基本情報

写真a

東 泰孝

Yasu-Taka Azuma

アズマ ヤスタカ


所属組織

獣医系

職名

教授

ホームページ

http://www.vet.osakafu-u.ac.jp/pham/Jikosyoukai(azuma).html

研究室所在地(キャンパス名)

りんくうキャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 炎症性疾患

  • 炎症性腸疾患

  • 消化器免疫

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • IL-19の免疫学的役割

  • 免疫系細胞におけるカルシウムシグナリングの役割解明

  • IBD発症機構の解明

  • NASH発症機構の解明

  • 膵炎発症機構の解明

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(薬学),摂南大学

  • 博士(歯学),大阪歯科大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬理学会

  • 日本獣医学会

  • 日本消化器免疫学会

  • 日本薬学会

  • 日本免疫学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • IBDモデルマウスを用いた治療作用点の解析

  • NASHモデルマウスを用いた治療作用点の解析

  • アレルギーモデルを用いた治療作用点の解析

  • 膵炎モデルマウスを用いた治療作用点の解析

論文 【 表示 / 非表示

  • IL-19 contributes to the development of nonalcoholic steatohepatitis by altering lipid metabolism.,Cells,2021年12月,1. Azuma YT, Fujita T, Izawa T, Hirota K, Nishiyama K, Ikegami A, Aoyama T, Ike M, Ushikai Y, Kuwamura M, Fujii H, Tsuneyama K.

  • IL-19の抗炎症作用を活かした治療への応用,日本薬理学雑誌,2021年05月,小野尚重,東 泰孝

  • Gastrointestinal motility modulation by stress is associated with reduced smooth muscle contraction through specific transient receptor potential channel.,J. Vet. Med. Sci.,2021年04月,Azuma YT, Suzuki S, Nishiyama K, Yamaguchi T.

  • Interleukin-19 as an immunoregulatory cytokine. ,Curr. Mol. Pharmacol.,2021年02月,Fujimoto Y, Kuramoto N, Yoneyama M, Azuma YT.

  • Ablation of interleukin-19 improves motor function in a mouse model of amyotrophic lateral sclerosis.,Molecular Brain,2021年,Komiya H, Takeuchi H, Ogawa Y, Suzuki K, Ogasawara A, Takahashi K, Azuma YT, Doi H, Tanaka F.

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • インターロイキン-19は四塩化炭素による肝線維化形成に関与する.,第140回日本薬理学会近畿部会,2021年11月,小野尚重、三木万梨子、東 泰孝

  • 小腸消化管運動におけるストレス負荷に伴う収縮反応の抑制.,第140回日本薬理学会近畿部会,2021年11月,東 泰孝、山口太郎

  • Therapeutic application utilizing the anti-inflammatory effect of IL-19.,第94回日本薬理学会年,2021年03月,東 泰孝

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 創薬フィージビリティ研究実習

  • 創薬学概論

  • 基礎動物生理学

  • 獣医学関連法規

  • 獣医科学英語

全件表示 >>