基本情報

写真a

中岡 和代

NAKAOKA Kazuyo

ナカオカ カズヨ


所属組織

総合リハビリテーション系

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

研究室所在地(キャンパス名)

羽曳野キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 地域保健学域

  • 総合リハビリテーション学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 特別支援教育

  • リハビリテーション科学・福祉工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 自閉スペクトラム症児の食に関する行動障がいへの支援法の開発

  • 自閉スペクトラム症児の食に関する行動障がいの重症度を測定する尺度の開発

  • 児童生徒の食事場面の深層学習を用いた動作解析

  • 発達障害領域における作業療法

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(保健学),広島大学

  • 博士(保健学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大阪府作業療法士会

  • 日本作業療法士協会

  • 日本感覚統合学会

  • 日本発達系作業療法学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学会長賞,2012年10月,第32回近畿作業療法学会

  • 優秀演題賞,2019年09月,第53回日本作業療法学会

  • 優秀演題賞,2020年09月,第54回日本作業療法学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 特別支援教育

  • 自閉スペクトラム症児の食に関する行動

競争的資金 【 表示 / 非表示

  • 自閉スペクトラム症児の食に関する行動障がいへの支援法の開発,2020年度,基盤研究(C)

  • 自閉スペクトラム症児の食具操作支援を目的とした深層学習を用いた動作解析,2020年度,RESPECT

  • 通常の学級に在席する児童への作業療法士のコンサルテーション・モデルの実証的研究,2020年度,基盤研究(C)

  • 自閉スペクトラム症児の食に関する行動障がいへの支援法の開発,2019年度,基盤研究(C)

著書 【 表示 / 非表示

  • コラム:感覚過敏・低反応があるお子さんへの食事支援経験,三輪書店(作業療法ジャーナル54巻第10号),2020年09月,単著,中岡和代

論文 【 表示 / 非表示

  • 古典的テスト理論による日本版ADL-focused Occupation-based Neurobehavioral Evaluation(A-ONE)の信頼性と妥当性の検討,作業療法,2021年04月,東 泰弘, 高畑 進一, 兼田 敏克, 中岡 和代, 石原 充

  • VRを用いた視空間認知機能改善のためのお絵描きアプリの開発,研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI),2021年02月,山本 純佳、菅野 正嗣、中岡 和代、内藤 泰男

  • VR空間内でTrail Making Testを実現する注意機能測定アプリケーションの提案と評価,研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI),2021年02月,中村 弓夏、菅野 正嗣、中岡 和代、内藤 泰男

  • 不器用さを呈する学習障害児への作業療法士による学校コンサルテーション,作業療法,2020年10月,倉澤茂樹,立山清美,丹葉寛之,中岡和代,大歳太郎

  • Structural Validity of the Mealtime Behaviour Questionnaire for Children with Autism Spectrum Disorder in Japan,Journal of Physical Therapy Science,2020年03月,Nakaoka K, Takabatake S, Tateyama K, Kurasawa S, Tanba H, Ishii R, Higashi Y, KanedaT

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 特別支援学校小学部教諭との協業による自閉スペクトラム症児の給食場面の食行動への支援経験,第9回学術大会,2021年03月,中岡和代、立山清美、倉澤茂樹、丹葉寛之、原田瞬、宮嶋愛弓

  • 特別支援学校(知的障害区分)小学部児童に対する環境調整による座位への支援  -教員と連携した探索的研究-,第9回学術大会,2021年03月,立山清美、中岡和代、原田瞬

  • Effect of 3-months program with the life goal setting technique for community dwelling older people on the instrumental activities of daily living performances,7th Asia Pacific Occupational Therapy Congress,2020年11月,Yoshimi Yuri, Shinichi Takabatake, Kazuyo Nakaoka

  • Mealtime behaviors of high school students in a special support school,7th Asia Pacific Occupational Therapy Congress,2020年11月,Kazuyo Nakaoka, Kiyomi Tateyama, Shigeki Kurasawa, Hiroyuki Tanba, Shun Harada, Ryouhei Ishii

  • 介護者によるADL評価尺度(認知項目)のRasch分析による信頼性と妥当性の検討―Self Assessment Burden Scale-Cognitive―,第54回日本作業療法学会,2020年09月,兼田 敏克、高畑 進一、東 泰弘、中岡 和代、蕨野 浩

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 作業療法ゼミナールI

  • 作業療法ゼミナールII

  • 作業療法ゼミナールIII

  • 作業療法ゼミナールIV

  • 作業療法ゼミナールⅠ

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,堺市教育委員会外部専門家

  • 2020年度,大阪府教育庁高等学校支援教育力充実事業医療等専門家チーム構成員

  • 2020年度,大阪府立西浦支援学校福祉医療関係人材活用事業,特別非常勤講師

  • 2020年度,羽曳野市教育委員会巡回指導

  • 2019年度,堺市教育委員会外部専門家

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 医療・看護・リハビリ・獣医学

    分野2 : 医療・看護・リハビリ・獣医学

    タイトル : 発達が気になる子どもの食事について

その他学内外の活動情報 【 表示 / 非表示

  • 和泉市立保健センター母子保健研修会講師,2021年02月

  • 合同会社BASEともかな研修会講師,2020年11月

  • 大阪府教育庁高等学校支援教育力充実事業医療等専門家チーム構成員,2020年10月 ~ 継続中

  • 羽曳野市教育委員会巡回相談,2020年09月 ~ 継続中

  • 大阪府立西浦支援学校福祉医療関係人材活用事業特別非常勤講師,2018年06月 ~ 継続中

全件表示 >>