基本情報

写真a

望月 知史

MOCHIZUKI Tomofumi

モチヅキ トモフミ


所属組織

応用生命系

職名

講師

ホームページ

http://www.biosci.osakafu-u.ac.jp/MT/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物病理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 植物ウイルスゲノムの適応・進化

  • ウイルス感染による植物の退緑発病機構

  • 卵菌ウイルスの同定とウイルス感染が宿主菌へ及ぼす影響

  • 感染植物におけるウイルス/ウイロイドの組織内局在

  • 非モデル植物農作物で利用できるウイルスベクターの開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会

  • 関西病虫害研究会

  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

  • American Society for Microbiology

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学術奨励賞,2014年06月,日本植物病理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Large-scale synonymous substitutions in the cucumber mosaic virus RNA 3 facilitate amino acid mutations in the coat protein.,Journal of Virology,2018年,Mochizuki T, Ohara R, Roossinck MJ.

  • A novel non-segmented double-stranded RNA virus from an Arctic isolate of Pythium polare. ,Virology,2018年,Sasai S, Tamura K, Tojo M, Herrero M-L, Hoshino T, Ohki ST, Mochizuki T.

  • Genome sequence of a novel partitivirus identified from the oomycete Pythium nunn.,Archives of Virology,2018年,Shiba K, Hatta C, Sasai S, Tojo M, Ohki ST, Mochizuki T.

  • Inducible expression of magnesium protoporphyrin chelatase subunit I (CHLI)-amiRNA provides insights into cucumber mosaic virus Y satellite RNA-induced chlorosis symptoms.,VirusDisease,2017年,Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K.

  • Inducible transgenic tobacco system to study the mechanisms underlying chlorosis mediated by the silencing of chloroplast heat shock protein 90,VirusDisease,2017年,Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 国際食料流通演習

  • 基礎微生物学

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習A

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習B

  • 植物保護学

全件表示 >>