基本情報

写真a

久本 秀明

Hisamoto Hideaki

ヒサモト ヒデアキ


所属組織

物質化学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www2.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka1/index.html

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • マイクロ・ナノデバイス

  • 分析化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • マイクロ・ナノ分析デバイスの開発

  • 化学センサー用新規機能分子・ナノ材料の開発

  • 新しい化学センシング・分離機構の設計

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 化学センシング,マイクロチップ,キャピラリー電気泳動

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),慶應義塾大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本分析化学会

  • 日本化学会

  • 化学とマイクロナノシステム学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,2004年09月,日本分析化学会

  • TOP REFEREE 2006,2007年02月,Analytica Chimica Acta (Elsevier)

  • TOP REFEREE 2007,2008年02月,Journal of Chromatography A (Elsevier)

  • 化学とマイクロナノシステム研究会(CHEMINAS) 奨励賞,2008年05月,化学とマイクロナノシステム研究会

  • TOP REFEREE 2008,2009年01月,Analytica Chimica Acta (Elsevier)

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 化学センサー・バイオセンサーの開発

論文 【 表示 / 非表示

  • Lipophilic fluorescent dye liquids: Förster resonance energy transfer-based fluorescence amplification for ion selective optical sensors based on a solvent polymeric membrane,Analytical Chemistry,2021年03月,Tatsumi Mizuta, Kenji Sueyoshi, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto

  • Simple Approach for Fluorescence Signal Amplification Utilizing a Poly(vinyl alcohol)-Based Polymer Structure in a Microchannel,ACS Omega,2021年03月,Keine Nishiyama, Masatoshi Maeki, Akihiko Ishida, Hirofumi Tani, Hideaki Hisamoto, and Manabu Tokeshi

  • インクジェットプリンティングによる試薬固定化法を利用する1ステップバイオアッセイマイクロデバイスの開発,Bunseki Kagaku,2021年03月,河相 優子, 白井 亮洋, 角田 正也, 井手上 公太郎, 末吉 健志, 遠藤 達郎, 久本 秀明

  • Inkjet Printing-Based Immobilization Method for a Single-Step and Homogeneous Competitive Immunoassay in Microchannel Arrays,Frontiers in Chemistry,2020年12月,Yuko Kawai, Akihiro Shirai, Masaya Kakuta, Koutarou Idegami, Kenji Sueyoshi, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto

  • Highly sensitive optical ion sensor with ionic liquid-based colorimetric membrane/photonic crystal hybrid structure,Sci. Rep.,2020年10月,Daiki Kawasaki, Ryoutarou Oishi, Nao Kobayashi, Tatsumi Mizuta, Kenji Sueyoshi, Hideaki Hisamoto & Tatsuro Endo

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • 疎水性極限濃度色素液体材料に基づく高性能 化学センシング系の設計,日本化学会 第101春季年会 特別企画 | 分析化学と材料化学・界面化学の融合による新学問 領域の提案,2021年03月,久本秀明

  • An enzyme-responsive fluorescent ionic liquid-based nanosensor toward highly sensitive biosensing,RSC Tokyo International Conference 2020,2020年12月,Ryoutarou Oishi, Tatsumi Mizuta, Kenji Sueyoshi, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto

  • Preparation of ionic liquid-based dye (IL-Dye) nanoemulsion (NE) for high-sensitivity ion sensing,RSC Tokyo International Conference 2020,2020年12月,Kaho Maki, Ryoutarou Oishi, Tatsumi Mizuta, Kenji Sueyoshi, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto

  • Size sorting of exosomes by tuning the thicknesses of the electric double layers in nanochannels,RSC Tokyo International Conference 2020,2020年12月,Satoko Fujiwara, Kyojiro Morikawa, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto, Kenji Sueyoshi

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分析化学A

  • 工業分析化学特別講義

  • 工業分析化学特論

  • 応用化学特殊講義II

  • 応用化学特論I

全件表示 >>

院生論文発表情報 【 表示 / 非表示

  • Lipophilic fluorescent dye liquids: Förster resonance energy transfer-based fluorescence amplification for ion selective optical sensors based on a solvent polymeric membrane,2021年03月,Tatsumi Mizuta, Kenji Sueyoshi, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto,Analytical Chemistry

  • インクジェットプリンティングによる試薬固定化法を利用する 1ステップバイオアッセイマイクロデバイスの開発,2021年03月,河相 優子, 白井 亮洋, 角田 正也, 井手上 公太郎, 末吉 健志, 遠藤 達郎, 久本 秀明,分析化学

  • Inkjet Printing-Based Immobilization Method for a Single-Step and Homogeneous Competitive Immunoassay in Microchannel Arrays,2020年12月,Yuko Kawai, Akihiro Shirai, Masaya Kakuta, Koutarou Idegami, Kenji Sueyoshi, Tatsuro Endo, Hideaki Hisamoto,Frontiers in Chemistry

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,一般社団法人 日本分析機器工業会,令和2年度JASISコンファレンス分科会委員

  • 2019年度,一般社団法人 日本分析機器工業会,令和1年度JASISコンファレンス分科会委員

  • 2018年度,一般社団法人 日本分析機器工業会,平成30年度JASISコンファレンス分科会委員

  • 2017年度,一般社団法人 日本分析機器工業会,平成29年度JASISコンファレンス分科会委員

  • 2016年度,一般社団法人 日本分析機器工業会,平成28年度JASISコンファレンス分科会委員