基本情報

写真a

中村 雅夫

Nakamura Masao

ナカムラ マサオ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

准教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 超高層物理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙プラズマ物理

  • 宇宙環境利用工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),名古屋大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 地球電磁気・地球惑星圏学会

  • アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)

  • 日本航空宇宙学会

  • 日本地球惑星科学連合

受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Student Papers Awards,1996年,American Geophysical Union

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙プラズマ・放射線帯環境

  • 宇宙プラズマ物理

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of space environment customized risk estimation for satellites (SECURES),Earth, Planets and Space,2021年01月,Tsutomu Nagatsuma, Aoi Nakamizo, Yasubumi Kubota, Masao Nakamura, Kiyokazu Koga, Yoshizumi Miyoshi, Haruhisa Matsumoto

  • Surface Charging Analysis of the Quasi-Zenith Satellite "Michibiki-1",Paper of the 32nd International Symposium on Space Technology and Science,2019年,Hirotaka Maeda, Masao Nakamura, Kiyokazu Koga, Haruhisa Matsumoto

  • Development of a Real-time Risk Estimation Method of Spacecraft Surface Charging,Proceeding of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference,2018年06月,Ryota Kawachi, Tsuyoshi Teraoka, Masao Nakamura, Tsutomu Nagatsuma, Mamoru Ishii

  • Statistical Analysis of Spacecraft Charging Environment in the Medium Earth Orbit,Proceeding of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference,2018年06月,Tsuyoshi Teraoka, Ryota Kawachi, Yuuichirou Watanabe, Masao Nakamura

  • Surface Charging Analysis of the Quasi-Zenith Satellite “MICHIBIKI”,Proceeding of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference,2018年06月,Hirotaka Maeda, Ryota Kawachi, Masao Nakamura, Kiyokazu Koga, Haruhisa Matsumoto

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Field structure and plasma momentum transfer in quasi-steady large-scale magnetic reconnection,第148回地球電磁気・地球惑星圏学会,2020年11月,中村雅夫

  • Van Allen Probesを用いた中高度軌道における衛星電位の観測値と推定値の比較解析,第17回 宇宙環境シンポジウム,2020年10月,長澤恒聖,中村雅夫

  • 宇宙天気 衛星運用への影響,宇宙天気ユーザー協議会,2020年10月,中村雅夫

  • 衛星帯電モデルと磁気圏シミュレーションの連携による表面帯電リスク評価,第17回 宇宙環境シンポジウム,2020年10月,中溝葵,久保田康文,中村雅夫,長妻努,古賀清一,松本晴久

  • Spacecraft surface charging and discharging risk estimation method around geosynchronous altitude,pGU(Japan Geoscience Union)-AGU(American Geophysical Union) Joint Meeting 2020,2020年06月,M. Nakamura, H. Maeda, T. Nagatsuma, and M. Ishii

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【科学的思考事始】

  • 宇宙環境利用工学

  • 宇宙環境利用工学特論

  • 宇宙航行力学

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論II

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 機械・海洋・船舶・航空・宇宙

    タイトル : 宇宙プラズマ・放射線環境について

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 宇宙天気