基本情報

写真a

岡澤 敦司

OKAZAWA Atsushi

オカザワ アツシ


所属組織

応用生命系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://cell-metabolism.sakura.ne.jp

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

  • 生物機能・バイオプロセス

  • 応用生物化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 寄生雑草の防除法の開発

  • 植物の代謝工学研究

  • 植物工場での有用物質生産

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ハマウツボ科の根寄生雑草は,アフリカから地中海沿岸地域にかけて農業に甚大な被害を及ぼしている.本研究では,ハマウツボ科(Orobanchaceae)の根寄生雑草に選択的な除草剤の新規標的を見出すことを目的としている.これまでに,ハマウツボ科ハマウツボ属ヤセウツボ(Orobanche minor)を対象に,その発芽過程における代謝の変化についてメタボローム解析を行った.その結果,特徴的な代謝物としてプランテオース(ショ糖にガラクトースが結合した三糖)を同定し,その代謝がヤセウツボの発芽に必須であることを明らかにした.さらに,プランテオースの代謝がハマウツボ科の根寄生雑草に共通して存在し,この代謝をノジリマイシン(放線菌の生産する抗生物質)によって阻害することで,これらの植物の発芽,もしくは,幼根の伸長を抑制できることを明らかにした.ノジリマイシンの作用点は,ハマウツボ科の根寄生雑草に選択的な除草剤の新規標的と考えられることから,現在,その作用機構の詳細な解析を行っている.

    (キーワード) 寄生植物,除草剤,ハマウツボ科,代謝,発芽

    (関連する産業分野)農薬

  • (概要)リグナン類はフェニルプロパノイドの二量体を基本構造にもつ特化代謝物であり,これらの中には種々の生理活性を示す化合物がある.実際に,機能性食品素材や医薬品の原材料として用いられている化合物が複数存在するにも関わらず,その生合成研究は,他の特化代謝物と比較するとあまり進んでいない.我々は,植物工場などで有用リグナン類を効率よく生産するための代謝工学を進めている.リグナン類の網羅的分析,トランスクリプトーム解析,遺伝子組換え,ゲノム編集,などを要素技術として,シロイヌナズナのような実験モデル植物や,ゴマやレンギョウなどの実用植物を用いて研究を展開している.

    (キーワード) 特化代謝物,二次代謝物,リグナン,配糖化,植物工場

    (関連する産業分野)食品,医薬品

  • (キーワード) 脂質

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  •  

  •  

  • 日本化学会

  • 日本植物生理学会

  • 日本農薬学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 植物化学調節学会奨励賞,2010年,植物化学調節学会

  • 第 7 回日本農芸化学会農芸化学研究企画賞,2010年,日本農芸化学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Chemical control of root parasitic weeds,American Chemical Society,2015年11月,共著,Atsushi Okazawa, Takatoshi Wakabayashi

論文 【 表示 / 非表示

  • Enhanced production of nojirimycin via Streptomyces ficellus cultivation using marine broth and inhibitory activity of the culture for seeds of parasitic weeds,J. Pestic. Sci.,2017年11月,Harada, K., Kurono, Y., Nagasawa, S., Oda, T., Nasu, Y., Wakabayashi, T., Sugimoto, Y., Matsuura, H., Muranaka, S., Hirata, K., Okazawa, A.

  • Seed metabolome analysis of a transgenic rice line expressing cholera toxin B-subunit,Sci. Rep.,2017年07月,Ogawa, T., Kashima, K., Yuki, Y., Mejima, M., Kurokawa, S., Kuroda, M., Okazawa, A., Ohta, D.

  • オミクス解析による根寄生雑草選択的除草剤の標的探索,日本農薬学会誌,2017年02月,岡澤 敦司

  • ゴマの美容・健康成分セサミンと光の関係,微小光学研究会機関誌,2016年12月,岡澤 敦司

  • 藻類の培養における発光ダイオードおよび半導体レーザーの利用,レーザー研究,2016年11月,岡澤 敦司

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分析化学基礎実験

  • 化学B

  • 植物バイオサイエンスインターンシップ

  • 植物化学

  • 植物生理学

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2014年度,一般財団法人バイオインダストリー協会,「バイオサイエンスとインダストリー」トピックス委員

特許 【 表示 / 非表示

  • 岡澤敦司,馬場敦也,2018年02月26日,根寄生植物の防除剤及び防除方法

  • 岡澤敦司,藤川康夫,鶴本智大,2017年04月28日,植物中のフェノール性化合物の増量方法