基本情報

写真a

松本 章一

MATSUMOTO Akikazu

マツモト アキカズ


所属組織

物質化学系

職名

教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学研究科

  • 工学域

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料

  • 複合材料・物性

  • 薄膜・表面界面物性

  • 高分子・繊維材料

  • 高分子化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ラジカル重合による高分子構造制御

  • シークエンス制御重合によるポリマーの機能設計

  • リビングラジカル重合による機能性ポリマー材料設計

  • 新規耐熱透明ポリマー材料の開発

  • ビニル系剛直ポリマーの合成と設計

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)シークエンス制御重合によるポリマーの機能設計

    (キーワード) 共重合,ラジカル交互共重合,前末端基制御,高性能高分子,ポリマレイミド

  • (概要)ビニル系剛直ポリマーの合成と設計

    (キーワード) ポリフマル酸エステル,半屈曲性ビニルポリマー,ポリ置換メチレン,ディスプレイ材料,透明耐熱ポリマー

  • (概要)ポリジアセチレンの合成と電子機能設計

    (キーワード) 固相重合,共役ポリマー,導電性ポリマー,有機エレクトロニクス,結晶成長

  • (概要)ラジカル重合による高分子構造制御

    (キーワード) ラジカル重合,高分子合成,精密構造制御,高性能高分子,リビング重合

  • (概要)リビングラジカル重合による機能性ポリマー材料設計

    (キーワード) リビング重合,分子量制御,ブロックポリマー,機能性高分子,高分子構造制御

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,大阪市立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 近畿化学協会

  • 日本化学会

  • 高分子学会

  • アメリカ化学会

  • 日本接着学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Wiley高分子科学賞,2002年10月,高分子学会

  • 平成24年度科学研究費審査委員表彰,2012年10月,日本学術振興会

  • 日本接着学会賞,2013年06月,日本接着学会

  • 近畿化学工業界(きんか誌)エディター賞,2016年12月,近畿化学協会

  • 日本接着学会2019年度論文賞,2018年06月,日本接着学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 接着・粘着、接着材・粘着テープ全般

  • 耐熱性高透明ポリマー材料全般

  • 高分子合成および高分子材料設計全般

著書 【 表示 / 非表示

  • ラジカル重合『高分子材料辞典』,朝倉書店,2021年08月,単著,松本章一

  • ラジカル重合におけるポリマーの立体規則性制御,『ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材料の合成,応用,トラブル対策』(第1章 ラジカル重合の重合理論および反応メカニズム,その解説,第2節),技術情報協会,2020年02月,単著,松本章一

  • リビングラジカル重合を利用した易解体性接着材料の設計,『ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材料の合成,応用,トラブル対策』(第4章 リビングラジカル重合の工業的応用,新技術,機能性微粒子・材料の作成と応用,第4節),技術情報協会,2020年02月,単著,松本章一

  • 透明耐熱ポリマレイミド樹脂のフィルム材料設計と応用,『次世代ディスプレイへの応用に向けた材料、プロセス技術の開発動向』(第2章 フレキシブルディスプレイへ向けた透明樹脂,フィルム, 屈曲性材料の開発動向,第2節),技術情報協会,2020年02月,単著,松本章一

  • 固相重合『基礎高分子科学第2版』 (第3章 高分子の合成,第4節 重合反応の制御,第4項),東京化学同人,2020年01月,共著,松本章一

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Co-continuous Network Polymers Using Epoxy Monolith for the Design of Tough Materials,Scientific Reports,2021年01月,R. TOminaga, Y. Nishimura, Y. Suzuki, Y. Takeda, M. Kotera, A. Matsumoto

  • Interfacial Structure Control and Three-Dimentional X-ray Imaging of an Epoxy Monolith Bonding System with Surface Modification,Langmuir,2020年09月,N. Sakata, Y. Takeda, M. Kotera, Y. Suzuki, A. Matsumoto

  • Different Antifouling Effects of Random and Block Copolymers Comprising 2-Methacryloyloxyethyl Phosphorylcholine and Dodecyl Methacrylate,Eur. Polym. J.,2020年08月,C. Kojima, R. Katayama, T. L. Nguyen, Y. Oki, A. Tsujimoto, S. Yusa, K. Shiraishi, A. Matsumoto

  • Singlet Oxygen Generation from Water-Soluble Fullerene (C60) Complex by Sonication: A Potential Application for Sonodynamic Therapy,Polym. J.,2020年08月,T. L.Nguyen, R. Katayama, Mi. Nishio, C. Kojima, A. Matsumoto, K. Ishihara, S. Yusa

  • 種々のエポキシ樹脂とジアミン硬化剤から得られるエポキシモノリスを用いた金属樹脂接合の耐熱性評価,日本接着学会誌,2020年08月,杉本由佳, 鈴木祥仁, 松本章一

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール

  • 初年次ゼミナール【人間の五感と情報の記録・再生】

  • 応用化学卒業研究

  • 応用化学特殊講義II

  • 応用化学特論III

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,公益社団法人 新科学技術推進協会,アドバイザリーコミッティ委員会委員

  • 2020年度,大阪府教育委員会,府立岸和田高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員

  • 2019年度,公益社団法人 新科学技術推進協会,アドバイザリーコミッティ委員会委員

  • 2019年度,大阪府教育委員会,府立岸和田高等学校スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員会委員

  • 2018年度,公益社団法人 新科学技術推進協会,アドバイザリーコミッティ委員会委員

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 人間の五感と材料:情報の記録と再生の歴史

    概要 : 人類は、古代から現代に至るまで、文字や画像の情報を記録するために様々な材料を利用してきた。さらに、近年、有機エレクトロニクスの技術分野が急激に発展し、文字から画像、そして動画の記録と再生のための様々な方法が開発され、手軽に利用できるようになっている。さらに、最近では、聴覚(音の記録や再生)や視覚(画像の記録や再生)だけにとどまらず、触覚、味覚、嗅覚に関しても最先端での技術開発が進み、人工皮膚を作り出したり、様々な味を再生することが既に可能になっている。講演では、まず、人間の五感のしくみがどうなっているのか

    キーワード : 聴覚、視覚、触覚、味覚、嗅覚、録音、録画、人工皮膚、味センサー、IT、ポリマー材料、3Dプリンタ、有機エレクトロニクス、有機EL、トランジスタ、印刷技術、感性、虹のしくみ

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 高分子材料の基礎と応用1:高分子の構造と主な用途

    概要 : 高分子(ポリマー)材料は身近に使われているだけでなく,電気・電子,光,情報,ライフサイエンス,資源・環境,エネルギーなど様々な分野で重要な材料であり,私たちの日常生活や生命を支えている。本講習では,なぜポリマーが使われているのかを理解するため,化学,物理,バイオの基本事項を含めながら,ポリマー材料の基礎から最新の応用技術や高性能・高機能性先端材料まで,ポリマーの特性や用途,応用について講義する。

    キーワード : 高分子の基礎(ポリマーとは何か,ポリマーの分類と特徴など),高強度ポリマー材料(硬さと強さの違い,高強度繊維など),耐熱ポリマー材料(耐熱性の評価方法など),エンジニアリングプラスチック(具体的なポリマーの種類と特徴など),透明ポリマー材料(基本特性,レンズ,光ファイバー,ディスプレイ用材料など)

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 高分子材料の基礎と応用2:高分子とエレクトロニクス

    概要 : 高分子(ポリマー)材料は身近に使われているだけでなく,電気・電子,光,情報,ライフサイエンス,資源・環境,エネルギーなど様々な分野で重要な材料であり,私たちの日常生活や生命を支えている。本講習では,なぜポリマーが使われているのかを理解するため,化学,物理,バイオの基本事項を含めながら,ポリマー材料の基礎から最新の応用技術や高性能・高機能性先端材料まで,ポリマーの特性や用途,応用について講義する。

    キーワード : 電子機能ポリマー材料(電気伝導基礎,導電性ポリマー,イオン伝導性ポリマー,有機トランジスタ材料,絶縁材料など),光機能ポリマー材料(フォトレジスト材料,光硬化材料,光導電材料,光ディスク材料など),有機EL材料(有機EL材料の開発の歴史,ポリマー系ELデバイスの現状と将来など)

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 高分子材料の基礎と応用3:形で機能する高分子

    概要 : 高分子(ポリマー)材料は身近に使われているだけでなく,電気・電子,光,情報,ライフサイエンス,資源・環境,エネルギーなど様々な分野で重要な材料であり,私たちの日常生活や生命を支えている。本講習では,なぜポリマーが使われているのかを理解するため,化学,物理,バイオの基本事項を含めながら,ポリマー材料の基礎から最新の応用技術や高性能・高機能性先端材料まで,ポリマーの特性や用途,応用について講義する。

    キーワード : 接着・粘着用ポリマー材料(接着と粘着メカニズムの基礎,表面の濡れと接着,生物に学ぶ材料設計,やもり接着のメカニズム),機能性接着剤(工業用接着剤の用途,易解体性接着,ポリマーリサイクルなど),形で機能するポリマー材料(機能性繊維,分離材料など)

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,西宮市立西宮高等学校出張講義「ポリマー材料の基礎と応用、そして未来」,ポリマー材料の基礎と応用、そして未来

  • 2019年度,高分子の基礎と応用講座:わかりやすい高分子入門,高分子とはなにか

  • 2018年度,堺市立中学校出前講義・実験「水と高分子」,実験テーマ「水と高分子」

  • 2018年度,高分子の基礎と応用講座:わかりやすい高分子入門,高分子とはなにか

  • 2017年度,西宮市立西宮高等学校出張講義「人間の五感と情報記録:技術と感性の橋渡し」,人間の五感と情報記録:技術と感性の橋渡し

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 松本章一,鈴木祥仁,谷畑由紀子,2019年03月29日,2020年10月08日,モノリス孔充填型相分離構造体

  • 松本章一,2018年07月12日,熱分解性バインダー用のメタクリル酸エステル系ポリマー及び製品の製造方法

  • 松本章一,2018年06月06日,易解体性アクリル系粘着剤及び一対の部材の分離方法

  • 尾上真悟,杉本健一,松本章一,2018年04月05日,ゴム-基材複合体及びゴム-基材複合体の製造方法

  • 児島千恵,松本章一,2017年07月06日,生体組織透明化法及びその試薬

全件表示 >>