基本情報

写真a

三柴 啓一郎

MISHIBA Keiichiro

ミシバ ケイイチロウ


所属組織

応用生命系

職名

准教授

ホームページ

http://www.biosci.osakafu-u.ac.jp/pmb/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)高等植物における外来遺伝子導入系の開発

    (キーワード) 分子育種,遺伝子組換え

    (関連する産業分野)農業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • The American Society of Plant Biologists

  • 園芸学会

  • 日本植物細胞分子生物学会

  • 日本育種学会

  • 根研究学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Recent Advances in Plant Biotechnology and Its Applications,I.K. International,2007年04月,共著,Kei-ichiro Mishiba, Dong Poh Chin, Masahiro Mii

  • Floriculture, Ornamental and Plant Biotechnology, Volume II,Global Science Books,2006年04月,共著,Kei-ichiro Mishiba, Masahiro Mii

  • フローサイトメトリー自由自在,秀潤社,1999年07月,共著,江川一, 佐々木功典, 渋谷和子, 宗田聡, 高野弥奈, 中内啓光, 中村幸夫, 生井吉郎, 丹羽真一郎, 藤巻敦男, 松崎有末, 三位正洋, 三柴啓一郎, 守田陽平, 八巻英, 山下達雄, M Roederer, MR Loken, R Gerstein

論文 【 表示 / 非表示

  • A 64-bp sequence containing the GAAGA motif is essential for CaMV-35S promoter methylation in gentian,Biochimica et Biophysica Acta - Gene Regulatory Mechanisms,2017年06月,Asahi Shimada, Azusa Okumura, Satoshi Yamasaki, Yuji Iwata, Nozomu Koizumi, Masahiro Nishihara, Kei-ichiro Mishiba

  • Defects in IRE1 enhance cell death and fail to degrade mRNAs encoding secretory pathway proteins in the Arabidopsis unfolded protein response.,Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,2013年04月,Kei-ichiro Mishiba, Yukihiro Nagashima, Eiji Suzuki, Noriko Hayashi, Yoshiyuki Ogata, Yukihisa Shimada, Nozomu Koizumi

  • Consistent transcriptional silencing of 35S-driven transgenes in gentian.,The Plant Journal,2005年11月,Kei-ichiro Mishiba, Masahiro Nishihara, Takashi Nakatsuka, Yoshiko Abe, Hiroshi Hirano, Takahide Yokoi, Akiko Kikuchi, Saburo Yamamura

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • バイオテクノロジー基礎実験

  • 植物分子生理学

  • 植物分子育種学

  • 植物分子育種学特論

  • 植物細胞増殖工学

全件表示 >>