基本情報

写真a

柴原 正和

SHIBAHARA MASAKAZU

シバハラ マサカズ


所属組織

航空宇宙海洋系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.marine.osakafu-u.ac.jp/~lab03/index.htm

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 計測工学

  • 材料加工・処理

  • 船舶海洋工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • デジタルカメラを用いた三次元溶接変形計測

  • ピーニングのFEMシミュレーション

  • メッシュレス法を用いた溶接移動熱現問題の力学解析

  • 多層溶接時における溶接変形・残留応力解析

  • 大規模構造溶接組立時における溶接変形の解析

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 熱処理,相変態,ピーニング

  • (キーワード) 大規模解析,メッシュレス法,MLPG法,理想化陽解法FEM,温度依存型界面要素

  • (概要)FEMを用いた熱弾塑性解析により、溶接変形・残留応力・割れなどの数値シミュレーションを中心に研究を行っている。さらに近年では、画像解析による光学的手法とFEMを用いた数値シミュレーションを融合することで高精度な変位場・応力場の計測法の確立を目指している。

    (キーワード) 高温割れ,画像計測,FEM,溶接変形,数値シミュレーション

    (関連する産業分野)造船,自動車,橋梁

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士

  • 博士

  • 学士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 関西造船協会

  • 溶接学会

  • 関西造船協会

  • 溶接学会

  • 日本計算工学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 溶接学会溶接構造シンポジウム奨励賞,1999年12月,溶接学会

  • 関西造船協会賞論文奨励賞,2002年01月,関西造船協会

  • 溶接学会論文賞,2002年04月,溶接学会

  • 金沢工業大学理事長賞,2003年10月,金沢工業大学

  • 溶接学会研究発表賞,2005年04月,溶接学会

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • デジタルカメラを用いた三次元計測法の開発

  • 大規模高速化FEM解析手法の開発

  • 溶接割れの発生予測に関する理論的研究

  • 溶接変形・残留応力の推定

  • 溶接移動熱源の3次元FEM解析法の開発

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 船舶一問一答 これであなたも「船博」士,㈱海事プレス社,2006年03月,共著,村井基彦,八木光,林茂弘,池田良穂,勝井辰博,柴原正和,正岡孝治,安川宏紀,吉川孝男,慎燦益

  • 造船構造設計者のための有限要素法,関西造船協会KSSG委員会,2004年12月,共著, 

論文 【 表示 / 非表示

  • Numerical Analysis for Stress Behavior During Shot Peening,Mathematical Modelling of Weld Phenomena,2019年08月,Kazuki IKUSHIMA, Yusuke YAMADA, Masakazu SHIABHARA and Koichi AKITA

  • A Technique for Preventing Solidification Cracking at the End Part of a Weld Joint in One-side Submerged Arc Welding,72nd IIW Annual Assembly, IIW,2019年07月,Hiroyoshi YOKOTA, Masaharu KOMURA, Yasuo YAMASHITA, Masakazu SHIBAHARA

  • Prediction method of improved residual stress distribution by shot peening using large scale analysis method,E-Journal of Advanced Maintenance,2019年07月,Kazuki Ikushima, Masakazu Shibahara, Satoru Nishikawa, Takashi Furukawa, Koichi Akita, Hiroshi Suzuki, Satoshi Morooka

  • Ultra-Large-Scale Nonlinear FE Analysis of Welding Mechanics,Proceedings of International Conference on Computational & Experimental Engineering and Science (ICCES’19),2019年03月,Kazuki IKUSHIMA, Masakazu SHIBAHARA

  • Nonlinear Computational Welding Mechanics for Large Structures,ASME,2018年10月,Kazuki Ikushima and Masakazu Shibahara

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 材料力学B

  • 機械及び航空宇宙海洋工学概論II

  • 海の環境と利用の工学

  • 海洋システム工学実験

  • 海洋プログラミング演習

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,高大連携授業公開講座,工学研究の最先端

  • 2012年度,テクノラボツアー,ポスターセッション

  • 2011年度,テクノラボツアー,ポスターセッション

  • 2010年度,テクノラボツアー,ポスターセッション

  • 2009年度,テクノラボツアー,ポスターセッション

全件表示 >>