基本情報

写真a

小野 俊雄

Ono Toshio

オノ トシオ


所属組織

物理系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 理学系研究科・理学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 磁性物理

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • フラストレーション系

  • 量子スピン系

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) フラストレーション系,量子スピン,低温物性

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本中性子科学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 手島記念博士論文賞,2000年04月,手島工業教育資金団

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • ナノ微粒子の磁性

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎物学実験,東京教学社,2008年04月,共著,江間健司,岡林潤,小野俊雄,垣本史雄,菊池俊行,北島宏輝,常定芳基,松葉健,八尾晴彦

論文 【 表示 / 非表示

  • Ferromagnetism induced in the anisotropic stacked kagome lattice antiferromagnet Cs2Cu3CeF12,Physical Review B,2012年04月,T. Amemiya, I. Umegaki, H. Tanaka, T. Ono, A. Matsuo and K. Kindo

  • Thermodynamic properties of quantum sine-Gordon spin chain system KCuGaF 6,Physical Review B,2012年04月,I. Umegaki, H. Tanaka, T. Ono, M. Oshikawa and K. Sakai

  • Quantum Magnetization Plateau in Spin-1 Triangular-Lattice Antiferromagnet Ba3NiSb2O9,Journal of the Physical Society of Japan,2011年08月,Yutaka Shirata, Hidekazu Tanaka, Toshio Ono, Akira Matsuo, Koichi Kindo, Hiroki Nakano

  • Transition from Bose glass to a condensate of triplons in Tl1-xKxCuCl3,Physical Review B,2011年01月,Fumiko Yamada, Hidekazu Tanaka, Toshio Ono, Hiroyuki Nojiri

  • Pinwheel valence-bond solid and triplet excitations in the two-dimensional deformed kagome lattice,Nature Physics,2010年09月,Kittiwit Matan, Toshio Ono, Yoshiyuki Fukumoto, Taku J. Sato, Jun-ichi Yamaura, Midori Yano, Katsuhiro Morita and Hidekazu Tanaka

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 力学・電磁気学演習I

  • 演示学生実験II

  • 物理科学専門実験

  • 磁性特論II

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 磁石のふしぎ体験実験

    概要 : 磁石と電気を用いたモーターについて,実習を交えて解説する

    キーワード : 磁石,モーター

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 電気・電子・マテリアル

    タイトル : 電流にはたらく力 最も身近な相対論現象

    概要 : 相対性理論は光の速度に近い速さなどが必要な,普段の生活からは縁遠い世界の話だと思われがちである.しかしながら,身の回りにある金属に流れる電流にも,相対論効果による電荷のバランスの崩れによって,力がはたらく.簡単な演示実験を通して身近にある相対論現象について解説する.

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2011年度,なかもず科学の泉,磁石のふしぎ体験実験