基本情報

写真a

古家 優

Furuya Masaru

フルヤ マサル


所属組織

獣医系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 応用獣医学

  • 臨床獣医学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ニワトリ消化管寄生原虫の感染防御機構の解明

  • 伴侶動物の悪性腫瘍に発現する特異的抗原の探索とその臨床応用

  • 伴侶動物の自己免疫疾患に関連する抗原の探索

  • 新規腫瘍抑制遺伝子Amidaノックアウトマウスの解析

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 消化管寄生原虫,宿主細胞侵入

  • (キーワード) 腫瘍抗原,腫瘍マーカー,癌免疫療法

  • (キーワード) 自己免疫疾患,自己抗体

  • (キーワード) 腫瘍抑制遺伝子,アポトーシス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大阪府獣医師会

  • 日本獣医学会

  • 動物臨床医学会

  • 日本獣医がん学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 伴侶動物における腫瘍特異的抗原の探索

  • 伴侶動物の自己免疫疾患の原因となる抗原の探索

  • 新規癌抑制遺伝子Amidaノックアウトマウスの表現型解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Elongation Factor-1α is a Novel Protein Associated with Host Cell Invasion and a Potential Protective Antigen of Cryptosporidium parvum.,J Biol Chem.,2013年,Matsubayashi M, Kimata I, Uni S, Lillehoj HS, Matsuda H, Furuya M, Tani H, and Sasai K.

  • Identification of novel tumor-associated antigens in canine mammary gland tumor.,Vet Comp Oncol.,2013年,Furuya M, Funasaki M, Tani H, Sasai K.

  • Infectivity of Cryptosporidium andersoni Kawatabi type relative to the small number of oocysts in immunodeficient and immunocompetent neonatal and adult mice.,Parasitol. Int.,2013年,Koyashiki-Nagano S, Matsubayashi M, Kimata I, Furuya M, Tani H, Sasai K.

  • Effect of low pH on the morphology and viability of Cryptosporidium andersoni sporozoites and histopathology in the stomach of infected mice.,Int. J. Parasitol.,2011年,Matsubayashi M, Ando H, Kimata I, Takase H, Nakagawa H, Furuya M, Tani H, Sasai K

  • Phylogenetic identification of Cystoisospora spp. from dogs, cats, and raccoon dogs in Japan.,Vet. Parasitol.,2011年,Matsubayashi M, Carreno RA, Tani H, Yoshiuchi R, Kanai T, Kimata I, Uni S, Furuya M, Sasai K

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 獣医内科学実習

  • 獣医内科臨床

  • 生物学実験

  • 先端的小動物臨床学B

  • 獣医内科臨床

全件表示 >>