基本情報

写真a

新井 励

Arai Rei

アライ レイ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 海洋システム工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 海水の高周波インピーダンス計測手法の開発

  • 海水中栄養塩濃度鉛直計測プロファイラーの開発

  • 海水中栄養塩濃度(DIN、DIP)計測器の開発

  • 粒子フィルターを用いた熱水鉱床採鉱機自動予測制御手法の開発

  • 超音波流速計を用いた海水中懸濁物質濃度計測手法の開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 海洋計測,海洋光学,海中音響,海域モニタリング、海洋調査デザイン,計測データーマイニング

    (関連する産業分野)海洋計測機器,海洋通信機器,環境コンサルタント

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 日本海洋学会

  • 日本船舶海洋工学会

  • 海洋調査技術学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 海水中の栄養塩自動計測装置

  • 海水中溶存物質計測機器・手法開発

  • 海洋(沿岸、外洋)調査のデザイン

  • 熱水鉱床採鉱器の自動制御

  • 超音波流速計を用いた懸濁物質濃度計測手法

論文 【 表示 / 非表示

  • Feasibility study of combined mining of rare-earth element rich mud and manganese nodules by pulplift in Japan’s EEZ,The 48th Underwater Mining Conference,2019年09月,T. Yamazaki, K. Hayashi, N. Nakatani, R. Arai

  • Updated Economic Feasibility Analysis of Cobalt-rich Manganese Crust Mining Including the Substrate Rock Usage for Phosphates,The 47th Underwater Mining Conference,2018年09月,T. Yamazaki, T. Goto, N. Nakatani, R. Arai

  • 海底熱水鉱床開発における機械式揚鉱システム適用の検討,第27回海洋工学シンポジウム論文集,2018年08月,奥原孝平、中谷直樹、新井励、山崎哲生

  • Method of measuring depth profile of suspended matter using ADCP and statistical analysis,Procs. of OCEANS’18 MTS/IEEE Kobe, 1-6,2018年05月,S.Nakata, M.Tachibana, R.Arai, Y.Tsukahara

  • 基盤岩のリン資源化を含むコバルトリッチクラスト開発の最新経済性評価,日本船舶海洋工学会平成30年春季講演会,2018年05月,山崎哲生、後藤達彦、中谷直樹、新井励

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 工学研究の最先端

  • 海の環境と利用の工学

  • 海洋システム工学基礎演習

  • 海洋システム工学実験

  • 海洋情報処理

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,出前講義「海洋システム工学分野における計測」

  • 2017年度,夢ナビ「海洋システム工学分野における計測」

  • 2016年度,テクノラボツアー

  • 2011年度,テクノラボツアー,ADCPの熱水鉱床開発への適応

  • 2010年度,テクノラボツアー,ADCPによるメタンプルーム計測

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • 中谷直樹、新井励、太田光一、夛田康司,2007年,2009年05月28日,海水中の溶存無機窒素の測定法

  • 中谷直樹、新井励,2006年,2008年,海水中の硝酸イオン及び亜硝酸イオンの濃度測定方法、測定システム、測定プログラム及びその記録媒体