基本情報

写真a

川原 稔久

KAWAHARA Toshihisa

カワハラ トシヒサ


所属組織

現代システム科学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床心理学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 心理療法におけるイメージと身体性

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 夢,イメージ,身体性

  • (キーワード) イメージ,砂,身体性

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本箱庭療法学会

  • 日本心理臨床学会

  • 日本精神病理学会

  • 日本ロールシャッハ学会

  • 日本小児心身医学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 心理療法

著書 【 表示 / 非表示

  • 学校現場の課題にアプローチする臨床心理学の視座,せせらぎ出版,2016年03月,単著,山野則子,川原稔久,総田純次 他

  • 心理臨床における身体症状と象徴表現,佛教大学通信教育部,2005年03月,単著,川原稔久

  • 四天王寺カウンセリング講座4,創元社,2004年06月,共著,川原稔久,深津千賀子,東山紘久,河合隼雄,杉原保史,倉光修

  • パーソナリティの形成と崩壊,学術図書出版社,2004年04月,共著,倉戸ヨシヤ,川原稔久,森田喜治,倉戸由紀子,井上知子,辻潔,中西龍一,志野静穂

論文 【 表示 / 非表示

  • Rorschach, H. の『精神診断学』における同時性の概念について,大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科心理臨床センター紀要,2018年03月,川原稔久

  • Rorschach初期論文の三症例のロールシャッハ・プロトコル,大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科心理臨床センター紀要,2017年03月,川原 稔久

  • ロールシャッハ論文集にみられる象徴解釈について,大阪府立大学大学院人間社会学研究科心理臨床センター紀要,2016年03月,川原稔久

  • 箱庭とロールシャッハ法,ロールシャッハ法研究,2015年11月,川原稔久

  • H.Rorschachの”反射幻覚と象徴”について,大阪府立大学大学院人間社会学研究科心理臨床センター紀要,2015年03月,川原稔久

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 人間環境科学演習II

  • 卒業論文

  • 心理教育卒業研究演習A

  • 心理教育卒業研究演習B

  • 環境システム学卒業研究

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,南河内学区中学校教育研究会,事例検討会講師

  • 2017年度,和歌山県教育研修センター,研修講座講師

  • 2017年度,橋本市教育相談センター,教育相談研修講座講師

  • 2015年度,南河内地区中学校教育研究会,事例検討会講師

  • 2015年度,和歌山県教育センター教育相談研修講座,事例検討会講師

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 心理・教育・福祉

    分野2 : ことば・文学・哲学・文化・芸術

    タイトル : 箱庭療法の世界

    概要 : 箱庭療法の実際を事例を交えて紹介する。

    キーワード : 箱庭、イメージ、身体性

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2012年度,大阪府立大学心理臨床センター公開講座「子育てのこころを考える」,心理臨床センターでの子育て支援

  • 2010年度,和歌山県教育センター学びの丘教育相談研修講座,事例研究

  • 2010年度,教員免許更新講習,学校カウンセリングと不登校