基本情報

写真a

古家 優

Furuya Masaru

フルヤ マサル


所属組織

獣医系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床獣医学

  • 腫瘍診断学

  • 腫瘍治療学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 伴侶動物における新規腫瘍抗原の同定と診断・治療への応用

  • 腫瘍微小環境が抗癌剤耐性獲得に及ぼす影響の解明

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 腫瘍抗原,腫瘍マーカー,腫瘍免疫療法

  • (キーワード) 熱ショックタンパク質,分子シャペロン,腫瘍

  • (キーワード) 犬,リンパ腫,診断マーカー,化学療法

  • (キーワード) 消化管寄生原虫,宿主細胞侵入

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 大阪府獣医師会

  • 日本獣医学会

  • 動物臨床医学会

  • 日本獣医がん学会

  • 米国獣医がん学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • Best Presentation Award,2015年11月,Asian Meeting of Animal Medical Specialties 2015

  • Best Presentation Award,2019年10月,Asian Meeting of Animal Medical Specialties 2019

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 伴侶動物における腫瘍特異的抗原の探索と診断・治療への応用

著書 【 表示 / 非表示

  • 犬の治療ガイド2020 私はこうしている,EDUWARD Press,2020年08月,共著,辻本 元, 小山秀一, 大草 潔, 中村篤史 編集

  • 猫の治療ガイド2020 私はこうしている,EDUWARD Press,2020年08月,共著,辻本 元, 小山秀一, 大草 潔, 中村篤史 編集

  • 犬と猫の耳鼻咽喉疾患,緑書房,2020年05月,未設定,嶋田照雅 監訳

  • 犬と猫の検査・手技ガイド2019 私はこう読む,EDUWARD Press,2019年04月,共著,辻本 元, 小山秀一, 大草 潔, 兼島 孝, 中村篤史 編集

  • 薬用量マニュアル 第4版,学窓社,2016年10月,共著,中山智宏, 佐伯潤, 長崎淳一 監修

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Canine idiopathic chylothorax: Anatomic characterization of the pre- and postoperative thoracic duct using computed tomography lymphography.,Vet Radiol Ultrasound.,2021年03月,Kanai H, Furuya M, Yoneji K, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K.

  • HSP110 expression in canine mammary gland tumor and its correlation with histopathological classification and grade.,Vet Immunol Immunopathol.,2021年02月,Okada S, Furuya M, Fukui-Kaneshige A, Nakanishi H, Tani H, Sasai K.

  • Whole-genome analyses of extended-spectrum or AmpC β-lactamase-producing Escherichia coli isolates from companion dogs in Japan.,PLoS One,2021年02月,Yasugi M, Hatoya S, Motooka D, Matsumoto Y, Shimamura S, Tani H, Furuya M, Mie K, Miyake M, Nakamura S, Shimada T.

  • Efficacy of en bloc thoracic duct ligation in combination with pericardiectomy by video-assisted thoracoscopic surgery for canine idiopathic chylothorax.,Vet Surg.,2020年06月,Kanai H, Furuya M, Hagiwara K, Nukaya A, Kondo M, Aso T, Fujii A, Sasai K.

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases,Vet Immunol Immunopathol,2019年,Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Molecular role of heat shock protein 110 in canine mammary grand tumor,Asian Meeting of Animal Medical Specialties 2019,2019年10月,Furuya M, Fukui-Kaneshige A, Okada S, Tani H, Sasai K.

  • イヌの乳腺腫瘍におけるHSP110の発現動態の解析,第162回 日本獣医学会学術集会,2019年09月,岡田 悟, 古家 優, 谷 浩行, 笹井和美

  • 尿管に発生した尿路上皮乳頭腫の犬の1例,第98回 日本獣医麻酔外科学会,2019年06月,井上侑花, 平田翔吾, 田中美有, 桑村 充, 金城綾二, 古家 優, 北原崇弘, 山崎裕毅, 飯盛安真, 三重慧一郎, 西田英高, 秋吉秀保

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【人と動物のつながりを考えよう】

  • 獣医内科学実習

  • 獣医内科学総論

  • 獣医内科臨床

  • 獣医消化器病学

全件表示 >>