基本情報

写真a

勢戸 祥介

Seto Yoshiyuki

セト ヨシユキ


所属組織

獣医系

職名

准教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 細菌学

  • ウイルス学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ノロウイルス感染制御に関する研究

  • 抗ウイルス剤の開発

  • 抗菌剤の開発

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)ノロウイルス感染制御に関する研究

    (キーワード) ノロウイルス,分子疫学,感染制御

  • (概要)抗ウイルス剤の開発

    (キーワード) ウイルス,抗菌剤,天然物質

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本がん学会

  • 日本ウイルス学会

  • 日本臨床ウイルス学会

  • 日本獣医学会

  • 食品微生物学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回大阪生活衛生協会 会長賞,1992年05月,大阪生活衛生協会

  • 第38回大阪市医学会 市長賞,1992年12月,大阪市医学会

  • 文部科学大臣表彰,2009年11月,文部科学省

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 抗ウイルス剤の開発

  • 抗菌剤の開発

論文 【 表示 / 非表示

  • Increase of GII.2 Norovirus infection during the 2009-2010 season in Osaka city, Japan,Journal of medical Virology,2012年03月,N. Iritani, A. Kaida, N. Abe. J. Sekiguchi, H. Kubo, K. Takakura, K. Goto, H. Ogura, Y. Seto

  • The stability of toxigenicity in proteolytic Clostridium botulinum type B upon serial passage,Microbiol Immunol.,2012年,Umeda K, Seto Y, Kohda T, Mukamoto M, Kozaki S.

  • Molecular epidemiology of Noroviruses detected in seasonal outbreaks of acute nonbavterial gastroenteritis in Osaka city, Japan, from 1996 - 1997 to 2008 - 2009,Journal of Medical Virology,2010年12月,Iritani N, Kaida A, Kubo H, Abe N, Goto K, Ogura H, Seto Y

  • 調理場における洗浄・消毒マニュアルPart2, ,2010年03月, 

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 感染症制御学特別講義A

  • 獣医ウイルス学

  • 獣医伝染病学総論

  • 獣医伝染病学A

  • 獣医学関連法規

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2014年度,文部科学省「学校給食の衛生管理に関する指導者講習会」,講師

  • 2014年度,独立行政法人 日本スポーツ振興センタ-,平成24年度学校における食の安全に関する実態調査委員会委員

  • 2013年度,倉敷市教育委員会「平成25年度学校給食関係夏季研修会」,講師

  • 2013年度,兵庫県教育委員会「播磨西地区学校給食衛生管理推進研修会」,講師/指導・助言者

  • 2013年度,大阪市感染症発生動向調査委員会,委員

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 食品・農業・水産

    分野2 : 医療・看護・リハビリ・獣医学

    タイトル : 食の安全

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2011年度,大阪府立大学・朝日カルチャーセンター 21世紀塾,食中毒から身を守る

  • 2011年度,平成23年度食品衛生フォーラム,ノロウイルスにご用心

  • 2007年度,淀川区民講座,ノロウイルス感染症

特許 【 表示 / 非表示

  • 田坂寛之、勢戸祥介,2011年08月29日,殺ノロウイルス組成物

  • 國武広一郎、勢戸祥介,2011年07月05日,ウイルス不活化組成物

  • 市川正樹、清岡久幸、勢戸祥介、伊藤啓史、伊藤壽啓,2009年08月26日,抗ウイルス組成物およびその利用