基本情報

写真a

末吉 健志

SUEYOSHI Kenji

スエヨシ ケンジ


所属組織

物質化学系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電気泳動分析

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ミクロスケール電気泳動の高性能化・高感度化

  • ミクロスケール電気泳動技術を駆使した新規バイオアッセイ法の開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ミクロスケール電気泳動の特徴である迅速な物質輸送、高い分離能、オンライン試料濃縮による高感度化、少ない試料量・試薬量をバイオアッセイに応用し、簡便・迅速・高感度な新規バイオアッセイを開発する。

    (キーワード) ミクロスケール電気泳動,ミクロスケールバイオアッセイ,オンライン試料濃縮,酵素活性アッセイ,イムノアッセイ

    (関連する産業分野)酵素医薬品・抗体医薬品分析 (薬学系),ベッドサイド診断 (医学系),微量細胞アッセイ (生命科学)

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会

  • 日本化学会

  • 化学とマイクロ・ナノシステム学会

  • クロマトグラフィー科学会

  • 材料学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,2011年10月,クロマトグラフィー科学会

  • 奨励賞,2014年09月,日本分析化学会

  • 若手優秀賞,2015年06月,化学とマイクロ・ナノシステム学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • キャピラリー電気泳動分析

  • マイクロチップ電気泳動分析

  • ミクロスケール電気泳動バイオアッセイ

論文 【 表示 / 非表示

  • Core–Shell-Structured Gold Nanocone Array for Label-Free DNA Sensing,ACS Applied Nano Materials,2019年,Daiki Kawasaki, Hirotaka Yamada, Kenichi Maeno, Kenji Sueyoshi, Hideaki Hisamoto, Tatsuro Endo

  • Graphene/polyethylene glycol hybrids for single-step immunoassay microdevice,FlatChem,2019年,A. Shirai, K. Sueyoshi, T. Endo, H. Hisamoto

  • TiN-contained polymer-metal core-shell structured nanocone array: Engineering of sensor performance by controlling plasmonic properties,Sensors and Actuators B: Chemical,2019年,Daiki Kawasaki, Kenichi Maeno, Hirotaka Yamada, Kenji Sueyoshi, Hideaki Hisamoto, Tatsuro Endo

  • "Dyed plasticizer": Application to rapid and highly sensitive heparin detection based on PDMS microchannel array devices,The Proceedings of the MicroTAS 2018 Conference,2018年,T. Nishihata, T. Mizuta, K. Sueyoshi, T. Endo, H. Hisamoto

  • A multi-dimensional fractionation microdevice based on digital electrophoresis using convex-concave cartridges,The Proceedings of the MicroTAS 2018 Conference,2018年,Y. Uwagawa, T. Endo, H. Hisamoto, K. Sueyoshi

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【化学物質を”はかる”って?~その社会的意義を考える~】

  • 工業分析化学特論

  • 物理化学序論

  • 物理化学演習IIA