基本情報

写真a

中嶋 秀満

Nakajima Hidemitsu

ナカジマ ヒデミツ


所属組織

獣医系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/pham/pham.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • L-PGDSによる新規ドラッグデリバリーシステムの開発(共同研究)

  • SK channelによる消化管運動制御機構の解明

  • 新規に同定したGAPDHアミロイド様繊維の神経変性疾患における病態生理学的意義の解明

  • 核内GAPDHの細胞死誘導機構の解明

  • 難治性脳神経疾患へボツリヌス毒素を治療応用するための基盤研究(共同研究)

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)新規に同定したGAPDHアミロイド様繊維の神経変性疾患における病態生理学的意義の解明

    (キーワード) GAPDH,アミロイド,神経変性疾患,酸化ストレス,治療薬

    (関連する産業分野)学術研究,医療,製造業

  • (概要)核内GAPDHの細胞死誘導機構の解明

    (キーワード) GAPDH,核内移行,細胞死,転写制御,治療薬

    (関連する産業分野)学術研究,医療,製造業

  • (概要)L-PGDSによる新規ドラッグデリバリーシステムの開発

    (キーワード) L-PGDS,ドラッグデリバリーシステム,難溶性化合物,蛋白質化学,治療薬

    (関連する産業分野)学術研究,医療,製造業

  • (概要)SK channelによる消化管運動制御機構の解明

    (キーワード) SK channel,消化管運動,アセチルコリン,生理学,治療薬

    (関連する産業分野)学術研究,医療,製造業

  • (概要)難治性脳神経疾患へボツリヌス毒素を治療応用するための基盤研究

    (キーワード) ボツリヌス菌,毒素,C3酵素,脳神経疾患,治療薬

    (関連する産業分野)学術研究,医療,製造業

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 獣医学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経化学会

  • 日本薬理学会

  • 日本比較薬理毒性学会

  • 日本獣医学会

  • 米国生化学分子生物学学会(ASBMB)

全件表示 >>

 

著書 【 表示 / 非表示

  • 獣医薬理学 第3版,文永堂出版株式会社,2012年04月,共著,日本比較薬理学・毒性学会

  • 薬理学・毒性学実験 第3版,文永堂出版株式会社,2008年04月,共著,日本比較薬理学・毒性学会

論文 【 表示 / 非表示

  • Amphotericin B induces glial cell line-derived neurotrophic factor in rat brain.,The Journal of Veterinary Medical Science,2014年06月,Motoyoshi-Yamashiro A, Takano K, Kawabe K, Izawa T, Nakajima H, Moriyama M, Nakamura Y.

  • Botulinum Neurotoxin Type A Subtype 2 Confers Greater Safety than Subtype 1 in a Rat Parkinson's Disease Model.,The Journal of Veterinary Medical Science,2014年04月,Itakura M, Kohda T, Kubo T, Semi Y, Azuma YT, Nishiyama K, Nakajima H, Kozaki S, Takeuchi T.

  • Evidence that nitric oxide is a nonadrenergic-noncholinergic inhibitory neurotransmitter in the circular muscle of mouse distal colon: study on the mechanism of nitric oxide-induced relaxation.,Pharmacology,2014年04月,Nishiyama K, Azuma YT, Shintaku K, Azuma N, Yshida N, Nakajima H, Takeuchi T.

  • Na+/Ca2+ exchanger 1 transgenic mice display increased relaxation in the distal colon.,Pharmacology,2014年04月,Nishiyama K, Morioka A, Kita S, Nakajima H, Iwamonoto T, Takeuchi T.

  • Botulinum neurotoxin A subtype 2 reduces pathological behaviors more effectively than subtype 1 in a rat Parkinson's disease model.,Biochem. Biophys. Res. Commun.,2014年03月,Itakura M, Kohda T, Kubo T, Semi Y, Azuma YT, Nakajima H, Kozaki S, Takeuchi T.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【医療系実話名画から、自分の「未来予想図II」を描く!】

  • 創薬学概論

  • 動物行動解析学

  • 基礎動物生理学

  • 実験動物学

全件表示 >>