基本情報

写真a

小関 史朗

Koseki Shiro

コセキ シロウ


所属組織

分子系

職名

教授

ホームページ

http://fock.c.s.osakafu-u.ac.jp/~shiro/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 理学系研究科・理学部

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • スピン軌道相互作用効果に関する理論的研究

  • 分子エレクトロニックデバイス研究所

  • 有機EL化合物の理論的設計

研究内容 【 表示 / 非表示

  • (概要)スピン軌道相互作用効果に関する理論的研究

    (キーワード) spin-orbit coupling effect,GAMESS program code,pallarel computation,external correlation effect

  • (概要)分子エレクトロニックデバイス研究所

    (キーワード) electronic devices,organic EL,field effect transistor,solar cells

  • (概要)有機EL化合物の理論的設計

    (キーワード) electro-luminescence,fluorescence,phosphorescence,intersystem crossing,spin-orbit coupling

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会

  • 応用物理学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Natural Orbital Analysis of Ultrafast Multielectron Dynamics of Molecules,Multiphoton Processes and Attosecond Physics, Springer Proceedings in Physics,2012年10月,共著,Hirohiko Kono, Takayuki Oyamada, Tsuyoshi Kato and Shiro Koseki.

  • Wavepacket Dynamics of Molecules in Intense Laser Fields,Springer,2008年04月,共著,Hirohiko Kono, Katsunori Nakai, Manabu Kanno, Yukio Sato, Shiro Koseki, Tsuyoshi Kato, Yuichi Fujimura

  • Modeling of Spin-Forbidden Reactions,Indiana University-Purdue University at Indianapolis (IUPUI),2004年07月,共著,Nikita Matsunaga and Shiro Koseki

  • Spin-Orbit Coupling Methods and Applications to Chemistry,World Scientific,2004年01月,共著,Dmitri G. Fedorov, Michael W. Schmidt, Shiro Koseki, and Mark S. Gordon

  • Spin-Orbit Coupling in Molecules: Chemistry beyond the Adiabatic Approximation,Taylor & Francis,2003年01月,共著,Dmitri G. Fedorov, Shiro Koseki, Michael W. Schmidt, and Mark S. Gordon

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Multi-Configuration Self-Consistent Field Study on Formonitrile Imine and N-Substituted Nitrile Imines HCN2−R: Energy Component Analysis of the Pseudo-Jahn-Teller Effect,J. Phys. Chem. A,2017年03月,Azumao Toyota, Takashi Muramatsu, and Shiro Koseki

  • Free Energy Contribution Analysis Using Response Kernel Approximation: Insights into the Acylation Reaction of a Beta-Lactamase,J. Phys. Chem. B,2016年12月,Toshio Asada, Kanta Ando, Pradipta Bandyopadhyay, and Shiro Koseki

  • Numberical Estimation of the Pseudo-Jahn-Teller Effect Using Nonadiabatic Coupling Integrals in Monocyclic and Bicyclic Conjugated Molecules,J. Phys. Chem. A,2016年12月,Shiro Koseki, Azumao Toyota, Takashi Muramatsu, Toshio Asada, Nikita Matsunaga

  • “Spin–orbit coupling analyses of phosphorescence: the effects of cyclometalated ligand replacement in fac-Ir(ppy)3 with various bpy ligands on blue phosphorescence”,RSC Advances,2016年07月,Harunobu Yoshinaga, Toshio Asada, Shiro Koseki, Shigeyuki Yagi, and Takeshi Matsushita

  • “Novel bis- and tris-cyclometalated iridium(III) complexes bearing a benzoyl group on each,RSC Advances,2016年06月,Naoki Okamura, Taiyo Nakamura, Shigeyuki Yagi, Takeshi Maeda, Hiroyuki Nakazumi, Hideki Fujiwara, and Shiro Koseki

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学I

  • 量子化学【量子化学I】

  • 量子化学演習【量子化学II】

  • 量子化学特論

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 数学・物理・化学・生物・地学

    タイトル : 理論化学 ~化学反応とその視覚化(映像化)~

    概要 : 大がかりな実験施設を用いず、市販のパーソナルコンピュータを用いて化学反応をシミュレーションすることにより、化学反応の過程を通して原子の運動や電子のふるまいを詳細に追跡することができます。本講義では、計算機とソフトウエアが理論研究において果たしている重要な役割について簡単に解説します。

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,分子エレクトロニックデバイス研究所・第18回研究会,RIMEDシーズ発掘講演会

  • 2016年度,分子エレクトロニックデバイス研究所・第17回研究会,RIMEDシーズ発掘講演会

  • 2015年度,分子エレクトロニックデバイス研究所・第16回研究会,RIMEDシーズ発掘講演会

  • 2014年度,分子エレクトロニックデバイス研究所・第15回研究会,理論シミュレーション

  • 2014年度,分子エレクトロニックデバイス研究所・第16回研究会,RIMEDシーズ発掘講演会(予定)

全件表示 >>