基本情報

写真a

中瀬 生彦

Nakase Ikuhiko

ナカセ イクヒコ


所属組織

戦略的研究部門

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 研究推進機構

  • 理学系研究科・理学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 創薬化学

  • 生体関連化学

  • 生物分子科学

  • ナノ材料・ナノバイオサイエンス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)

受賞 【 表示 / 非表示

  • The Best Presentation Award (The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery),2006年07月,The First FIP-APSTJ Joint Workshop on Gene Delivery

  • 日本ペプチド学会 奨励賞,2011年09月,日本ペプチド学会

  • Poster Award (Journal of Controlled Release (2nd International Conference on Biomaterials Science) ),2013年03月,Journal of Controlled Release (2nd International Conference on Biomaterials Science)

  • Excellent Poster Award (The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences),2016年01月, The 8th Takeda Science Foundation Symposium on PharmaSciences

  • 学長顕彰 (2016) ,2016年08月,大阪府立大学

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • エクソソームを用いた標的指向DDS,ファルマシアvol. 54, No. 1,2018年,単著,中瀬生彦

  • ポスト抗体医薬品:立体構造規制ペプチド「マイクロ抗体」を土台とした中分子創薬 ,MEDCHEM NEWS 28,2018年,共著,藤原大佑, 弓場英司, 白石一乗, 中瀬生彦, 藤井郁雄

  • 機能性ペプチド修飾型エクソソームによるDDSがん治療開発,株式会社エヌ・ティー・エヌ 「パラダイムシフトをもたらす エクソソーム機能研究最前線」,2017年,単著,中瀬生彦

  • 第5章 機能性ペプチド修飾型エクソソームを基盤とした細胞内導入技術,シーエムシー出版 「医療・診断をささえるペプチド科学-再生医療・DDS・診断への応用-:Peptide Science for Medical Applications –Regeneration Medicine, Drug, Delivery System, and Diagnosis-」,2017年,単著,中瀬生彦

  • 細胞薬物ターゲティングを目指した機能性ペプチド修飾型エクソソームの開発,技術情報協会 「ペプチド医薬品のスクリーニング・安定化・製剤化技術」第8章 第1節,2017年,単著,中瀬生彦

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Rapid optical tissue clearing using poly(acrylamide-co-styrenesulfonate) hydrogels for three-dimensional imaging,Journal of Biomedical Materials Research: Part B,2019年,Yuuta Ohno, Ikuhiko Nakase, Akikazu Matsumoto*, and Chie Kojima*

  • Epidermal growth factor induced macropinocytosis directs branch formation of lung epithelial cells,Biochemical and Biophysical Research Communications,2018年,Masaya Hagiwara*, Ikuhiko Nakase

  • Modular Redesign of a Cationic Lytic Peptide to Promote the Endosomal Escape of Biomacromolecules,Angewandte Chemie International Edition ,2018年,Yusuke Azuma, Haruka Imai, Yoshimasa Kawaguchi, Ikuhiko Nakase, Hiroshi Kimura, and Shiroh Futaki*

  • Peptide Ribonucleic Acid (PRNA)-Arginine Hybrids. Effects of Arginine Residues Alternatingly Introduced to PRNA Backbone on Aggregation, Cellular Uptake, and Cytotoxicity,Chemistry Letters ,2018年,Hiroka Sugai, Ikuhiko Nakase, Seiji Sakamoto, Akira Nishio, Masahito Inagaki, Mssaki Nishijima, Asako Yamayoshi, Yasuyuki Araki, Satoru Ishibashi, Takanori Yokota, Yoshihisa Inoue, Takehiko Wada

  • Arginine-rich cell-penetrating peptide-modified extracellular vesicles for active macropinocytosis induction and efficient intracellular delivery,Scientific Reports 7, 1991,2017年,Ikuhiko Nakase*, Kosuke Noguchi, Ayako Aoki, Tomoka Takatani-Nakase, Ikuo Fujii, Shiroh Futaki

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • ナノ科学・材料特別講義XVI

  • ナノ科学・材料特別講義XVI

  • ナノ科学・材料特別講義XVI

  • ナノ科学・材料特別講義XVI

  • ナノ科学のすすめ

全件表示 >>

 

特許 【 表示 / 非表示

  • ベイリー小林菜穂子、吉田徹彦、中瀬生彦,2019年01月22日,エクソソームの生産方法

  • 中瀬生彦、野口公輔、吉田徹彦、ベイリー小林菜穂子,2017年01月27日,腫瘍細胞のCD47発現を抑制するための薬剤組成物及びその利用

  • 中瀬生彦、吉田徹彦、ベイリー小林菜穂子,2015年11月11日,外来物質の細胞内への導入方法ならびに該方法に用いる材料

  • 飯田琢也、床波志保、中瀬生彦、西村勇姿、山本靖之,2015年05月08日,集積装置および集積方法、微小物体集積構造体の製造装置、被分離物質の分離装置、ならびに被導入物質の導入装置

  • 床波志保、中瀬生彦,2015年04月30日,がん細胞検出用高分子膜及びその製造方法、並びにそれを用いたがん細胞検出装置

全件表示 >>