基本情報

写真a

古家 優

Furuya Masaru

フルヤ マサル


所属組織

獣医系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床獣医学

  • 腫瘍診断学

  • 腫瘍治療学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 伴侶動物における新規腫瘍抗原の同定と診断・治療への応用

  • 腫瘍微小環境が抗癌剤耐性獲得に及ぼす影響の解明

  • ニワトリ消化管寄生原虫の感染防御機構の解明

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 腫瘍抗原,腫瘍マーカー,腫瘍免疫療法

  • (キーワード) 熱ショックタンパク質,分子シャペロン,腫瘍

  • (キーワード) 犬,リンパ腫,診断マーカー,化学療法

  • (キーワード) 消化管寄生原虫,宿主細胞侵入

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大阪府獣医師会

  • 日本獣医学会

  • 動物臨床医学会

  • 日本獣医がん学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 伴侶動物における腫瘍特異的抗原の探索と診断・治療への応用

著書 【 表示 / 非表示

  • 薬用量マニュアル 第4版,学窓社,2016年10月,共著,中山智宏, 佐伯潤, 長崎淳一 監修

  • 小動物の臨床栄養学 第5版,インターズー,2014年03月,共著,岩﨑利郎, 辻本元 監訳

論文 【 表示 / 非表示

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases,Vet Immunol Immunopathol,2019年,Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H

  • Prevalence of micro-organisms associated with feline gingivostomatitis,J Feline Med Surg,2019年,1. Nakanishi H, Furuya M*, Soma T, Hayashiuchi Y, Yoshiuchi R, Matsubayashi M, Tani H, Sasai K

  • Outcome of limb fracture repair in rabbits: 139 cases (2007-2015),J Am Vet Med Assoc,2018年,2. Sasai H, Fujita D, Seto E, Denda Y, Imai Y, Okamoto K, Okamura K, Furuya M*, Tani H, Sasai K

  • Report of fatal mixed infection with Cryptosporidium parvum and Giardia intestinalis in neonatal calves,Acta Parasitol,2017年,Matsuura Y, Matsubayashi M, Nukata S, Shibahara T, Ayukawa O, Kondo Y, Matsuo T, Uni S, Furuya M, Tani H, Tsuji N, Sasai K

  • A Serological Survey of Leptospira spp., Antibodies in Wild Raccoons (Procyon lotor) in Osaka, Japan,Asian J Anim Vet Adv,2016年,Saeki J, Nakanishi H, Masubuchi K, Matsubayashi M, Furuya M, Tani H, Sasai K

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 獣医内科学実習

  • 獣医内科学総論

  • 獣医内科臨床

  • 獣医消化器病学

  • 獣医皮膚病学

全件表示 >>