基本情報

写真a

原田 敦史

Harada Atsushi

ハラダ アツシ


所属組織

物質化学系

職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.chem.osakafu-u.ac.jp/ohka/ohka9/index.htm

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ドラッグデリバリー用高分子材料設計

  • バイオマテリアルとしての有機・無機ハイブリッド材料設計

  • 遺伝子ベクター用高分子材料設計

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東京大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 高分子学会

  • 日本バイオマテリアル学会

受賞 【 表示 / 非表示

  • Japan-Korea Biomaterials Research Young Investigator’s Award,2000年11月,日本バイオマテリアル学会・韓国バイオマテリアル学会

  • 優秀講演賞,2007年04月,日本化学会

  • 平成21年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰,2010年07月,日本学術振興会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Hydrophilic hyperbranched polymer-coated siRNA/polyamidoamine dendron-bearing lipid complexes preparation for high colloidal stability and efficient RNAi,Bioconjug. Chem.,2021年03月,E. Yuba, T. Korenaga, A. Harada

  • Hydrophilic hyperbranched polymer-coated siRNA/polyamidoamine dendron-bearing lipid complexes preparation for high colloidal stability and efficient RNAi,Bioconjug. Chem.,2021年03月,E. Yuba, T. Korenaga, A. Harada

  • Interfacial photo-cross-linking: simple but powerful approach for fabricating capsule polymer particles with tunable pH-responsive controlled release capability,ACS Appl. Mater. Interface,2021年02月,Y. Kitayama, H. Harada

  • Interfacial photo-cross-linking: simple but powerful approach for fabricating capsule polymer particles with tunable pH-responsive controlled release capability,ACS Appl. Mater. Interface,2021年02月,Y. Kitayama, H. Harada

  • Development of mannose-modified carboxylated curdlan-coated liposomes for antigen presenting cell targeted antigen delivery, Pharmaceutics,2020年08月,E. Yuba, Y. Fukaya, S. Yanagihara, N. Kasho, A. Harada

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験

  • 生体高分子

  • 生体高分子化学特別講義

  • 生体高分子化学特論

  • 高分子化学II

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 医療に貢献する高分子材料

    概要 : コンタクトレンズやiPS細胞を培養する器材などに、さまざまな高分子材料が利用されており、高分子材料は医療には欠かせないものになっている。医療応用されている高分子材料の性質と用途について概説する。

    キーワード : 高分子・バイオマテリアル