基本情報

写真a

日根野谷 淳

Hinenoya Atsushi

ヒネノヤ アツシ


所属組織

獣医系

職名

准教授

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/intpre/Top.html

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Escherichia albertiiの病原性および分子疫学研究

  • 大腸菌が産生する細胞膨化致死毒素の病原性に関する研究

  • 志賀毒素産生性大腸菌の病原性に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 志賀毒素,大腸菌,下痢症

  • (キーワード) 細胞膨化致死毒素,大腸菌,下痢症

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ微生物学会

  • トキシンシンポジウム

  • 日本獣医学会

  • 日本細菌学会

  • 腸管出血性大腸菌感染研究会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,2011年07月,腸管出血性大腸菌感染症研究会

  • 研究奨励賞,2016年11月,腸管出血性大腸菌感染症研究会

  • 黒屋奨学賞,2021年03月,日本細菌学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • ベトナムの養鶏場における薬剤耐性菌の現状,日本防菌防黴学会,2018年12月,未設定,日根野谷淳

  • 消化管感染症の発症メカニズム(下痢原性大腸菌),化学療法の領域,2016年09月,共著,山崎伸二, 日根野谷淳

  • カンピロバクター感染症,医学書院,2014年07月,共著,山崎伸二、日根野谷淳

  • Inhibition of virulence potential of Vibrio cholerae by natural compounds,Indian J Med Res,2011年02月,共著,S Yamasaki, M. Asakura, S.B. Neogi, A Hinenoya, E Iwaoka, S Aoki

  • Molecular epidemiology of Vibrio cholerae and campylobacters isolated in Asian countries,Springer,2010年02月,単著,S Yamasaki, M Asakura, S Shiramaru, A Hinenoya, W Samosornsuk, L Shi, T Ramamurthy

論文 【 表示 / 非表示

  • Detection, isolation and molecular characterization of Escherichia albertii in wild birds in West Japan.,Japanese Journal of Infectious Diseases,2022年,Hinenoya A, Awasthi SP, Yasuda N, Nagano K, Hassan J, Takehira K, Hatanaka N, Saito S, Watabe T, Yoshizawa M, Inoue H, Yamasaki S

  • Identification of a recently dominant sublineage in Salmonella 4,[5],12:i:-sequence type 34 isolated from food animals in Japan.,Frontier in Microbiology,2021年07月,Arai N, Sekizuka T, Tamamura-Andoh Y, Barco L, Hinenoya A, Yamasaki S, Iwata T, Watanabe-Yanai A, Kuroda M, Akiba M, Kusumoto M

  • Prevalence, serovar and antimicrobial resistance of non-typhoidal Salmonella in vegetable, fruit and water samples in Ho Chi Minh City, Vietnam.,Foodborne Pathog Dis,2021年05月,Nguyen DTA, Awasthi SP, Hoang PH, Nguyen PD, Hassan J, Hatanaka N, Hinenoya A, Dang CV, Faruque SM, Yamasaki S

  • Prevalence, O-genotype and Shiga toxin (Stx) 2 subtype of Stx-producing Escherichia coli strains isolated from Argentinean beef cattle.,J Vet Med Sci,2021年04月,Okuno K, Awasthi SP, Kopprio GA, Iguchi A, Hatanaka N, Hinenoya A, Lara RJ, Yamasaki S

  • Quantification of cholix exotoxin, an ADP-ribosylating factor in Vibrio cholerae strains by developed sandwich bead-ELISA.,J Med Microbiol,2021年04月,Awasthi SP, Chowdhury N, Hatanaka N, Hinenoya A, Ramamurthy T, Asakura M, Yamasaki S

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Survey of Escherichia albertii in wild birds in Japan.,第94回日本細菌学会総会,2021年03月,A. Hinenoya, S.P. Awasthi, N. Yasuda, K. Nagano, J. Hassan, K. Takehira, N. Hatanaka, H. Inoue, S. Yamasaki

  • 新興人獣共通感染症細菌Escherichia albertiiの検査法開発およびその応用,第94回日本細菌学会総会,2021年03月,日根野谷淳

  • 新興腸管感染症起因菌Escherichia albertiiの検査法と新たに見えてきたこと,第93回日本細菌学会総会,2020年02月,日根野谷淳

  • Development of detection, isolation and identification methods for Escherichia albertii.,54th Annual Joint Panel Meeting on Cholera and Other Bacterial Enteric Infections.,2019年12月,A. Hinenoya, H. Ichimura, K. Nagano, S.P. Awasthi, N. Yasuda, K. Okuno, N. Hatanaka, S. Harada, K. Yamada, M. Suzuki, Y. Iijima, M.J. Albert, J. Yatsuyanagi, A. Nagita, S. Yamasaki.

  • 新興人獣共通感染症細菌Escherichia albertiiの自然宿主同定の試み,第23回腸管出血性大腸菌感染症研究会,2019年11月,日根野谷淳、長野恵吾、S.P. Awasthi、畑中律敏、山崎伸二

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 国際食料流通演習

  • 感染症制御学特別講義C

  • 獣医伝染病学B

  • 獣医国際防疫学

  • 獣医微生物・免疫学実習

全件表示 >>

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 山崎伸二、日根野谷淳,2017年07月01日,選択分離用培地

  • 山崎伸二、日根野谷淳、森河内巌、山口葵、櫻本行利、西田和正、朝倉昌博,2012年05月31日,消毒された肝臓の製造方法