基本情報

写真a

望月 知史

MOCHIZUKI Tomofumi

モチヅキ トモフミ


所属組織

応用生命系

職名

講師

ホームページ

http://www.biosci.osakafu-u.ac.jp/MT/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 植物病理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 植物ウイルスゲノムの適応・進化

  • ウイルス感染による植物の退緑発病機構

  • 卵菌ウイルスの同定とウイルス感染が宿主菌へ及ぼす影響

  • 感染植物におけるウイルス/ウイロイドの組織内局在

  • 非モデル植物農作物で利用できるウイルスベクターの開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本植物病理学会

  • 関西病虫害研究会

  • International Society for Molecular Plant-Microbe Interactions

  • American Society for Microbiology

受賞 【 表示 / 非表示

  • 学術奨励賞,2014年06月,日本植物病理学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Large-scale synonymous substitutions in the cucumber mosaic virus RNA 3 facilitate amino acid mutations in the coat protein.,Journal of Virology,2018年,Mochizuki T, Ohara R, Roossinck MJ.

  • Distribution of chrysanthemum chlorotic mottle viroid in shoot meristem and flower buds of chrysanthemum.,European Journal of Plant Pathology,2019年,Ebata M, Matsushita Y, Morimoto M, Mochizuki T

  • A novel non-segmented double-stranded RNA virus from an Arctic isolate of Pythium polare. ,Virology,2018年,Sasai S, Tamura K, Tojo M, Herrero M-L, Hoshino T, Ohki ST, Mochizuki T.

  • Genome sequence of a novel partitivirus identified from the oomycete Pythium nunn.,Archives of Virology,2018年,Shiba K, Hatta C, Sasai S, Tojo M, Ohki ST, Mochizuki T.

  • Inducible expression of magnesium protoporphyrin chelatase subunit I (CHLI)-amiRNA provides insights into cucumber mosaic virus Y satellite RNA-induced chlorosis symptoms.,VirusDisease,2017年,Bhor SA, Tateda C, Mochizuki T, Sekine KT, Yaeno T, Yamaoka N, Nishiguchi M, Kobayashi K.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 国際食料流通演習

  • 基礎微生物学

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習A

  • 植物バイオサイエンスフィールド実習B

  • 植物保護学

全件表示 >>