基本情報

写真a

沼倉 宏

NUMAKURA Hiroshi

ヌマクラ ヒロシ


所属組織

物質化学系

職名

教授

ホームページ

http://mtr1.osakafu-u.ac.jp/engm/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 合金における微細組織と材料特性の関係

  • 合金の平衡・非平衡熱力学

  • 固体材料の弾性と擬弾性

  • 固体における拡散

  • 結晶格子欠陥

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • メカニカル・スペクトロスコピー測定装置の開発と応用

  • 巨大磁歪合金における磁気弾性効果

  • 規則格子結晶中の点欠陥と拡散

  • 超強加工した金属材料中の欠陥のキャラクタリゼーション

  • 金属ガラスにおける原子移動のダイナミクス

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 非晶質固体,構造緩和,ガラス転移,結晶化,拡散

  • (キーワード) 拡散,力学緩和,添加元素

  • (キーワード) 結晶欠陥,回復,再結晶,力学特性

  • (概要)鉄鋼中の炭素・窒素の存在状態と拡散挙動に影響を及ぼすこれら軽元素と合金元素の相互作用を理論と実験により明らかにする.

    (キーワード) 金属・合金,溶質原子,結晶欠陥,拡散,鉄鋼材料

    (関連する産業分野)鉄鋼生産,輸送機器製造,構造材料製造

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学修士

  • 工学博士

  • 工学士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 社団法人 日本金属学会

  • 社団法人 日本鉄鋼協会

  • The Minerals, Metals and Materials Society

  • 社団法人 日本材料学会

  • 銅及び銅合金技術研究会

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第13回村上奨励賞,1993年05月,村上記念会

  • 功績賞,2003年03月,日本金属学会

  • Acta Materialia 優秀査読者賞,2007年04月,Acta Materialia Inc

  • 第42回論文賞,2008年12月,銅及び銅合金技術研究会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 金属材料組織学,朝倉書店,2011年12月,共著,松原英一郎,田中功,大谷博司,安田秀幸,沼倉宏,古原忠,辻伸泰

  • Alloy Physics: A Comprehensive Reference,Wiley-VCH,2007年09月,共著, 

  • 鉄鋼材料の計算機支援による組織制御 - 平衡論から速度論まで -,日本鉄鋼協会,2000年03月,共著, 

論文 【 表示 / 非表示

  • Application of mechanical spectroscopy to studies of atomic diffusion in ordered compounds,Materials Science and Engineering A,2009年09月,H. Numakura, K. Nishi

  • On the stability of chemical order in small ordered-alloy particles,Philosophical Magazine,2005年08月,H. Numakura, T. Ichitsubo

  • Interaction between substitutional and interstitial solute atoms in alpha iron studied by isothermal mechanical spectroscopy,Materials Science and Engineering A,2004年03月,X.-S. Guan, Y. Nishizawa, K. Okamura, H. Numakura, M. Koiwa

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアルと社会

  • 材料組織I

  • 材料組織II

  • 材料組織制御学特別講義

  • 結晶物理学特論

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,日本学術振興会 産学協力研究委員会 「合金状態図」第172委員会,委員

  • 2016年度,日本学術振興会 産学協力研究委員会 「材料の微細組織と機能性」第133委員会,第2分科会 主査

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 電気・電子・マテリアル

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : マテリアル工学へのいざない ミクロとマクロをつなぐ

    概要 : 人類の文明は、石器時代、青銅器時代、鉄器時代…というように、物質・材料すなわちマテリアルとともに発展してきました。現代社会はいわばその集大成で、私たちの身の回りにはさまざまなマテリアルが使われています。社会インフラから先端技術まですべてを支えるマテリアルは、原子の世界(ミクロ)と私たちの生活空間(マクロ)をつなぐ科学と工学によって生みだされます。そのエッセンスをやさしく解説します.

    キーワード : マテリアル, 材料, 社会基盤, 先端科学

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2010年度,工学部公開講座「高校生のためのマテリアルサイエンス入門」,マテリアルサイエンスとは?

  • 2009年度,工学部公開講座「高校生のためのマテリアルサイエンス入門」,マテリアルサイエンスとは?

  • 2007年度,大阪府立大学 府大講座2007,結晶の中でも原子は動く