基本情報

写真a

椎木 弘

Shiigi Hiroshi

シイギ ヒロシ


所属組織

物質化学系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka12/index.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

  • ナノ構造化学

  • バイオ分析

  • 生体医工学・生体材料学

  • ナノバイオサイエンス

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ナノギャップによる分子センシング

  • 光アンテナによるバイオセンシング

  • 分子鋳型を用いたバイオセンサの開発

  • 機能性ナノ粒子の創製

  • 金属ナノ粒子による無害なめっき法の開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(工学)

  • 博士(工学)

  • 学士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電気化学会

  • 日本化学会

  • 日本分析化学会

  • 米国化学会

  • 米国電気化学会

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • フローインジェクション進歩賞,2009年11月,フローインジェクション研究懇談会

  • First Prize Award,2011年11月,TACT 2011 International Thin Films Conference

  • Hot Article Award Analytical Sciences,2012年11月,Analytical Sciences

  • Hot Article Award Analytical Sciences,2013年08月,Analytical Sciences

  • Hot Article Award Analytical Sciences,2014年03月,Analytical Sciences

全件表示 >>

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • ナノギャップによる分子センサの開発

  • 分子鋳型を用いたバイオセンサの開発

  • 機能性ナノ粒子の創製

  • 金属ナノ粒子による無害なめっき法の開発

著書 【 表示 / 非表示

  • 基礎分析化学,朝倉書店,2015年03月,共著,椎木 弘,長岡 勉

  • プラズモンナノ材料開発の最前線と応用,CMC出版,2013年04月,共著,長岡 勉,椎木 弘

  • Molecularly Imprinted Overoxidized Polypyrrole Films for Sensor Applications from Enantiorecognition to Trace Analysis,Elsevier,2012年08月,共著,S. Tokonami, H. Shiigi, T. Nagaoka

  • Nanomaterials for the Life Sciences,Wiley VCH,2009年01月,共著,S. Tokonami, H. Shiigi, T. Nagaoka

  • Electrified Polymer/Solution Interfaces,American Chemical Society,2002年10月,共著,K. Ogura, H. Shiigi

論文 【 表示 / 非表示

  • Nanoantennas as Biomarkers for Bacterial Detection,Anal. Chem.,2015年04月,H. Shiigi, T. Kinoshita, M. Fukuda, L. Q. Dung, T. Nishino, T. Nagaoka

  • Construction of nanoantennas on the bacterial outer membrane,Chem. Commun,2014年04月,H. Shiigi, M. Fukuda, T. Tono, K. Takada, T. Okada, L. Q. Dung, Y. Hatsuoka, T. Kinoshita, M. Takai, S. Tokonami, H. Nakao, T. Nishino, Y. Yamamoto, T. Nagaoka

  • Efficient Collection and Sensitive Detection using Conducting Magnetic Microbeads,Anal. Chem.,2014年04月,H. Shiigi, T. Kinoshita, N. Shibutani, T. Nishino, T. Nagaoka

  • Electrical Properties of Two-Dimensional Gold Nanoparticle-Alkanethiol Networks Formed on Plastic Microbeads,J. Electrochem. Soc,2013年07月,H. Shiigi, S. Shirai, T. Fujita, H. Morishita, Y. Yamamoto, T. Nishino, S. Tokonami, H. Nakao, T. Nagaoka

  • Quantitative Exploration of Electron Transfer in a Single Non-covalent Supramolecular Assembly,J. Am. Chem. Soc.,2013年03月,P. Bui, T. Nishino, Y. Yamamoto, H. Shiigi

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分子認識化学特論

  • 物理化学IIIA

  • 物理化学序論

 

委員会参画 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,Analytical Sciences誌,編集委員

  • 2016年度,Journal of Flow Injection Analysis 誌,編集幹事

  • 2016年度,日本ポーラログラフ学会,評議員

  • 2016年度,日本ポーラログラフ学会,理事

  • 2016年度,日本分析化学会,近畿支部幹事

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : ナノテクノロジーの過去と未来

    概要 : ナノテクノロジーの概念は1959年のFeynmanの講演にあると言われているが,それ以前に既に私たちの祖先はナノテクノロジーの担い手の一つである金属ナノ粒子が持つ特異的な光学的性質をガラスカップやステンドグラスに利用している。Faradayによりこの現象に科学的解釈が加えられてから150年以上経った今そして未来の技術者や科学者が何を考え、何を目指そうとしているか。

    キーワード : 化学、ナノ材料、電子機器、バイオ分析

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2011年度,高大連携講座(狭山高校),ナノ ~過去から未来へ~

特許 【 表示 / 非表示

  • 長岡 勉,椎木 弘,2007年08月29日,2009年03月19日,分子鋳型を有するポリマーを備えたセンサー

  • 長岡 勉,椎木 弘,2005年03月28日,2006年10月12日,プリント基板配線方法

  • 長岡 勉,椎木 弘,2003年11月15日,電気抵抗型検出センサ

  • 長岡 勉,椎木 弘,山本陽二郎,2002年01月22日,2003年07月30日,プラスチックの金属めっき方法及びその方法でめっきされた製品