基本情報

写真a

小川 昭弥

Ogawa Akiya

オガワ アキヤ


所属組織

物質化学系

職名

教授

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • カルコゲン官能基を有するフェロセン誘導体の合成

  • ジセレニド触媒存在下チオールによるジエンの還元

  • ジホスフィンを用いるアセチレンのヒドロホスフィノ化

  • セレン-水素結合の特性解明と生化学的応用

  • タンデムカルボニル化新手法の開発

全件表示 >>

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)希土類新反応系による多官能性ポリシラン合成

    (キーワード) 希土類新反応系,多官能性ポリシラン,還元的カップリング

  • (概要)セレン-水素結合の特性解明と生化学的応用

    (キーワード) セレノアミド,オキソセレナジン,セレノール

  • (概要)タンデムカルボニル化新手法の開発

    (キーワード) カルボニル化,タンデム反応,一酸化炭素

  • (概要)光照射下有機リン化合物のラジカル反応の開発

    (キーワード) 光照射,有機リン化合物,ラジカル反応

  • (概要)ジセレニド触媒存在下チオールによるジエンの還元

    (キーワード) ジセレニド触媒,チオール,還元

全件表示 >>

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,大阪大学

受賞 【 表示 / 非表示

  • 有機合成化学奨励賞,1995年,有機合成化学協会

  • 有機合成化学協会関西支部賞,2013年,有機合成化学協会関西支部

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • ヘテロ元素の特性を活かした合成反応の開発

  • ラジカル反応、ラジカル重合

  • 二酸化炭素の有効利用

  • 新規触媒反応系の開拓

  • 錯体触媒による空気酸化法

著書 【 表示 / 非表示

  • Samarium: Chemical Properties, Occurrence and Potential Applications,Nova Science Publishers,2014年07月,共著,A. Yoshimura, A. Ogawa

  • Hydrofunctionalization,Springer,2013年,共著,A. Ogawa

  • Organic Selenium and Tellurium Compounds (2012). Patai's Chemistry of Functional Groups,Wiley,2012年01月,共著,A. Nomoto, A. Ogawa

  • Handbook of Reagents for Organic Synthesis,Wiley,2011年11月,共著,Ogawa, A.; Sonoda, N.

  • Handbook of Reagents for Organic Synthesis,Wiley,2010年12月,共著,A. Ogawa

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Metal- and base-free synthesis of aryl bromides from arylhydrazines,Tetrahedron Lett.,2020年06月,Phuc Tran, Dat; Nomoto, Akihiro; Mita, Soichiro; Dong, Chun-ping; Kodama, Shintaro; Mizuno, Takumi; Ogawa, Akiya

  • Photoinduced Cyclizations of o-Diisocyanoarenes with Organic Diselenides and Thiols that Afford Chalcogenated Quinoxalines,The Journal of organic chemistry ,2020年04月,Tran Cong Chi; Sato Fumiya; Nomoto Akihiro; Ogawa Akiya; Kawaguchi Shin-Ichi

  • Tris(4,4'-di-tert-butyl-2,2'-bipyridine)(trans-4-tert-butylcyclohexanolato)deca-μ-oxido-heptaoxidoheptavanadium acetonitrile monosolvate including another unknown solvent molecule,IUCrData,2020年04月,Kodama, Shintaro; Kondo, Shota; Nomoto, Akihiro; Ogawa, Akiya

  • Palladium-Catalyzed Diarylation of Isocyanides with Tetraarylleads for the Selective Synthesis of Imines and α-Diimines,J. Org. Chem.,2019年08月,Cong Chi Tran; Shin-ichi Kawaguch; Yohsuke Kobiki; Hitomi Matsubara; Dat Phuc Tran; Shintaro Kodama; Akihiro Nomoto; Akiya Ogawa

  • 2,4,6-Trihydroxybenzoic Acid-Catalyzed Oxidative Ugi Reactions with Molecular Oxygen via Homo- and Cross- Coupling of Amines,J. Org. Chem.,2019年08月,Chun-ping Dong; Akinori Uematsu; Shun Kumazawa; Yuki Yamamoto; Shintaro Kodama; Akihiro Nomoto; Michio Ueshima; Akiya Ogawa

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 初年次ゼミナール【大学で学ぶ有機化学と先端有機合成化学研究とのつながり】

  • 化学B

  • 応用化学特論III

  • 有機化学IIA

  • 有機合成化学特別講義

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2012年度,兵庫県立西宮高等学校「高校内ガイダンス」

  • 2012年度,大阪府立箕面高等学校「高校内ガイダンス」

  • 2012年度,学問分野説明,私立京都共栄学園高等学校「高校内ガイダンス

  • 2012年度,放送大学,自然と環境 有機化学反応

  • 2012年度,高大連携授業公開講座,工学研究の最先端

全件表示 >>