基本情報

写真a

山田 幾也

Yamada Ikuya

ヤマダ イクヤ


所属組織

物質化学系

職名

教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機工業材料

  • 無機材料・物性

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規遷移金属酸化物の高圧合成

  • 電気化学触媒材料の高圧合成

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),京都大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本高圧力学会

  • 日本セラミックス協会

  • 日本結晶学会

  • 電気化学会

  • 日本固体イオニクス学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本高圧力学会奨励賞,2012年11月,日本高圧力学会

  • 日本セラミックス協会進歩賞,2014年06月,日本セラミックス協会

  • GSC奨励賞,2018年06月,新化学技術推進協会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 超高圧合成法を用いた材料開発

論文 【 表示 / 非表示

  • High-Pressure Synthesis of ε-FeOOH from β-FeOOH and its Application to the Water Oxidation Catalyst,RSC Advances,2020年12月,K. Mukai, T. M. Suzuki, T. Uyama, T. Nonaka, T. Morikawa, I. Yamada

  • Facile and Low-Temperature Synthesis of γ-Fe2O3 Nanoparticles with Thermally Stable Ferrimagnetism for Use in Magnetic Recording Tapes,ACS Applied Nano Materials,2020年11月,Takeshi Uyama, Kazuhiko Mukai, and Ikuya Yamada

  • Crystal Structure Refinement of the A-Site-Ordered Double-Perovskite Oxide PrBaCo2O6–δ,Materials Transaactions,2020年08月,H Togano, I. Yamada, S. Kawaguchi

  • Effects of Size and Crystallinity of CaCu3Fe4O12 on Catalytic Activity for Oxygen Evolution Reaction,Materials Transaactions,2020年08月,S. Yagi, K. Wada, J. Yuuki, W. Liu, I. Yamada,

  • Electrocatalytic Activity of Tetravalent Mixed Oxide for Oxygen and Hydrogen Evolution Reactions,Materials Transaactions,2020年08月,M. Kinoshita, I. Yamada, S. Kawaguchi, K. Oka, S. Yagi

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 層状コバルト酸化物CaCo6O11, BaCo6O11の磁性,第1回MPMS3利用成果発表会,2021年03月,戸田文人、山田幾也、河口彰吾

  • 新しい遷移金属酸化物の超高圧合成と磁性,第1回MPMS3利用成果発表会,2021年03月,山田幾也、戸田文人、岡崎湧一

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアル工学実験II

  • マテリアル工学実験III

  • 固体化学特論

  • 物質の構造・組織

  • 物質量子論

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 八木俊介、山田幾也、和田光平,2015年06月01日,2016年12月28日,酸素発生反応用ペロブスカイト酸化物触媒

  • 東正樹、山田幾也,2002年07月25日,2004年02月26日,BiMnO3結晶の合成方法及びBiMnO3結晶合成用の組成物