull形成を含む適応型ビームフォーミング,日本航空宇宙学会 第58回飛行機シンポジウム,2020年11月,粟井睦,大澤壮志,藤原健,辻井利昭

  • 三周波を利用したアンビギュイティ決定による精密単独測位の初期収束時間の短縮,日本航空宇宙学会 第58回飛行機シンポジウム,2020年11月,小野裕喜,佐藤友紀,小西麻緒,島岳也,辻井利昭

  • 両円偏波アンテナを用いたGNSSマルチパス誤差低減,日本航空宇宙学会 第58回飛行機シンポジウム,2020年11月,吉田柊生,辻井利昭

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • エアロスペースエンジニアリングセミナー

  • 宇宙情報通信システム工学

  • 宇宙航行力学

  • 工学域インターンシップ

  • 工学研究の最先端

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 機械・海洋・船舶・航空・宇宙

    タイトル : 衛星航法とその応用

    概要 : GPSや我が国の”みちびき”に代表される衛星航法システムの原理やその応用技術・問題点などについて解説します.

    キーワード : GPS, GNSS,みちびき,航法

特許 【 表示 / 非表示

  • 辻井利昭,冨田博史,河口星也,2006年03月31日,位置・姿勢推定装置

  • 辻井利昭,冨田博史,小神野和貴,浅子正浩,2006年03月31日,測位装置

  • 辻井利昭,2002年07月04日,海上滞留体を用いた電離層観測システム

  • 辻井利昭,張替正敏,2002年,2004年02年,滞留型飛翔体を用いた測位システム