基本情報

写真a

東 泰孝

Yasu-Taka Azuma

アズマ ヤスタカ


所属組織

獣医系

職名

准教授

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/pham/Jikosyoukai(azuma).html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自己免疫疾患

  • 炎症性腸疾患

  • 消化器免疫

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • IL-19の免疫学的役割

  • 免疫系細胞におけるカルシウムシグナリングの役割解明

  • IBD発症機構の解明

  • NASH発症機構の解明

  • 膵炎発症機構の解明

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(薬学)

  • 博士(歯学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本獣医学会

  • 日本消化器免疫学会

  • 日本薬学会

  • 日本免疫学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • IBDモデルマウスを用いた治療作用点の解析

  • NASHモデルマウスを用いた治療作用点の解析

  • アレルギーモデルを用いた治療作用点の解析

  • 膵炎モデルマウスを用いた治療作用点の解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Chronic kidney disease following 5/6 nephrectomy disturbs the intestinal microbiota and alters intestinal motility. ,J Cell Physiol,2019年,Nishiyama K, Aono K, Fujimoto Y, Kuwamura M, Okada T, Tokumoto H, Izawa T, Okano R, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

  • Correlation between toll-like receptor 4 and nucleotide-binding oligomerization domain 2 (NOD2) and pathological severity in dogs with chronic gastrointestinal diseases.,Veterinary Immunology and Immunopathology,2019年,Aono K, Azuma YT, Nabetani T, Hatoya S, Furuya M, Miki M, Hirota K, Fujimoto Y, Nishiyama K, Ogata Y, Mochizuki T, Tani H.

  • Fatty acid transport protein 1 enhances the macrophage inflammatory response by coupling with ceramide and c-Jun N-terminal kinase signaling. ,Int Immunopharmacol,2018年,Nishiyama K, Fujita T, Fujimoto Y, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

  • Lauric acid alleviates neuroinflammatory responses by activated microglia: involvement of the GPR40-dependent pathway. ,Neurochemical Research,2018年,Nishimura Y, Moriyama M, Kawabe K, Satoh H, Takano K, Azuma YT, Nakamura Y.

  • The Role of Interleukin-19 in Contact Hypersensitivity. ,Biol Pharma Bull,2018年,Fujimoto Y, Fujita T, Kuramoto N, Kuwamura M, Izawa T, Nishiyama K, Yoshida N, Nakajima H, Takeuchi T, Azuma YT.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 創薬フィージビリティ研究実習

  • 基礎動物生理学

  • 獣医生理学C

  • 獣医臨床薬理学

  • 獣医薬理学実習

全件表示 >>