基本情報

写真a

中澤 昌美

Nakazawa Masami

ナカザワ マサミ


所属組織

応用生命系

職名

助教

ホームページ

http://www.biosci.osakafu-u.ac.jp/BE/

担当学部等 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学域

  • 生命環境科学研究科・生命環境科学部

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生物資源利用学

  • 環境化学

  • 生化学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)のミトコンドリアに存在する酵素について

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)の形質転換法の確立

  • ミドリムシ(Euglena gracilis)の代謝改変によるバイオ燃料の増産

  • 環境汚染物質に対するモノクローナル抗体の作製とその応用

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(農学)

  • 博士(応用生命科学)

所属学会 【 表示 / 非表示

  • ユーグレナ研究会

  • 日本ビタミン学会

  • 日本生化学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本生物工学会

 

著書 【 表示 / 非表示

  • Chapter 3. C2 metabolism in Euglena (Euglena: Biochemistry, cell and molecular biology),Springer,2017年05月,共著,Masami Nakazawa

  • Chapter 3. Production and Purification of Polyclonal Antibodies,Humana Press,2016年,共著,Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.

  • Chapter 5. Production and Purification of Polyclonal Antibodies, ,2010年,共著,Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.

  • Chapter 6. Production and Purification of Monoclonal Antibodies, ,2010年,共著,Nakazawa M, Mukumoto M, Miyatake K.

論文 【 表示 / 非表示

  • Cloning and expression of a chitinase gene from Eisenia fetida.,Int J Biol Macromol,2017年11月,Ueda M, Shioyama T, Nakadoi K, Nakazawa M, Sakamoto T, Iwamoto T, Sakaguchi M.

  • A novel α-galactosidase from Fusarium oxysporum and its application in determining the structure of the gum arabic side chain.,Enzyme Microb Technol,2017年08月,Maruta A, Yamane M, Matsubara M, Suzuki S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T.

  • Physiological functions of pyruvate:NADP<sup>+</sup> oxidoreductase and 2-oxoglutarate decarboxylase in Euglena gracilis under aerobic and anaerobic conditions.,Biosci Biotechnol Biochem,2017年07月,Nakazawa M, Hayashi R, Takenaka S, Inui H, Ishikawa T, Ueda M, Sakamoto T, Nakano Y, Miyatake K.

  • Identification of a novel Penicillium chrysogenum rhamnogalacturonan rhamnohydrolase and the first report of a rhamnogalacturonan rhamnohydrolase gene.,Enzyme Microb Technol,2017年03月,Matsumoto S, Yamada H, Kunishige Y, Takenaka S, Nakazawa M, Ueda M, Sakamoto T

  • 好熱性細菌Ralstonia sp. A-471由来新奇GH Family 23キチナーゼCに含まれるCBM Family 12 キチン結合ドメインの解析,キチン・キトサン研究,2017年01月,櫻井俊輔、中澤昌美、阪本龍司、深田はるみ、上田光宏

全件表示 >>

 

授業担当科目 【 表示 / 非表示

  • 生命環境科学入門