基本情報

写真a

井澤 武史

Izawa Takeshi

イザワ タケシ


所属組織

獣医系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/path/path.html

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 獣医病理学

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 獣医病理学,比較病理学,診断病理学,毒性病理学,実験病理学,分子病理学,肝臓病理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 慢性肝疾患における病態進展機構の解明(Elucidation of the mechanism underlying progression of chronic liver diseases)

  • 薬剤性肝障害の分子メカニズム解明(Elucidation of the molecular mechanism for drug-induced liver injury)

技術相談・技術指導可能項目情報 【 表示 / 非表示

  • 病理標本作製(Preparation for histopathological specimen),病理組織評価(Histopathological evaluation),免疫組織化学(Immunohistochemistry/multi-color immunofluorescence),In situ hybridization,Laser microdissection

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)などの慢性肝疾患の病態修飾機構の解明,ならびに慢性肝疾患における薬剤性肝障害の感受性変化について,研究を進めている。

    (キーワード) 慢性肝疾患,鉄過剰,非アルコール性脂肪性肝疾患,薬剤性肝傷害

    (関連する産業分野)医薬品開発・安全性評価

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学,生命環境科学研究科,獣医学専攻,博士,2006年04日 ~ 2010年03日,修了

出身学校・専攻等(大学院を除く) 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学,農学部,獣医学科,その他,2000年04月 ~ 2006年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 獣医学博士,大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本獣医学会

  • 日本毒性病理学会

  • 日本獣医病理学会

  • 日本獣医病理学専門家協会

  • 日本毒性学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第145回日本獣医学会学術集会ベストプレゼンテーション賞,2008年03月,日本獣医学会

  • 日本獣医病理学会優秀論文賞,2011年03月,日本獣医病理学会

  • 日本鉄バイオサイエンス学会学術奨励賞,2019年09月,日本鉄バイオサイエンス学会

  • 2019年グッドレビュワー賞,2020年09月,日本獣医学会

  • 2020年グッドレビュワー賞,2021年09月,日本獣医学会

研究職歴 【 表示 / 非表示

  • 助教,2010年04月01日 ~ 2015年03月31日

  • 准教授,2015年04月01日 ~

 

科研費 【 表示 / 非表示

  • 鉄過剰による新規肝保護機構の解明,2020年度,基盤研究(C)

著書 【 表示 / 非表示

  • 動物病理学各論 第3版,日本獣医病理学専門家協会(JCVP),2021年03月,共著,中山 裕之 他

  • 動物病理カラーアトラス 第2版,文永堂出版(日本獣医病理学専門家協会編),2018年01月,共著,中山 裕之 他

論文 【 表示 / 非表示

  • Expression of CCDC85C, a causative protein for hydrocephalus, and intermediate filament proteins during lateral ventricle development in rats,Experimental Animals,2022年,Hasan MM, Konishi S, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuwamura M.

  • Possible cytoprotection of low dose lipopolysaccharide in rat thioacetamide-induced liver lesions, focusing on the analyses of hepatic macrophages and autophagy,Toxicologic Pathology,2022年,Pervin M, Karim MR, Kuramochi M, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.

  • IL-19 contributes to the development of nonalcoholic steatohepatitis by altering lipid metabolism,Cells,2021年12月,Azuma YT, Fujita T, Izawa T, Hirota K, Nishiyama K, Ikegami A, Aoyama T, Ike M, Ushikai Y, Kuwamura M, Fujii H, Tsuneyama K.

  • Systemic anaplastic large T-cell lymphoma with initial presentation of dysuria in a dog,Journal of Comparative Pathology,2021年11月,Kaneguchi A, Izawa T, Tanaka M, Suzuki H, Tani H, Kuwamura M, Yamate J

  • Properties of macrophages and lymphocytes appearing in rat renal fibrosis followed by repeated injection of cisplatin,The Journal of veterinary medical science,2021年09月,Matsuyama S, Pervin M, Nakagawa M, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • 非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の 病態進展に関わる鉄過剰の役割,日本薬理学雑誌,2019年08月,新 真智,井澤 武史,桑村 充,山手 丈至

  • Histopathological analysis of rat hepatotoxicity based on macrophage functions: in particular, an analysis for thioacetamide-induced hepatic lesions,Food Safety,2016年09月,Yamate J, Izawa T, Kuwamura M

  • Pathogenesis of the type 2 of epithelial to mesenchymal transition (EMT) in renal and hepatic fibrosis,Journal of Clinical Medicine,2016年01月,Tennakoon AH, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J

  • Dysferlin and animal models for dysferlinopathy,Journal of Toxicologic Pathology,2012年06月,Kobayashi K, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 毒性病理学

  • 毒性病理学実習

  • 獣医病理学A

  • 獣医病理学B

  • 獣医病理組織学実習

全件表示 >>

院生論文発表情報 【 表示 / 非表示

  • Analyses of hemorrhagic diathesis in high-iron diet-fed rats,2021年02月,Inai Y, Izawa T, Mori M, Atarashi M, Tsuchiya S, Kuwamura M, Yamate J.,Journal of Toxicologic Pathology

  • PHF24 is expressed in the inhibitory interneurons in rats,2021年02月,Numakura Y, Uemura R, Tanaka M, Izawa T, Yamate J, Kuramoto T, Kaneko T, Mashimo T, Yamamoto T, Serikawa T, Kuwamura M.,Experimantal Animals

  • Dietary iron overload differentially modulates chemically-induced liver injury in rats,2020年09月,Mori M, Izawa T, Inai Y, Aikawa R, Fujiwara S, Kuwamura M, Yamate J.,Nutrients

  • Participation of somatic stem cells, recognized by a unique A3 antibody, in mucosal epithelial regeneration in dextran sulfate sodium (DSS)-induced rat colonic lesions,2020年06月,Nishina H, Kato-Ichikawa C, Kuramochi, M, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.,Toxicologic Pathology

  • Participation of somatic stem cells, labeled by a unique antibody (A3) recognizing both n-glycan and peptide, to hair follicle cycle and cutaneous wound healing in rats,2020年05月,Katou-Ichikawa C, Nishina H, Tanaka M, Takenaka S, Izawa T, Kuwamura M, Yamate J.,International journal of molecular sciences

 

その他学内外の活動情報 【 表示 / 非表示

  • 獣医病理学研修セミナー「りんくうゼミ」の主催,2010年07月 ~ 継続中