基本情報

写真a

藤原 宣夫

FUJIWARA Nobuo

フジワラ ノブオ


所属組織

緑地環境系

職名

教授

上記以外の職名等

教授,教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www009.upp.so-net.ne.jp/nob-fuji/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 園芸学・造園学

  • 生物多様性・分類

  • 生態・環境

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 外来植物の防除

  • 文化的景観の保全・再生

  • 生物多様性に配慮したのり面緑化

  • 緑化による地球温暖化防止への貢献

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 都市計画学会

  • 日本景観生態学会

  • 日本生態学会

  • 日本芝草学会

  • 自然環境復元学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本緑化工学会論文賞,2005年09月,日本緑化工学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • のり面緑化技術の開発

著書 【 表示 / 非表示

  • ダムと環境の科学Ⅲ エコトーンと環境創出,京都大学学術出版会,2014年11月,共著,谷田一三,江崎保男,一柳英隆,藤原宣夫 他

  • 災害学習ー東日本大震災から学んだことを活かすー,学報社,2014年09月,共著,藤原宣夫,杉戸真太,木呂子豊彦 他

  • 未来につなぐビオトープ施工技術,学報社,2012年02月,共著,藤原宣夫

  • 中野方町坂折の棚田文化的景観調査報告書,恵那市教育委員会,2011年03月,共著,藤原宣夫

  • 写真で見る自然環境再生,オーム社,2011年01月,共著,相田明・藤原宣夫

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 公園緑地と地球温暖化への対応,環境情報科学,2013年03月,藤原宣夫

  • 東日本大震災復興支援緊急調査報告 平野部海岸地域の津波被害及び丘陵部地域の宅地被害:宮城県仙台市,ランドスケープ研究,2011年10月,加我宏之・長濱伸貴・藤原宣夫

  • 家庭でつくる「緑のカーテン」に適する植物の選定,平成21年度日本造園学会中部支部大会研究発表要旨集,2009年,足立健一郎・藤原宣夫・相田明

  • 岐阜県恵那市坂折棚田における地域・学校・NPOの協働による棚田ビオトープづくり,造園技術報告集,2009年,相田明・藤原宣夫

  • 日本における都市樹木のCO2固定量算定式,日本緑化工学会誌,2009年,藤原宣夫

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【生業(なりわい)が産み出した美しい景観:重要文化的景観を探る】

  • 卒業研究

  • 専攻セミナーI

  • 専攻セミナーII

  • 植物生態学

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2014年度,公益財団法人大阪みどりのトラスト協会,三草山ゼフィルスの森保全検討会議

  • 2014年度,和泉市信太山丘陵市有地保全・活用検討ワークショップ

  • 2014年度,国土環境緑化連合会,アドバイザー

  • 2014年度,枚方市花と緑のまちづくり事業選定審査会,委員長

  • 2013年度,一般財団法人公園財団,研究顧問

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 動物・植物・バイオ

    分野2 : 歴史・地理・倫理・社会

    タイトル : 外来植物の功罪

    概要 : 緑化用植物を例にした外来植物の利用と課題

    キーワード : 特定外来生物

  • 分野1 : 動物・植物・バイオ

    分野2 : ことば・文学・哲学・文化・芸術

    タイトル : 植物の名前の由来

    概要 : 日本の植物の名前の由来や逸話の紹介

    キーワード : 植物和名

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,学問分野説明,私立関西大倉高等学校「高校内ガイダンス」

  • 2013年度,模擬授業,夢ナビライブ2013 in OSAKA

  • 2012年度,高大連携授業公開講座,植物生態学