基本情報

写真a

手塚 孝弘

Tezuka Takahiro

テヅカ タカヒロ


所属組織

応用生命系

職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://shyokoi.wixsite.com/plantbreeding

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 遺伝育種科学

  • 遺伝・染色体動態

  • 生物多様性・分類

  • 園芸科学

研究分野を表す研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 植物育種

  • 遠縁交雑

  • 生殖的隔離機構

  • 交雑障壁

  • 雑種致死

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 植物の遠縁交雑育種と生殖隔離に関する研究

  • 植物の種間交雑で認められる雑種致死・雑種弱勢に関する研究

  • 植物の種間・倍数性間交雑における種子発育不全に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 雑種致死,雑種弱勢,種間雑種,プログラム細胞死

  • (キーワード) 種子発育不全

  • (キーワード) 遠縁交雑,生殖隔離

  • (キーワード) タバコ属,トウガラシ属,イネ

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 茨城大学,農学研究科,資源生物科学専攻,修士,2001年04日 ~ 2003年03日,修了

  • 東京農工大学,連合農学研究科,生物生産学専攻,博士,2003年04日 ~ 2006年03日,修了

出身学校・専攻等(大学院を除く) 【 表示 / 非表示

  • 茨城大学,農学部,資源生物科学科,大学,1997年04月 ~ 2001年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),東京農工大学

  • 修士(農学),茨城大学

  • 学士(農学),茨城大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本育種学会

  • 日本植物バイオテクノロジー学会

  • 近畿作物・育種研究会

  • 園芸学会

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • 近畿作物・育種研究会,シンポジウム委員,2008年04月 ~ 2012年03月

  • 近畿作物・育種研究会,シンポジウム委員,2016年04月 ~ 継続中

研究職歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科講師,2015年04月01日 ~

  • 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科助教,2008年04月01日 ~ 2015年03月31日

  • 茨城県農業総合センター生物工学研究所流動研究員,2006年04月01日 ~ 2008年03月31日

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 植物の分子マーカー利用育種に関する研究

  • 植物の生殖隔離に関する研究

競争的資金 【 表示 / 非表示

  • 植物の種間・倍数性間交雑において種子発育不全が誘発する子房落下現象の分子機構解明,2020年度,基盤研究(C)

  • トウガラシ属の種間雑種植物に認められる受精後交雑障壁の解明,2019年度,若手研究(B)

  • トウガラシ属の種間雑種植物に認められる受精後交雑障壁の解明,2018年度,若手研究(B)

  • トウガラシ属の種間雑種植物に認められる受精後交雑障壁の解明,2017年度,若手研究(B)

  • イネにおける全3雑種弱勢現象の多様性と普遍性の遺伝育種学,2014年度,基盤研究(C)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Herbaceous Plants: Cultivation Methods, Grazing and Environmental Impacts,Nova Science Publishers, New York,2013年05月,共著,Takahiro Tezuka*

  • Botany,InTech, Rijeka, Croatia,2012年03月,共著,Takahiro Tezuka*

論文 【 表示 / 非表示

  • The role of chaperone complex HSP90-SGT1-RAR1 as the associated machinery for hybrid inviability between Nicotiana gossei Domin and N. tabacum L.,Gene,2021年04月,Yushi Katsuyama, Mizuho Doi, Sachi Shioya, Sanae Hane, Momoko Yoshioka, Shuichi Date, Chika Miyahara, Tomomichi Ogawa, Ryo Takada, Hanako Okumura, Rie Ikusawa, Sakihito Kitajima, Kenji Oda, Kenji Sato, Yoshikazu Tanaka, Takahiro Tezuka, Masanobu Mino*

  • Phylogenetic analysis and molecular diversity of Capsicum based on rDNA-ITS region,Horticulturae,2020年11月,Kumpei Shiragaki, Shuji Yokoi, Takahiro Tezuka*

  • A hypersensitive response-like reaction is involved in hybrid weakness in F1 plants of the cross Capsicum annuum × Capsicum chinense,Breeding Science,2020年09月,Kumpei Shiragaki, Shuji Yokoi, Takahiro Tezuka*

  • Phenylalanine ammonia-lyase and phenolic compounds are related to hybrid lethality in the cross Nicotiana suaveolens × N. tabacum,Plant Biotechnology,2020年09月,Kumpei Shiragaki, Rie Nakamura, Shigeki Nomura, Hai He, Tetsuya Yamada, Wataru Marubashi, Masayuki Oda, Takahiro Tezuka*

  • A high maternal genome excess causes severe seed abortion leading to ovary abscission in Nicotiana interploidy-interspecific crosses,Plant Direct,2020年08月,Hai He, Shuji Yokoi, Takahiro Tezuka*

全件表示 >>

他研究活動(総説等)情報 【 表示 / 非表示

  • 植物の生殖隔離機構解明に向けて ―多様性と統一性―,育種学研究,2019年06月,手塚孝弘*・一谷勝之・松本雄一・何海・木下哲・宅見薫雄・久保山勉

  • タバコ栽培種とSuaveolentes節に属するタバコ野生種との種間雑種に認められる雑種致死,作物研究,2011年07月,手塚孝弘*・丸橋亘

  • メロン遺伝資源Cucumis属野生種の特性評価,茨城県農業総合センター生物工学研究所研究報告,2009年03月,松本雄一・高津康正・宮本健次・手塚孝弘・坂田好輝・宮城慎

  • DNAマーカーを用いた緑肉ネット系メロン「ひたち交3号」の判別法,平成20年度「関東東海北陸農業」研究成果情報,2008年,石川友子・宮城慎・葛谷真輝・手塚孝弘

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • トウガラシ属種間交雑で生じる雑種弱勢における温度感受性および糖蓄積,日本育種学会第138回講演会,2020年10月,白柿薫平・古川一・横井修司・手塚孝弘

  • トウガラシ雑種弱勢における系統地理学的解析,日本進化学会第22回オンライン大会,2020年09月,白柿薫平・横井修司・手塚孝弘

  • イネコアコレクションを用いた栄養生長期の相転移因子の解析,日本育種学会第137回講演会,2020年03月,山本真璃・手塚孝弘・横井修司

  • イネ種子のγ-オリザノール含量を規定する候補因子の探索,日本育種学会第137回講演会,2020年03月,船越孝之・桧原健一郎・小川拓水・手塚孝弘・太田大策・横井修司

  • トウガラシ属種間交雑で生じる雑種弱勢の表現型解析,日本育種学会第137回講演会,2020年03月,白柿薫平・横井修司・手塚孝弘

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 一般遺伝学

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習A

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習B

  • 植物バイオテクノロジー概論

  • 植物科学基礎実験

全件表示 >>

院生論文発表情報 【 表示 / 非表示

  • Phylogenetic analysis and molecular diversity of Capsicum based on rDNA-ITS region,2020年11月,Kumpei Shiragaki, Shuji Yokoi, Takahiro Tezuka*,Horticulturae

  • A hypersensitive response-like reaction is involved in hybrid weakness in F1 plants of the cross Capsicum annuum × Capsicum chinense,2020年09月,Kumpei Shiragaki, Shuji Yokoi, Takahiro Tezuka*,Breeding Science

  • Phenylalanine ammonia-lyase and phenolic compounds are related to hybrid lethality in the cross Nicotiana suaveolens × N. tabacum,2020年09月,Kumpei Shiragaki, Rie Nakamura, Shigeki Nomura, Hai He, Tetsuya Yamada, Wataru Marubashi, Masayuki Oda, Takahiro Tezuka*,Plant Biotechnology

  • A high maternal genome excess causes severe seed abortion leading to ovary abscission in Nicotiana interploidy-interspecific crosses,2020年08月,Hai He, Shuji Yokoi, Takahiro Tezuka*,Plant Direct

  • HWA1- and HWA2-mediated hybrid weakness in rice involves cell death, reactive oxygen species accumulation, and disease resistance-related gene upregulation,2019年10月,Kumpei Shiragaki, Takahiro Iizuka, Katsuyuki Ichitani, Tsutomu Kuboyama, Toshinobu Morikawa, Masayuki Oda, Takahiro Tezuka*,Plants

全件表示 >>