基本情報

写真a

野口 俊助

Noguchi Shunsuke

ノグチ シュンスケ


所属組織

獣医系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • イヌ悪性メラノーマの新規治療法開発

  • 犬グリオーマの新規分子診断法と分子標的治療法の開発

  • 犬口腔内扁平上皮癌の浸潤・転移の抑制療法の開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)イヌ悪性メラノーマの予後改善を目指し、その発生や進行に関与する遺伝子を分子生物学的手法を用いて明らかにし、治療に応用する。

    (キーワード) メラノーマ,microRNA,治療標的分子,放射線感受性マーカー

  • (概要)診断と治療が難しい脳腫瘍の一つであるグリオーマの細胞株や組織を用い、発現異常を示すタンパク質の探索を基に新規診断マーカーあるいは治療標的となりうる分子を同定し、犬グリオーマの診断および治療法の開発を目指す。

    (キーワード) 犬,脳腫瘍,細胞生物学,分子生物学

  • (キーワード) 犬,扁平上皮癌,細胞生物学,分子生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),事務局⼊⼒(適宜授与機関コードを修正してください)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本癌学会

  • 日本がん分子標的治療学会

  • 動物臨床医学会

  • 日本獣医がん学会

全件表示 >>

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医がん学会,代議員,2021年10月 ~ 継続中

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,2013年06月,日本がん分子標的治療学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Comparing the CT and MRI findings for canine primary hepatocellular lesions.,Vet Rec.,2021年11月,Kurokawa S, Tanaka T, Yamazaki H, Noguchi S, Wada Y, Nishida H, Akiyoshi H.

  • Preliminary study of CT features of intermediate- and high-grade alimentary lymphoma and adenocarcinoma in cats.,J Feline Surg Med,2021年10月,Tanaka T, Noguchi S, Wada Y, Nishida H, Akiyoshi H.

  • Radiotherapy-induced tumor lysis syndrome in a dog with thymoma.,J Vet Med Sci.,2021年08月,Wada Y, Yamazaki H, Tanaka M, Kaneguchi A, Tanaka T, Akiyoshi H, Noguchi S.

  • SLUG is upregulated and induces epithelial mesenchymal transition in canine oral squamous cell carcinoma.,Vet Comp Oncol.,2021年07月,Noguchi S, Hirano K, Tanimoto N, Shimada T, Akiyoshi H.

  • The NRG3/ERBB4 signaling cascade as a novel therapeutic target for canine glioma,Exp Cell Res.,2021年03月,Noguchi S, Inoue M, Ichikawa T, Kurozumi K, Matsumoto Y, Nakamoto Y, Akiyoshi H, Kamishina H.

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 犬口腔内メラノーマの放射線治療反応と生存期間に対する骨融解の影響,獣医学術近畿地区学会,2021年09月,八木晧平、和田悠佑、野口俊助

  • A potential therapeutic target of canine glioma; miR-190a/NRG3/ERBB4 cascade.,日本癌学会学術総会,2020年10月,野口俊助

  • Response and outcome of 15 dogs treated with toceranib phosphate with the recurrent nasal carcinoma after radiation therapy.,Veterinary Cancer Society Annual Conference,2020年10月,Yusuke Wada, Shunsuke Noguchi

  • miR-145/FSCN1 cascade regulates EMT in canine oral squamous cell carcinoma.,日本癌学会学術総会,2020年10月,谷本七海、野口俊助

  • miR-190a/NRG3/ERBB4 cascade as a potential therapeutic target of canine glioma.,Veterinary Cancer Society Annual Conference,2020年10月,Shunsuke Noguchi

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 先端病態解析学特別講義B

  • 初年次ゼミナール【動物病院業界の在り方について考える】

  • 獣医放射線学

  • 獣医放射線学

  • 獣医放射線学実習

全件表示 >>