基本情報

写真a

椎木 弘

Shiigi Hiroshi

シイギ ヒロシ


所属組織

物質化学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka12/index.html

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生体医工学・生体材料学

  • ナノバイオサイエンス

  • 機能物性化学

  • ナノ構造化学

  • バイオ分析

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ナノギャップによる分子センシング

  • 光アンテナによるバイオセンシング

  • 分子鋳型を用いたバイオセンサの開発

  • 機能性ナノ粒子の創製

  • 金属ナノ粒子による無害なめっき法の開発

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 山口大学,大学院工学研究科,応用化学工学専攻,その他,1995年04日 ~ 1997年03日,修了

  • 山口大学,大学院理工学研究科,物質工学専攻,その他,1997年04日 ~ 2000年03日,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(工学),山口大学

  • 博士(工学),山口大学

  • 学士(工学),山口大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会

  • 日本化学会

  • 日本分析化学会

  • 高分子学会

  • 米国化学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • フローインジェクション進歩賞,2009年11月,フローインジェクション研究懇談会

  • First Prize Award,2011年11月,TACT 2011 International Thin Films Conference

  • Hot Article Award Analytical Sciences,2012年11月,Analytical Sciences

  • Hot Article Award Analytical Sciences,2013年08月,Analytical Sciences

  • Hot Article Award Analytical Sciences,2014年03月,Analytical Sciences

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • ナノギャップによる分子センサの開発

  • 分子鋳型を用いたバイオセンサの開発

  • 機能性ナノ粒子の創製

  • 金属ナノ粒子による無害なめっき法の開発

著書 【 表示 / 非表示

  • 抗ウイルス・抗菌製品開発,エヌ・ティ・エス ,2021年03月,共著,山本陽二郎,椎木 弘

  • 化学センサ・バイオセンサ ,共立出版,2021年02月,共著,椎木弘,矢嶋摂子,長岡 勉

  • 基礎分析化学,朝倉書店,2015年03月,共著,椎木 弘,長岡 勉

  • 製品中に含まれる(超)微量成分・不純物の同定・定量ノウハウ,技術情報協会,2014年03月,共著,床波志保, 中田啓之, 椎木 弘, 長岡 勉

  • 金属ナノ・マイクロ粒子の最新技術と応用,CMC出版,2013年11月,共著,床波志保, 椎木 弘, 長岡 勉

全件表示 >>

全集・資料集・統計集情報 【 表示 / 非表示

  • 化学便覧 基礎編 改訂6版,丸善,2021年01月,椎木 弘,

  • 化学便覧 基礎編 改訂5版,丸善,2003年12月,椎木 弘, 長岡 勉

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of Metal Nanoparticle-immobilized Microplate for High-throughput and Highly Sensitive Fluorescence Analysis 【Hot Article】,Anal. Sci., ,2020年12月,K. Matsui, S. Tanabe, S. Sun, D. Nguyen, T. Kinoshita, Y. Yamamoto, H. Shiigi

  • Electrochemical evaluation of bacterial activity,,ECSarXiv,,2020年08月,S. Tanabe, S. Sun, S. Itagaki, K. Urai, H. Shiigi

  • Fluorescence Enhancement Effect by Metal Nanoparticles-Immobilized Microplate 【Hot Article】,Anal. Sci.,2020年06月,S. Sun, K. Matsui, S. Tanabe, D. Nguyen, T. Kinoshita, Y. Yamamoto, H. Shiigi

  • A Microbial Platform Based on Conducting Polymers for Evaluating Metabolic Activity,Anal. Chem.,2019年10月,M. Saito, K. Ishiki, D. Q. Nguyen, H. Shiigi

  • Kinetics of Intracellular Electron Generation in Shewanella oneidensis MR-1,Anal. Chem,2019年10月,K. Ishiki, H. Shiigi

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分子認識化学特論

  • 物理化学IIIA

  • 物理化学演習IIA

  • 分子認識化学特論

  • 応用化学実験I

全件表示 >>

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,Analytical Sciences誌,編集委員

  • 2017年度,日本ポーラログラフ学会,理事

  • 2017年度,日本ポーラログラフ学会,評議員

  • 2017年度,日本分析化学会,近畿支部幹事

  • 2016年度,Analytical Sciences誌,編集委員

全件表示 >>

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : ナノテクノロジーの過去と未来

    概要 : ナノテクノロジーの概念は1959年のFeynmanの講演にあると言われているが,それ以前に既に私たちの祖先はナノテクノロジーの担い手の一つである金属ナノ粒子が持つ特異的な光学的性質をガラスカップやステンドグラスに利用している。Faradayによりこの現象に科学的解釈が加えられてから150年以上経った今そして未来の技術者や科学者が何を考え、何を目指そうとしているか。

    キーワード : 化学、ナノ材料、電子機器、バイオ分析

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2011年度,高大連携講座(狭山高校),ナノ ~過去から未来へ~

特許 【 表示 / 非表示

  • 椎木 弘,長岡 勉,2013年08月26日,被検出微生物を検出する検出方法

  • 長岡 勉,椎木 弘,2007年08月29日,2009年03月19日,分子鋳型を有するポリマーを備えたセンサー

  • 長岡 勉,椎木 弘,2005年03月28日,2006年10月12日,プリント基板配線方法

  • 長岡 勉,椎木 弘,2003年11月15日,電気抵抗型検出センサ

  • 長岡 勉,椎木 弘,山本陽二郎,2002年01月22日,2003年07月30日,プラスチックの金属めっき方法及びその方法でめっきされた製品