基本情報

写真a

田中 潮

TANAKA Ushio

タナカ ウシオ


所属組織

数学系

職名

助教

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 理学系研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • Differential Geometry, Shape Theory, The Theory of Point Processes

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • Manifold, Metric (Measure) Space, Shape Space, Curvature, Topology, Diameter, Volume, Intensity, Prime Number, Zeta, Likelihood Analysis

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Analysis for Geometric Structures in Science, Arithmetic Point Processes

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) Bundle, Connection,Riemannian Manifold, Curvature, Topology, Diameter, Volume,Shape Space,Riemann Zeta Function,Intensity, Likelihood Analysis

取得学位 【 表示 / 非表示

  • Ph.D.,The Graduate University for Advanced Studies

所属学会 【 表示 / 非表示

  • American Mathematical Society

  • 日本数学会

  • 日本応用数理学会

  • 日本統計学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • Differential Geometry, Shape Theory, The Theory of Point Processes

競争的資金 【 表示 / 非表示

  • Likelihood analysis for cluster point processes and elucidation of geometric structure of TextilePlot,2019年度,Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

  • 高次元データの理解のための最適なスケーリングと可視化技法,2017年度,Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

  • Information geometric approach to singular structure of the family of probability distributions on shape spaces,2014年度,Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research

  • Analysis for asymptotic theory of cluster point processes and GUI implementation of R package on point process analysis,2013年度,Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

  • Individual-bases spatially-explicit modeling for species diversity of ecological communities,2013年度,Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

著書 【 表示 / 非表示

  • 理論統計学教程:従属性の統計理論 時空間統計解析,共立出版,2019年05月,共著,矢島美寛,田中 潮

論文 【 表示 / 非表示

  • Exponential Concentration in Terms of Gromov-Ledoux’s Expansion Coefficients on a Metric Measure Space and Its Upper Diameter Bound Enjoying Volume Doubling,to appear in Osaka Journal of Mathematics,2022年,U. Tanaka

  • NScluster: R Package for Maximum Palm Likelihood Estimation for Cluster Point Process Models using OpenMP,to appear in Journal of Statistical Software,2022年,U. Tanaka, M. Saga and J. Nakano

  • On Geometric Properties of the Textile Set and Strict Textile Set,Geometric Science of Information, Lecture Notes in Computer Science,2019年08月,T. Sei and U. Tanaka

  • Geometric Properties of Textile Plot,Lecture Notes in Computer Science,2016年04月,T. Sei and U. Tanaka

  • Identification and estimation of superposed Neyman–Scott spatial cluster processes,Annals of the Institute of Statistical Mathematics,2014年08月,U. Tanaka and Y. Ogata

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • Significanceから グラフとしての數値表:ラマヌジャンの原理,英國王立統計學會,2014年06月,田中 潮

フィールドワーク(その他の発行物)情報 【 表示 / 非表示

  • NScluster: Simulation and Estimation of the Neyman-Scott Type Spatial Cluster Models. R package version 1.3.4,CRAN,2019年12月,U. Tanaka, M. Saga, J. Nakano

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • On geometric properties of the textile set and strict textile set,4th conference on Geometric Science of Information,2019年08月,T. Sei and U. Tanaka

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 確率統計I

  • 確率統計II

  • 統計学基礎I

  • 統計学基礎I

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 変分問題入門

    概要 : ミツバチの巣にみられるハニカム構造は,建築物をはじめ多様なものに応用されています.これはハニカム構造がコストの経済性や強度に優れていることに基づきますが,それは何故でしょうか.この問題の数学的定式化は今から約2000年以上前に予想され,2001年,長い年月を経て証明されました.

    さて,自然は作用を最小にする,といわれます.いわゆる「最小作用の原理」です.変分問題はこれらを数学的枠組みで捉え,出張講義ではこれに関する入門的講義をします.「極小曲面」(石鹸膜の幾何学的モデル) と「平均曲率一定曲面」(シャボン玉の幾何学的モデル) が変分問題において中心的な役割を果たします.

    ところで,数学は一般には物理的実験要素を含みませんが,変分問題はこの点において一線を画す分野といえます.加えて,近年Computer Graphicsの発展により,様々な様相を呈する極小曲面と平均曲率一定曲面の可視化が実現しました.変分問題を通して数学を視覚的に楽しめることも変分問題の醍醐味のひとつと思います.

    キーワード : 微分幾何学,最小作用の原理,Plateau問題,平均曲率,Gauss曲率,極小曲面,平均曲率一定曲面,Computer Graphics

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 等周問題

    概要 : 物理法則は簡明に記述され,真理は単純である.この信念は,自然界の原理として古くから知られ,変分原理といわれる.変分問題は,変分原理に基づく問題であり,エネルギー最小を数学的に探る問題といえる.本セミナーでは,古代ローマの伝説上の女王Didoが臣下に命じた,変分問題の起源のひとつとして知られている等周問題を紹介する.

    キーワード : 等周不等式

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,府立泉北高等学校SSH (スーパーサイエンスハイスクール) 大学訪問研修,変分問題入門