基本情報

写真a

中村 雅夫

Nakamura Masao

ナカムラ マサオ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

  • 超高層物理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙プラズマ物理

  • 宇宙環境利用工学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 地球電磁気・地球惑星圏学会

  • アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)

  • 日本航空宇宙学会

  • 日本地球惑星科学連合

受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Student Papers Awards,1996年,American Geophysical Union

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙プラズマ・放射線帯環境

  • 宇宙プラズマ物理

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a Real-time Risk Estimation Method of Spacecraft Surface Charging,Proceeding of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference,2018年06月,Ryota Kawachi, Tsuyoshi Teraoka, Masao Nakamura, Tsutomu Nagatsuma, Mamoru Ishii

  • Statistical Analysis of Spacecraft Charging Environment in the Medium Earth Orbit,Proceeding of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference,2018年06月,Tsuyoshi Teraoka, Ryota Kawachi, Yuuichirou Watanabe, Masao Nakamura

  • Surface Charging Analysis of the Quasi-Zenith Satellite “MICHIBIKI”,Proceeding of the 15th Spacecraft Charging Technology Conference,2018年06月,Hirotaka Maeda, Ryota Kawachi, Masao Nakamura, Kiyokazu Koga, Haruhisa Matsumoto

  • Assessment of Worst GEO Plasma Environmental Models for Spacecraft Surface Charging by SPIS,TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES,2018年,Masao NAKAMURA, Shinya NAKAMURA, Ryota KAWACHI, Kazuhiro TOYODA

  • ANALYSIS OF DENSE-ELECTRON-INDUCED SPACECRAFT CHARGING IN GEOSYNCHRONOUS ORBIT,Proceeding of 14th Spacecraft Charging Technology Conference,2016年,M. Oda, M. Nakamura, and M. Cho

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【科学的思考ことはじめ】

  • 宇宙環境利用工学

  • 宇宙環境利用工学特論

  • 宇宙航行力学

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論II

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 機械・海洋・船舶・航空・宇宙

    タイトル : 宇宙プラズマ・放射線環境について

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 宇宙天気