基本情報

写真a

松山 哲也

Matsuyama Tetsuya

マツヤマ テツヤ


所属組織

電子数物系

職名

助教

ホームページ

http://www.pe.osakafu-u.ac.jp/pe6/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 半導体レーザーからの利得変調パルスの解析と測定

  • 半導体歪み超格子を用いた高スピン偏極電子の生成に関する研究

  • 相関測定を利用しない簡易型光パルス再構築法に関する研究

  • 表面プラズモン共鳴を用いたライブセルイメージング

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 利得変調パルス,半導体レーザー,レート方程式,解析

  • (概要)半導体歪み超格子を用いた高スピン偏極電子の生成に関する研究

    (キーワード) 電子スピン,スピン偏極,半導体スピンデバイス,歪み超格子,円偏光励起

    (関連する産業分野)30.電気機械器具(電子計算機、電子部品、デバイス)製造業,32.精密機械器具製造業

  • (キーワード) パルス再構築,強度・位相情報,利得変調パルス,半導体レーザー,フーリエ反復法

  • (概要)表面プラズモン共鳴を用いたライブセルイメージング装置の開発

    (キーワード) プラズモン共鳴,ライブセルイメージング

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • レーザー学会

  • 応用物理学会

  • 日本赤外線学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Localized surface plasmon resonance in deep ultraviolet region below 200 nm using a nanohemisphere on mirror structure,Scientific Reports,2021年03月,Kohei Shimanoe, Soshi Endo, Tetsuya Matsuyama, Kenji Wada and Koichi Okamoto

  • Metallic nanovoid and nano hemisphere structures fabricated via simple methods to control localized surface plasmon resonances in UV and near IR wavelength regions,Applied Physics Express,2021年03月,Kohei Shimanoe, Soshi Endo, Tetsuya Matsuyama, Kenji Wada and Koichi Okamoto

  • 近赤外光パルスの線形相互相関を利用した光ファイバーの熱時定数測定,日本赤外線学会誌,2020年08月,徳永和成,内藤勇志,松山哲也,和田健司,岡本晃一

  • The removal method of the influence of heartbeat in the ultrasonic velocity-change method,Jpn. J. Appl. Phys.,2019年06月,Masanobu Kameda, Yuya Inuzuka, Tetsuya Matsuyama, Kenji Wada, Koichi Okamoto, Toshiyuki Matsunaka, and Hiromichi Horinaka

  • 冷却による超音波速度変化イメージングを用いた不安定血管プラークの検出,日本赤外線学会誌,2018年08月,亀田雅伸,熊谷勇汰,青谷悠平,犬塚裕哉,和田健司,松山哲也,松中敏行,堀中博道

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Al基板上のGa2O3ナノ微粒子を利用した深紫外表面プラズモン共鳴,第68回応用物理学会春季学術講演会,2021年03月,遠藤創志, 中塚祐哉, 島ノ江考平, 松山哲也, 和田健司, 岡本晃一

  • Nano-HemisphereonMirror(NHoM)構造を用いたプラズモニックカラーセンサ,第68回応用物理学会春季学術講演会,2021年03月,前田早郁子, 松田恒輝, 長谷川遼, 松山哲也, 和田健司, 岡本晃一

  • SiO2薄膜によるInGaN/GaN量子井戸を有する窒化物半導体の高効率発光,第68回応用物理学会春季学術講演会,2021年03月,垣内晴也, 島ノ江考平, 松山哲也, 和田健司, 船戸充, 川上養一, 岡本晃一

  • 半導体ナノ粒子/ポリマー混合薄膜の金属薄膜による発光増強,第68回応用物理学会春季学術講演会,2021年03月,吉岡尚悟, 岡本晃一, 松山哲也, 和田健司

  • 時間分解発光測定による極性/半極性InGaN/GaN量子井戸における表面プラズモン共鳴による発光増強機構の解明,第68回応用物理学会春季学術講演会,2021年03月,池田健人, 河合奏太, 亀谷純, 松山哲也, 和田健司, 岡田成仁, 只友一行, 岡本晃一

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 電子物理工学実験I

院生論文発表情報 【 表示 / 非表示

  • Localized surface plasmon resonance in deep ultraviolet region below 200 nm using a nanohemisphere on mirror structure,2021年03月,Kohei Shimanoe, Soshi Endo, Tetsuya Matsuyama, Kenji Wada and Koichi Okamoto,Scientific Reports

  • Metallic nanovoid and nano hemisphere structures fabricated via simple methods to control localized surface plasmon resonances in UV and near IR wavelength regions,2021年03月,Kohei Shimanoe, Soshi Endo, Tetsuya Matsuyama, Kenji Wada and Koichi Okamoto,Applied Physics Express

  • 近赤外光パルスの線形相互相関を利用した光ファイバーの熱時定数測定,2020年08月,徳永和成,内藤勇志,松山哲也,和田健司,岡本晃一,日本赤外線学会誌

  • 冷却による超音波速度変化イメージングを用いた不安定血管プラークの検出,2018年08月,冷却による超音波速度変化イメージングを用いた不安定血管プラークの検出,日本赤外線学会誌

  • Improvement of a combined ultrasonic probe used in ultrasonic velocity-change method for evaluation of fat content,2018年06月,Yuhei Aotani, Yuta Kumagai, Masanobu Kameda, Kenji Wada, Toshiyuki Matsunaka, Hiroyasu Morikawa, and Hiromichi Horinaka,Jpn. J. Appl. Phys