基本情報

写真a

牧浦 理恵

Makiura Rie

マキウラ リエ


所属組織

物質化学系

職名

准教授

ホームページ

http://www.mtr.osakafu-u.ac.jp/makiura/index.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 複合材料・表界面工学

  • 薄膜・表面界面物性

  • ナノ材料化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ヘテロナノ構造を利用したエネルギー材料の創製

  • 分子システムを基盤とした表面/界面ナノ構造体の創製と機能開拓

  • 分子性フレーム材料を用いた2次電池の界面制御とイオン伝導体の創製

  • 分子構成ユニットを用いたナノ薄膜の作製

  • 分子配列の精密制御とナノヘテロジャンクションの構築

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 分子科学会

  • 日本化学会

  • 錯体化学会

  • 高分子学会

  • コロイドおよび界面化学部会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞,2014年04月,文部科学省

  • 平成25年度 女性化学者奨励賞,2014年03月,日本化学会

  • 優秀講演賞(学術),2012年04月,日本化学会

  • 講演奨励賞,2009年09月,応用物理学会

  • 優秀講演賞(産業),2009年05月,日本化学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Controlled release of DNA from zinc and magnesium ion-doped hydroxyapatites,Research on Chemical Intermediate,2017年,C. Kojima, K. Watanabe, H. Murata, Y. Nishio, R. Makiura, K. Matsunaga, A. Nakahira

  • Solution-based bottom-up synthesis of uniform-size SrTiO3 nanocubes,Research on Chemical Intermediate,2017年,Rie Makiura

  • Solution-based sequential modification of LiCoO2 particle surfaces with iron(II) oxalate nanolayers,CrysEngComm,2017年,Yuki Kishimoto, So Yubuchi, Akitoshi Hayashi, Masahiro Tatsumisago and Rie Makiura

  • External stimulation-controllable heat-storage ceramics,Nature Communications,2015年,H. Tokoro, M. Yoshikiyo, K. Imoto, A. Namai, T. Nasu, K. Nakagawa, N. Ozaki, F. Hakoe, K. Tanaka, K. Chiba, R. Makiura, K. Prassides, S. Ohkoshi

  • Liquid-phase step-by-step growth of an iron cyanide coordination framework on LiCoO2 particle surfaces,Dalton Transactions,2015年,R. Makiura, S. Teragawa, K. Tsuchiyama, A. Hayashi, K. Tadanaga, M. Tatsumisago

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアルと社会

  • マテリアル工学実験I

  • 機能性材料設計学特論