基本情報

写真a

中澤 昌美

Nakazawa Masami

ナカザワ マサミ


所属組織

応用生命系

職名

講師

ホームページ

http://www.biosci.osakafu-u.ac.jp/BE/

研究室所在地(キャンパス名)

中百舌鳥キャンパス

担当学域・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物資源利用学

  • 環境化学

  • 生化学

  • 応用分子細胞生物学

  • 環境農学(含ランドスケープ科学)

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)のミトコンドリアに存在する酵素について

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)の形質転換法の確立

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)の代謝改変によるバイオ燃料の増産

  • 環境汚染物質に対するモノクローナル抗体の作製とその応用

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(農学),大阪府立大学

  • 博士(応用生命科学),大阪府立大学

所属学会 【 表示 / 非表示

  • ユーグレナ研究会

  • 日本ビタミン学会

  • 日本生化学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生物工学会

全件表示 >>

所属学会役職担当(査読・編集委員は除く) 【 表示 / 非表示

  • ユーグレナ国際ネットワーク (Euglena International Network ),EIN scientific committee,2020年11月 ~ 継続中

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Chapter 3. C2 metabolism in Euglena (Euglena: Biochemistry, cell and molecular biology),Springer,2017年05月,共著,Masami Nakazawa

  • Chapter 3. Production and Purification of Polyclonal Antibodies,Humana Press,2016年,共著,Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.

  • Chapter 5. Production and Purification of Polyclonal Antibodies, ,2010年,共著,Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.

  • Chapter 6. Production and Purification of Monoclonal Antibodies, ,2010年,共著,Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.

論文 【 表示 / 非表示

  • Determination of chemical structure of pea pectin by using pectinolytic enzymes.,Carbohydr Polym,2020年03月,Noguchi M, Hasegawa Y, Suzuki S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

  • Characterization of three GH35 β-galactosidases, enzymes able to shave galactosyl residues linked to rhamnogalacturonan in pectin, from Penicillium chrysogenum 31B ,Appl Microbiol Biotechnol,2020年02月,Kondo T, Nishimura Y, Matsuyama K, Ishimaru M, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

  • Taming chlorophylls by early eukaryotes underpinned algal interactions and the diversification of the eukaryotes on the oxygenated Earth.,The ISME journal ,2019年08月,Kashiyama Y, Yokoyama A, Shiratori T, Hess S, Not F, Bachy C, Gutierrez-Rodriguez A, Kawahara J, Suzaki T, Nakazawa M, Ishikawa T, Maruyama M, Wang M, Chen M, Gong Y, Seto K, Kagami M, Hamamoto Y, Honda D, Umetani T, Shihongi A, Kayama M, Matsuda T, Taira J, Yabuki A, Tsuchiya M, Hirakawa Y, Kawaguchi A, Nomura M, Nakamura A, Namba N, Matsumoto M, Tanaka T, Yoshino T, Higuchi R, Yamamoto A, Maruyama T, Yamaguchi A, Uzuka A, Miyagishima S, Tanifuji G, Kawachi M, Kinoshita Y, Tamiaki H

  • Anaerobic respiration coupled with mitochondrial fatty acid synthesis in wax ester fermentation by Euglena gracilis.,FEBS letters,2018年12月,Nakazawa M, Ando H, Nishimoto A, Ohta T, Sakamoto K, Ishikawa T, Ueda M, Sakamoto T, Nakano Y, Miyatake K, Inui H

  • Gene cloning, expression, and X-ray crystallographic analysis of a β-mannanase from Eisenia fetida.,Enzyme and microbial technology ,2018年10月,Ueda M, Hirano Y, Fukuhara H, Naka Y, Nakazawa M, Sakamoto T, Ogata Y, Tamada T

全件表示 >>

研究活動(学会発表) 【 表示 / 非表示

  • Anaerobic ATP production coupled with fatty acid synthesis in Euglena mitochondria,Euglena International Network inaugural meeting ,2020年11月,Masami Nakazawa

  • 糸状菌由来ペクチンエステラーゼの反応特性とペクチン構造解析への応用,日本応用糖質科学会第46回近畿支部会,2020年11月,東ほたる、中澤昌美、上田光宏、山田浩之、長谷川芳則、阪本龍司

  • エキソ-β-1,3-ガラクタナーゼとβ-L-アラビノフラノシダーゼ遺伝子の異種発現系の構築とガムアラビックに対する反応性,2020年度日本応用糖質科学会 応用糖質科学シンポジウム,2020年09月,大前 晴香、高濱 里帆、中澤 昌美、上田 光宏、石渡 明弘、伊藤 幸成、藤田 清貴、阪本 龍司

  • ロドキノンを介する嫌気的呼吸鎖と共役した長鎖脂肪酸合成系の解明,第30回イソプレノイド研究会,2020年09月,中澤昌美、髙橋夢月、乾 博、坂元君年、上田光宏、阪本龍司

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 化学実験

  • 生体成分実験

  • 生命機能化学概論

  • 生命環境科学入門

  • 生物資源循環工学特論

院生論文発表情報 【 表示 / 非表示

  • Characterization of three GH35 β-galactosidases, enzymes able to shave galactosyl residues linked to rhamnogalacturonan in pectin, from Penicillium chrysogenum 31B ,2020年02月,Tatsuya Kondo, Yuichi Nishimura, Kaori Matsuyama, Megumi Ishimaru, Masami Nakazawa, Mitsuhiro Ueda, Tatsuji Sakamoto

 

出前講義 ⇒ 出前講義一覧へ 【 表示 / 非表示

  • 分野1 : 環境・エネルギー

    分野2 : 食品・農業・水産

    タイトル : ユーグレナによるバイオ燃料生産

その他学内外の活動情報 【 表示 / 非表示

  • 清心中学校・清心女子高等学校SSH運営指導委員会委員,2021年05月 ~ 2022年03月