基本情報

写真a

興津 健二

OKITSU Kenji

オキツ ケンジ


所属組織

現代システム科学系

職名

教授

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 現代システム科学域

  • 人間社会システム科学研究科

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 新規反応場としての超音波キャビテーションに関する研究

  • 超音波による機能性金属ナノ粒子の合成

  • 超音波の水質保全技術への応用

  • 金属ナノ粒子の溶液合成法の開発

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

 

著書 【 表示 / 非表示

  • マイクロバブル(ファインバブル)のメカニズム・特性制御と実際応用のポイント,情報機構,2015年03月,共著,興津 健二 他

  • Cavitation: A Novel Energy Efficient Technique for the Generation of Nanomaterials,Pan Stanford Publishing, Singapore,2014年07月,共著,Kenji Okitsu et al.

  • 音響バブルとソノケミストリー,コロナ社,2012年11月,共著,榎本尚也、興津健二

  • Theoretical and Experimental Sonochemistry Involving Inorganic Systems,Springer,2011年01月,共著,興津健二、他多数

  • 各種手法による有機物の分解技術,情報機構,2007年05月,共著,興津健二、他多数

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • One-pot synthesis of gold nanorods via autocatalytic growth of sonochemically formed gold seeds: the effect of irradiation time on the formation of seeds and nanorods,Ultrason. Sonochem,2014年11月,Kenji Okitsu, Yuho Nunota

  • Synthesis of MnO2 nanoparticles from sonochemical reduction of MnO4- in water under different pH conditions,Ultrason. Sonochem,2014年09月,Abulikemu Abulizi, Guo Hai Yang, Kenji Okitsu, Jun-Jie Zhu

  • Ultrasound-assisted degradation of methyl orange in a micro reactor,Journal of Environmental Chemical Engineering,2014年09月,Kandasamy Thangavadivel, Masako Konagaya, Kenji Okitsu, Muthupandian Ashokkumar

  • Effect of Partitioning on Sonochemical Reactor Performance under 200 kHz Indirect Sonication,Ind. Eng. Chem. Res.,2014年06月,Kandasamy Thangavadivel, Gary Owens, Kenji Okitsu, Muthupandian Ashokkumar

  • Ultrasound assisted reduction of graphene oxide to raphene in L-ascorbic acid aqueous solutions: kinetics and effects of various factors on the rates of graphene formation,Ultrason. Sonochem,2014年05月,Abulikemu Abulizi, Kenji Okitsu, Jun-Jie Zhu

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアル工学特殊講義II

  • 地域実践演習【地域の技術革新をめぐる】

  • 環境アセスメント学I

  • 環境システム学卒業研究

  • 環境システム学演習I

全件表示 >>

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 音と泡を利用する科学:環境保全とナノ粒子合成への応用

    概要 : 超音波を利用すると太陽のような高温の泡を溶液中に発生させることができます。特殊な泡の化学的性質を紹介すると共に、この泡の特性を利用する有害有機化学物質の分解(環境保全)や金属ナノ粒子の合成に関して概説します。

    キーワード : 超音波、高温の泡、環境保全、ナノ粒子