基本情報

写真a

太田 英輔

OHTA Eisuke

オオタ エイスケ


所属組織

物質化学系

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka5/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能物質化学

  • 有機化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),北海道大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 高分子学会

  • 光化学協会

  • 基礎有機化学会

  • 有機合成化学協会

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Chapter 6 有機光化学の分子理論,丸善出版,2013年07月,共著,水野一彦,池田 浩,太田英輔,狩野佑介,松井康哲,真嶋哲朗,藤塚 守

  • 第3章 高次π空間を利用した革新的機能開発, 1. 「ねじれたπ空間」がもたらす基底および励起ラジカル種の特異な軌道相互作用,シーエムシー出版,2013年03月,共著,狩野佑介,太田英輔,池田 浩

論文 【 表示 / 非表示

  • Elongation of Triplet Lifetime Caused by Intramolecular Energy Hopping in Diphenylanthracene Dyads Oriented to Undergo Efficient Triplet–Triplet Annihilation Upconversion,J. Phys. Chem. B,2021年04月,Kanoh, M.; Matsui, Y.; Honda, K.; Kokuta, Y.; Ogaki, T.; Ohta, E.; Ikeda, H.

  • Triplet–Triplet Annihilation-Photon Upconversion Employing an Adamantane-linked Diphenylanthracene Dyad Strategy,Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry,2020年03月,Matsui, Y.; Kanoh, M.; Ogaki, T.; Ohta, E.; Ikeda, H.

  • Rates of Ring Opening of Radical Cation Intermediates Govern Differences in Thermoluminescence between 1- and 2-Naphthyl-Substituted Methylenecyclopropanes,ChemPhotoChem,2020年01月,Matsui, Y.; Shimono, K.; Takae, K.; Namai, H.; Sera, T.; Ogaki, T.; Ohta, E.; Mizuno, K.; Ikeda, H.

  • Exergonic Intramolecular Singlet Fission of an Adamantane-Linked Tetracene Dyad via Twin Quintet Multiexcitons,The Journal of Physical Chemistry C,2019年07月,Matsui, Y.; Kawaoka, S.; Nagashima, H.; Nakagawa, T.; Okamura, N.; Ogaki, T.; Ohta, E.; Akimbo, S.; Sato-Tomita, A.; Yagi, S.; Kobori Y.; Ikeda, H.

  • 結晶相複合相互作用を利用した発光性有機結晶の創成,光化学,2018年09月,松井康哲,太田英輔,池田 浩

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学外国語演習

  • 化学B

  • 応用化学実験I

  • 応用化学実験II

  • 応用化学実験III

全件表示 >>