基本情報

写真a

日根野谷 淳

Hinenoya Atsushi

ヒネノヤ アツシ


所属組織

獣医系

職名

准教授

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/intpre/Top.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌学(含真菌学)

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • Escherichia albertiiの病原性および分子疫学研究

  • 大腸菌が産生する細胞膨化致死毒素の病原性に関する研究

  • 志賀毒素産生性大腸菌の病原性に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 志賀毒素,大腸菌,下痢症

  • (キーワード) 細胞膨化致死毒素,大腸菌,下痢症

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(獣医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ微生物学会

  • トキシンシンポジウム

  • 日本獣医学会

  • 日本細菌学会

  • 腸管出血性大腸菌感染研究会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 研究奨励賞,2011年07月,腸管出血性大腸菌感染症研究会

  • 研究奨励賞,2016年11月,腸管出血性大腸菌感染症研究会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 消化管感染症の発症メカニズム(下痢原性大腸菌),化学療法の領域,2016年09月,共著,山崎伸二, 日根野谷淳

  • カンピロバクター感染症,医学書院,2014年07月,共著,山崎伸二、日根野谷淳

  • Inhibition of virulence potential of Vibrio cholerae by natural compounds,Indian J Med Res,2011年02月,共著,S Yamasaki, M. Asakura, S.B. Neogi, A Hinenoya, E Iwaoka, S Aoki

  • Molecular epidemiology of Vibrio cholerae and campylobacters isolated in Asian countries,Springer,2010年02月,単著,S Yamasaki, M Asakura, S Shiramaru, A Hinenoya, W Samosornsuk, L Shi, T Ramamurthy

論文 【 表示 / 非表示

  • Accurate identification of Escherichia albertii by matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry.,Journal of Microbiological Methods,2020年06月,Hatanaka N, Awasthi SP, Hinenoya A, Ueda O, Yamasaki S

  • Chlorous acid is a more potent antibacterial agent than sodium hypochlorite against Campylobacter.,Food Control,2020年05月,Hatanaka N, Awasthi SP, Goda H, Kawata H, Uchino Y, Kubo T, Aoki S, Hinenoya A, Yamasaki S

  • Development of XRM-MacConkey agar selective medium for the isolation of Escherichia albertii.,Diagnostic Microbiology and Infectious Disease,2020年05月,Hinenoya A, Nagano K, Okuno K, Nagita A, Hatanaka N, Awasthi SP, Yamasaki S

  • Development of a specific cytolethal distending toxin (cdt) gene (Eacdt)-based PCR assay for the detection of Escherichia albertii.,Diagn Microbiol Infect Dis,2019年10月,Hinenoya A, Ichimura H, Yasuda N, Harada S, Yamada K, Suzuki M, Iijima Y, Nagita A, Albert MJ, Hatanaka N, Awasthi SP, Yamasaki S

  • Extended-spectrum beta-lactamase-producing Escherichia coli harboring sul and mcr-1 genes isolates from fish gut contents in the Mekong delta, Vietnam.,Letters in Applied Microbiology,2019年09月,Tran HTT, Nakayama T*, Huyen HM, Harada K, Hinenoya A, Phuong NT, Yamamoto Y.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 国際食料流通演習

  • 感染症制御学特別講義C

  • 獣医国際防疫学

  • 獣医感染制御学実習

  • 獣医細菌学

全件表示 >>

 

特許 【 表示 / 非表示

  • 山崎伸二、日根野谷淳,2017年07月01日,選択分離用培地

  • 山崎伸二、日根野谷淳、森河内巌、山口葵、櫻本行利、西田和正、朝倉昌博,2012年05月31日,消毒された肝臓の製造方法