基本情報

写真a

水鳥 能伸

MIZUTORI Yoshinobu

ミズトリ ヨシノブ


所属組織

社会科学系

職名

教授

上記以外の職名等

経済学研究科長

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 経済学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 公法学

  • 国際人権

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • フランスにおける外国人の亡命権と家族生活の権利保障

  • 難民法・移民法

  • 国民国家と国籍・市民権

  • 大学の自治

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)外国人の人権保障、とりわけフランスにおける外国人の亡命権(庇護権)の保障について日本法への示唆を意識しつつ考察する。

    (キーワード) 外国人、亡命権、庇護権、難民、移民,出入国管理、移民二世,フランス、欧州連合

  • (概要)外国人の家族生活の尊重の権利の保護の現状をフランス法及び欧州法を手掛かりに検証し、日本法への示唆を引き出す.

    (キーワード) 家族、家族生活,家族呼寄せ,出入国、国外送還,外国人、移民、難民

  • (概要)西欧における国民国家から、現在の超国家的組織としてのEU(欧州連合)に至るまでを、国籍と市民権の生成と発展に注目して位置づける。とりわけ、EUを牽引しているフランスとドイツに研究の中心を置く。

    (キーワード) 国籍、市民権,国民国家、外国人,欧州市民権,政治参加の権利

  • (概要)内外からの様々な圧力にさらされている現代の大学における学問の自由の価値とそれを制度的に保障する大学の自治とを、比較(憲)法的観点から検討する。

    (キーワード) 学問の自治,大学の自治,大学の歴史,大学ガバナンス

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ法学会

  • フランス法学会

  • 世界憲法学会

  • 国際人権法学会

  • 日本公法学界

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 亡命と家族 - 戦後フランスにおける外国人法の展開,有信堂,2015年03月,単著,水鳥 能伸

  • 謎解き 日本国憲法(第二版 重版),有信堂,2019年03月,共著,阪本昌成、井上嘉仁、横藤田誠、梶原健佑、合原理映、水鳥能伸

  • 判例で学ぶ 日本国憲法(第二版 重版),有信堂,2019年09月,共著,畑博行、西村裕三、吉崎暢洋、岩倉秀樹、重村博美、有田伸弘、ハラダ・ジョージ・R、岡田高嘉、水鳥能伸、中川徹、土屋孝次、村中洋介、西條潤

  • リーガル・マインド入門(第二版),有信堂,2019年10月,共著,西村裕三、岡田高嘉、重村博美、土屋孝次、水鳥能伸、西條潤、シェラー・アンドレアス

  • 判例で学ぶ 日本国憲法(第二版),有信堂,2017年06月,共著,畑博行、西村裕三、吉崎暢洋、岩倉秀樹、重村博美、有田伸弘、ハラダ・ジョージ・R、岡田高嘉、水鳥能伸、中川徹、土屋孝次、村中洋介、西條潤

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • フランスにおける亡命権(庇護権)保障,日仏法学,2019年09月,水鳥能伸

  • Liberté universitaire : un concept dépasée ?,Rencontre fraoco-japonaise autour des transferts de concepts juridiques,2014年12月,I.GIRAUDOU et les autres

  • Constitution japonaise et droit d'asile : quelle consécration ?,Le nouveau défi de la constitution japonaise,2004年01月,R.HERTZOC et les autres

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マネジメント学インターンシップ

  • マネジメント学類演習I

  • マネジメント学類演習II

  • マネジメント学類特別演習

  • 公法特論1A

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,大阪府国民健康保険審査会,委員

  • 2017年度,大阪府労働委員会,第44期大阪府労働委員会公益委員

  • 2017年度,大阪府労働委員会,平成29年度大阪府労働委員会全体研修講師

  • 2017年度,大阪府後期高齢者医療審査会,委員

  • 2016年度,八尾市,「八尾市人権慎重の社会づくり審議会」委員長

全件表示 >>

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,大阪府労働委員会全体研修会,外国人の人権保障と労働