基本情報

写真a

松山 哲也

Matsuyama Tetsuya

マツヤマ テツヤ


所属組織

電子数物系

職名

助教

ホームページ

http://www.pe.osakafu-u.ac.jp/pe6/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 工学域

  • 工学研究科・工学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 半導体レーザーからの利得変調パルスの解析と測定

  • 半導体歪み超格子を用いた高スピン偏極電子の生成に関する研究

  • 相関測定を利用しない簡易型光パルス再構築法に関する研究

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (キーワード) 利得変調パルス,半導体レーザー,レート方程式,解析

  • (概要)半導体歪み超格子を用いた高スピン偏極電子の生成に関する研究

    (キーワード) 電子スピン,スピン偏極,半導体スピンデバイス,歪み超格子,円偏光励起

    (関連する産業分野)30.電気機械器具(電子計算機、電子部品、デバイス)製造業,32.精密機械器具製造業

  • (キーワード) パルス再構築,強度・位相情報,利得変調パルス,半導体レーザー,フーリエ反復法

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • レーザー学会

  • 応用物理学会

  • 日本赤外線学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • High Spin Polarization of Conduction Band Electrons in GaAs-GaAsP Strained Layer Superlattice Fabricated as a Spin-Polarized Electron Source,Jpn. J. Appl. Phys.,2004年06月,T. Matsuyama, H. Takikita, H. Horinaka, K. Wada, T. Nakanishi, S. Okumi, T. Nishitani, T. Saka, T. Kato

  • High Luminescence Polarization of InGaAs-AlGaAs Strained Layer Superlattice Fabricated as a Photocathode of Spin-Polarized Electron Source,Jpn. J. Appl. Phys.,2001年11月,T. Matsuyama, M. Mukai(学生), H. Horinaka, K. Wada, T. Nakanishi, S. Okumi, K. Togawa, T. Nishitani(学生), T. Baba

  • Spin-Dependent Luminescence of Highly Polarized Electrons Generated by Two-photon Excitation in Semiconductors,Jpn. J. Appl. Phys.,2001年06月,T. Matsuyama, H. Horinaka, K. Wada, T. Kondo(学生), M. Hangyo, T. Nakanishi, S. Okumi, K. Togawa