基本情報

写真a

沼倉 宏

NUMAKURA Hiroshi

ヌマクラ ヒロシ


所属組織

物質化学系

職名

教授

上記以外の職名等

学術情報センター図書館長

ホームページ

http://mtr1.osakafu-u.ac.jp/engm/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 金属物性・材料

  • 無機材料・物性

  • 構造・機能材料

  • ナノ材料工学

  • 結晶工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 金属材料中の軽元素の挙動

  • 鉄鋼中の炭素・窒素と合金元素の相互作用

  • 化合物結晶における原子の拡散

  • メカニカル・スペクトロスコピーの材料研究への応用

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)金属中に添加された、あるいは不純物として存在する軽元素の挙動は金属材料の組織形成と力学的性質を支配する因子の一つである。その基礎として、チタンや鉄など実用的に重要な金属材料における軽元素の固溶度と拡散係数を実験と理論の両面から調べている。

    (キーワード) 侵入型溶質原子,置換型溶質原子,固溶体合金,拡散,溶質原子と欠陥の相互作用

  • (概要)鉄鋼材料において、ある種の合金元素は固溶炭素・窒素と強く相互作用してそれらの存在状態と拡散挙動に影響を及ぼし、その結果として材料の性質をしばしば大きく変化させる。未だ定量的知見に乏しいbcc鉄における炭素・窒素と溶質原子の相互作用を、理論と実験の両面から定量的に明らかにすることに取り組んでいる。

    (キーワード) 金属・合金,溶質原子,結晶欠陥,拡散,鉄鋼材料

  • (概要)材料の微細組織形成や諸特性に深く関わる原子の拡散現象は、純金属や固溶体合金とは異なり複雑な構造を取る化合物結晶についてはいまだよく理解されていない。われわれは、新しい高温耐熱材料や種々の機能材料として期待されている新しい化合物結晶材料における原子の拡散挙動を調べ、基礎データとなる拡散係数を測定すると同時に、その原子レベルのメカニズム解明に取り組んでいる。

    (キーワード) 金属間化合物,金属酸化物,点欠陥,易動度

  • (概要)メカニカル・スペクトロスコピーとは、微小ひずみにおける固体の力学的エネルギー損失をスペクトル分析することによって、材料の微細組織、欠陥の濃度と易動度、相変化の挙動などを定量的に調べる手法である。この手法をさまざまな固体材料に応用するための高精度測定装置を開発し、それを利用して新材料のキャラクタリゼーションをおこなっている。

    (キーワード) 弾性,擬弾性,結晶欠陥,拡散,相変化

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学士

  • 工学修士

  • 工学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 日本金属学会

  • 一般社団法人 日本鉄鋼協会

  • The Minerals, Metals and Materials Society

  • 公益社団法人 日本材料学会

  • 一般社団法人 日本伸銅協会 日本銅学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回村上奨励賞,1993年05月,村上記念会

  • 日本金属学会 功績賞,2003年03月,社団法人 日本金属学会

  • Acta Materialia 優秀査読者賞,2007年04月,Acta Materialia Inc

  • 銅及び銅合金技術研究会 第42回論文賞,2008年12月,銅及び銅合金技術研究会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 材料中の欠陥や微量溶質原子の非破壊同定・定量

  • 原子の拡散が支配する材料の製造プロセス、特性、耐久性の解明あるいは材料設計

  • 弾性/擬弾性/磁気弾性効果にもとづく機能材料の研究開発

著書 【 表示 / 非表示

  • 新版 鉄鋼材料と合金元素,一般社団法人 日本鉄鋼協会,2015年11月,共著,榎本 正人, 及川 勝成, 大谷 博司, 大沼 郁雄, 梶原 正憲, 鈴木 茂, 沼倉 宏, 他

  • Physical Metallurgy, fifth edition, Volume I,Elsevier B. V.,2014年,共著,Walter Steurer, U. Mizutani, M. Inukai, H. Sato, E. S. Zijstra, Arthur D. Pelton, A. L. Greer, Zoltan Balogh, Guido Schmitz, NUMAKURA Hiroshi, William J. Boettinger, Dilip K. Banerjee, W. A. Soffa, David E. Laughlin, H. K. D. H. Bhadeshia, C. M. Wayman

  • The 3rd International Symposium on Steel Science - ISSS-2012: Nanoscale inhomogeneity in steels - Fundamentals and effects on microstructure and properties,The Iron and Steel Institute of Japan,2012年,共著,Zi-Kui Liu, Kaoru SATO, NUMAKURA Hiroshi, Marcel H. F. Sluiter, Elena Pereloma, Goro Miyamoto, SEgenobu Ogata, J. Takahashi, B. C. De Cooman, Masaki Tanaka, Hiroshi Ohtani, Masahiko Hamada, D. Raabe, M. Enomoto, Masaaki Sugiyama

  • 金属材料組織学,朝倉書店,2011年12月,共著,松原 英一郎, 田中 功, 大谷 博司, 安田 秀幸, 沼倉 宏, 古原 忠, 辻 伸泰

  • Alloy Physics: A Comprehensive Reference,Wiley-VCH,2007年09月,共著,H. Numakura, W. Püschl, W. Pfeiler

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The relation between amorphous structure and explosive crystallization of sputter-deposited amorphous germanium thin films,Japanese Journal of Applied Physics,2019年03月,Masayuki Okugawa, Ryusuke Nakamura, Hiroshi Numakura, Akira Heya, Naoto Matsuo, Hidehiro Yasuda

  • Structure of crystallized particles in sputter-deposited amorphous germanium films,Journal of Applied Crystallography,2018年08月,Masayuki Okugawa, Ryusuke Nakamura, Akihiko Hirata, Manabu Ishimaru, Hidehiro Yasuda, Hiroshi Numakura

  • Effect of post-weld heat treatment on fatigue reliability of super-duplex-stainless-steel weldments,ISIJ International,2017年07月,Ryujiro Udo, Hiroshi Numakura

  • スーパー二相ステンレス鋼の疲労強度に及ぼす荷重様式と平均応力の影響,鉄と鋼,2017年04月,有働 竜二郎, 西川 嗣琳, 波東 久光, 宮崎 克雅, 政木 清孝, 沼倉 宏

  • 気相法で作成したアモルファスゲルマニウム薄膜の構造変化と結晶化,顕微鏡,2017年03月,仲村 龍介, 奥川 将行, 沼倉 宏

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアルとものづくり

  • 初年次ゼミナール【日本語で学問するということ】

  • 材料組織I

  • 材料組織II

  • 材料組織制御学特別講義

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,日本学術振興会 産学協力研究委員会 「合金状態図」第172委員会,委員

  • 2019年度,日本学術振興会 産学協力研究委員会 「材料の微細組織と機能性」第133委員会,第2分科会 主査

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 電気・電子・マテリアル

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : マテリアル工学へのいざない ミクロとマクロをつなぐ

    概要 : 人類の文明は、石器時代、青銅器時代、鉄器時代…というように、物質・材料すなわちマテリアルとともに発展してきました。現代社会はいわばその集大成で、私たちの身の回りにはさまざまなマテリアルが使われています。社会インフラから先端技術まですべてを支えるマテリアルは、原子の世界(ミクロ)と私たちの生活空間(マクロ)をつなぐ科学と工学によって生みだされます。そのエッセンスをやさしく解説します.

    キーワード : マテリアル, 材料, 社会基盤, 先端科学

  • 分野1 : 電気・電子・マテリアル

    分野2 : 機械・海洋・船舶・航空・宇宙

    タイトル : 鉄鋼材料の科学と工学 - その現在と未来

    概要 : 鉄は「鐵」とも書き,金(属)の王なる哉,と言われます。鉄に微量の炭素を加えた鋼(はがね)は、文明社会に欠くべからざる材料です。水と同じく身近でありながら不思議な性質を持つ「物質としての鉄」の魅力と、エネルギー問題と資源素材の枯渇問題に挑む鉄鋼材料の研究開発動向を紹介します。

    キーワード : 鉄鋼精錬 力学的性質 磁気的性質 構造材料 機能材料

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,工学域公開講座「高校生のためのマテリアルサイエンス入門」,マテリアルの世界へようこそ

  • 2018年度,工学域公開講座「高校生のためのマテリアルサイエンス入門」,マテリアルサイエンスとは?

  • 2007年度,大阪府立大学 府大講座2007,結晶の中でも原子は動く