基本情報

写真a

島村 俊介

SHIMAMURA Shunsuke

シマムラシュンスケ


所属組織

獣医系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 循環器疾患における治療法

  • 循環器疾患における診断法

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ラットを用いて作成した心不全モデルに対する徐放性長期作用型の硝酸薬の有効性について検討するとともに、耐性発現を回避する投与方法についても検討した。

    (キーワード) 硝酸薬,容量負荷,圧負荷,モデルラット

  • (概要)心不全モデルイヌを用いて、徐放性硝酸イソソルビドの間欠的慢性投与の有効性について検討した。また、耐性発現を回避可能な投与プロトコルについても検討した。

    (キーワード) 心不全モデル,イヌ,徐放性硝酸イソソルビド,慢性投与

  • (概要)小動物臨床領域において、イヌの心室中隔欠損には体外循環下開心術が根治術として適応されている。しかしながら、中隔へのアプローチについては、心房切開法と心室切開法が用いられており、これらの優劣について検討された報告はみられず、本研究においては、視野確保、術後の回復などの見地からその優劣について検討した。

    (キーワード) イヌ,心室中隔欠損,開心術,アプローチ法

  • (概要)イヌの神経損傷に対しては、高用量メチルプレドニゾロン療法が選択肢の一つとして用いられている。しかしながら、同時に免疫機能抑制を有する本剤は、障害に伴う感染に対しては不利益を有する可能性がある。そこで、本治療の感染の主要な防壁である好中球機能への影響について検討し、治療開始から1週間に渡り好中球機能において低下がみられることを明らかにした。

    (キーワード) 高用量メチルプレドにゾロン,イヌ,好中球機能

  • (概要)イヌの進行性脊髄軟化症は、予後の非常に悪い進行性の脊髄疾患である。しかしながら、初期には椎間板ヘルニアと類似の症状をみせるものの、有効な診断方法がないのが現状である。そこで、椎間板ヘルニアを疑診した症例を対象に血液中のGFAP濃度の測定をおこなったところ、進行性脊髄軟化症を発症した症例との間に有意な相関をえた。

    (キーワード) イヌ,進行性脊髄軟化症,GFAP,血液

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 動物臨床医学会

  • 日本獣医学会

  • 日本獣医循環器学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • イヌ・ネコ家庭動物の医学大百科,ピエ・ブックス,2012年12月,共著,山根義久 他

論文 【 表示 / 非表示

  • Combination of serum phosphorylated neurofilament heavy subunit and hyperintensity of intramedullary T2W on magnetic resonance imaging provides better prognostic value of canine thoracolumbar intervertebral disc herniation.,J Vet Med Sci. ,2015年04月,Mashita T, Kamishina H, Nakamoto Y, Akagi Y, Nakanishi A, Harasaki Y, Ozawa T, Uemura T, Kobatake Y, Shimamura S, Kitamura N, Maeda S, Uzuka Y, Shaw G, Yasuda J.

  • Relationship of glomerular filtration rate based on serum iodixanol clearance to IRIS staging in cats with chronic kidney disease.,J Vet Med Sci.,2015年04月,Iwama R1, Sato T, Katayama M, Shimamura S, Satoh H, Ichijo T, Furuhama K.

  • Evaluation of neutrophil function during hemodialysis treatment in healthy dogs under anesthesia with sevoflurane. ,J Vet Med Sci. ,2014年11月,Shimamura S1, Kimura K, Katayama M, Mashita T, Maeda K, Kobayashi S, Sato R, Yasuda J.

  • Influence of phosphate-buffered sucrose solution on early graft function in feline renal autotransplantation.,Res Vet Sci. ,2014年10月,Katayama M, Okamura Y, Shimamura S, Katayama R, Kamishina H, Uzuka Y.

  • Preliminary study of interaction of clarithromycin with tacrolimus in cats.,J Vet Med Sci. ,2014年09月,Katayama M1, Ushio T, Shimamura S, Okamura Y, Uzuka Y.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 獣医循環呼吸器病学