基本情報

写真a

竹本 真

Takemoto Shin

タケモト シン


所属組織

分子系

職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~takemoto/index-jp.html

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 理学系研究科・理学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 無機化学

  • 合成化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 遷移金属カーバイド錯体の合成と構造および反応性

  • 新規な機能性配位子の設計と触媒化学への応用

  • 水溶性異種金属クラスター錯体の合成と触媒作用

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 錯体化学会

  • アメリカ化学会

  • 近畿化学協会

  • 触媒学会

 

研究シーズ 【 表示 / 非表示

  • 錯体化学・有機金属化学

論文 【 表示 / 非表示

  • Ruthenium-Sulfonamide-Catalyzed Direct Dehydrative Condensation of Benzylic C-H Bonds with Aromatic Aldehydes,J. Am. Chem. Soc.,2016年11月,Takemoto, S; Shibata, E.; Nakajima, M.; Yumoto, Y.; Shimamoto, M.; Matsuzaka, H.

  • Aminolysis of [Cp*Ru(μ-OEt)]2 (Cp* = η5-C5Me5) with sulfonamides: Synthesis of neutral, zwitterionic, and anionic Cp*Ru terminal sulfonamido complexes,J. Organomet. Chem.,2016年02月,Takemoto, S; Yumoto, Y.; Matsuzaka, H.

  • Experimental and Theoretical Study of Si-Cl and Ge-Cl s-Bond Activation Reactions by Iridium Hydride,Dalton Trans.,2016年02月,Kameo, I.; Ikeda, K.; Sakaki, S.; Takemoto, S.; Nakazawa, H.; Matsuzaka, H.

  • Transition Metal-Mediated Ge-F Activation: Inverse Electron Flow in s-Bond Metathesis,Organometallics,2016年02月,Kameo, H.; Ikeda, K.; Bourissou, D.; Sakaki, S.; Takemoto, S.; Nakazawa, H.; Matsuzaka, H.

  • Metal-ligand cooperative activation of element-hydrogen bonds (element = C, N, O, Cl, B) on a dinuclear ruthenium bridging imido complex,J. Organomet. Chem.,2015年10月,Takemoto, S; Ito, T.; Yamazaki, Y.; Tsujita, M.; Matsuzaka, H.

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 分子構造解析II

  • 無機化学演習

  • 無機化学特論

  • 科学英語(化学)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,理学系研究科公開セミナー「進化する有機合成化学と産業への貢献」

  • 2015年度,プール学院高校模擬講義,フッ素とその化合物の化学

  • 2014年度,堺市立堺高校 プロフェッサーズセミナー,社会に役立つ触媒化学

  • 2012年度,高校生のためのサイエンスフォーラム,遷移金属の分子科学〜 化学反応の舞台をつくろう 〜

  • 2010年度,りそなグループ技術懇親会,「水素発生錯体」

全件表示 >>

特許 【 表示 / 非表示

  • Matsuzaka, Hiroyuki; Takemoto, Shin; Hirata, Hirohito,,2007年09月20日,Preparation of iridium-platinum complex having controlled cluster size

  • Matsuzaka, Hiroyuki; Takemoto, Shin; Hirata, Hirohito,,2009年11月26日,Preparation of iridium-platinum complex having controlled cluster size

  • Matsuzaka, Hiroyuki; Takemoto, Shin; Hirata, Hirohito,,2009年04月01日,Preparation of iridium-platinum complex having controlled cluster size

  • Matsuzaka, Hiroyuki; Takemoto, Shin; Hirata, Hirohito,,2008年10月31日,Preparation of iridium-platinum complex having controlled cluster size

  • Matsuzaka, Hiroyuki; Takemoto, Shin; Hirata, Hirohito,,2008年11月26日,Preparation of iridium-platinum complex having controlled cluster size

全件表示 >>