基本情報

写真a

野口 俊助

Noguchi Shunsuke

ノグチ シュンスケ


所属組織

獣医系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • イヌ悪性メラノーマの新規治療法開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)イヌ悪性メラノーマの予後改善を目指し、その発生や進行に関与する遺伝子を分子生物学的手法を用いて明らかにし、治療に応用する。

    (キーワード) メラノーマ,microRNA,治療標的分子,放射線感受性マーカー

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本癌学会

  • 日本がん分子標的治療学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,2013年06月,日本がん分子標的治療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Programmed Cell Death Ligand 1 expression in canine cancer.,In Vivo,2016年05月,Shosu K, Sakurai M, Inoue K, Nakagawa T, Sakai H, Morimoto M, Okuda M, Noguchi S, Mizuno T.

  • Oncolytic reovirus synergizes with chemotherapeutic agents to promote cell death in canine mammary gland tumor.,Canadian Journal of Veterinary Research,2016年01月,Igase M, Hwang CC, Kambayashi S, Kubo M, Coffey M, Miyama TS, Baba K, Okuda M, Noguchi S, Mizuno T.

  • A novel apoptosis-inducing mechanism of 5-aza-2'-deoxycitidine in melanoma cells: Demethylation of TNF-α and activation of FOXO1.,Cancer Letters,2015年12月,Noguchi S, Mori T, Igase M, Mizuno T.

  • Acquired Fanconi syndrome in a dog exposed to jerky treats in Japan.,Journal of Veterinary Medical Sciences,2015年12月,Igase M, Baba K, Shimokawa-Miyama T, Noguchi S, Mizuno T, Okuda M

  • Hypoxia inducible factor 1α expression and effects of its inhibitors in canine lymphoma.,Journal of Veterinary Medical Sciences,2015年12月,Kambayashi S, Igase M, Kobayashi K, Kimura A, Shimokawa-Miyama T, Baba K, Noguchi S,Mizuno T, Okuda M

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端病態解析学特別講義B

  • 獣医放射線学

  • 獣医放射線学